マツコの知らない世界

塚田涼太郎の台湾まぜそば研究会愛がエグい!彼女もマニア?【マツコの知らない世界】

投稿日:

「マツコの知らない世界」に塚田涼太郎(つかだりょうたろう)が特集されるが、現在彼は東京大学台湾まぜそば研究会と言う名目で活動されていて、彼女も混ぜそばのマニアなのか?どうかみて行きたいと思いますが、そもそも塚田涼太郎の経歴プロフィールなどに混ぜそばが関係していたのかと言うとかなりミステリアスです。

 

塚田涼太郎がなぜ、台湾混ぜそばにハマったのか?また、オススメの台湾混ぜそばや食べれる場所などもリサーチして行きたいと思います!

スポンサードリンク

塚田涼太郎の経歴プロフィールと生い立ち

ネーミング:塚田涼太郎(つかだりょうたろう)

年齢:23歳

生まれ:滋賀県

学歴:滋賀県立膳所高等学校

今現在、東京大学に在学しているが、なぜこれ程のエリート学生が台湾まぜそばなどにハマり、研究をしているのか?と言う事が最大の特長ですが、何でも彼はこの研究会でトップを努めており、一体この会に何のメリットがあるんでしょうか?

 

もちろん、メリットや利益がないとやらないと思うんですが、その中でも興味深いのが混ぜそばの研究から、美味しい作り方、後は学園祭などで実際に自分たちで混ぜそばをこしらえて店舗などを出し、そこから多少の利益は得ているんではないでしょうか?

 

食べたことのない人には、あまり興味がないものなのかもしれませんが、マニアには相当ハマるようだ。

 

特に、黄金の卵の黄身やニラ、ネギ、ニンニクなどの香辛料などで味付けしてから、その上から旨味が絡まる麺とのハーモニー。

 

これが、「台湾まぜそば」と言うエスニックな刺激的な食事に飢えた大学生に人気の料理でもある。

 

東京台湾まぜそば研究会には、このような台湾混ぜそばバカがたまる会なのだ。

 

この組織をまとめるのが今回の主人公でもある塚田涼太郎だが、彼のハートは既に燃え盛る。

 

元々は、台湾でなく名古屋の新メニューとして開発された過程で、変わった物が好きな名古屋好みの味に仕上げていたら、全国的に火が付き、人気が出たらしい。

 

この料理の魅力は「食べ進めていく過程でストーリーがある」点だとかれは断言する。

 

今現在もツイッターから、メンバーを募集して組織の拡大を狙っているが、そもそもこんなマニアックな会に入る勇者は相当な変わりモンだと言える。

 

あなたも1ミリでも興味があれば、是非入会して台湾まぜそばを食いまくれ!

スポンサードリンク

塚田涼太郎の東京大学台湾まぜそば研究会とはなんぞや?

ではここで、東京大学台湾まぜそば研究会のストーリーを語って行きたいが、そもそもなぜこの会が発足したのかが焦点ですが、今現在メンバーでも全国的にサークルやコミュニティでも30名以上の在籍者がいる。

 

主な活動は、もちろん混ぜそばを食べ歩いたり、時にはメンバー同士で合宿などを行って意気投合し合う感じです。

 

自分たちでレシピなどを作り、日々混ぜそばの研究やスキルを高めて、そこから自分たちで調理して味を確かめる作業を行っていると言う。

 

中々、こんな事本当に心から好きではないとできることではない。

 

彼らはそこまでなぜ、台湾まぜそばと言う料理に情熱を注ぐのか?全くわからない。。

スポンサードリンク

塚田涼太郎がオススメする台湾まぜそばとは?

彼がオススメする台湾まぜそばは、もちろん都内でも楽しめるが、誕生の地が名古屋なので、名古屋の台湾まぜそばを水難しています。

台湾まぜそばが食えるお店の場所や料金は?

今現在、ブレイクの予感がある台湾まぜそばですが、普通にラーメンのような料理だと勘違いするユーザーも多いと思うが、実はラーメンではない。

 

ラーメンとは全くかけ離れた料理でもあり、いわゆるスープがない!

 

要は汁なし担々麺のような感じでもあり、コッテリして濃厚な麺料理と言うわけだ。

 

台湾ラーメンにも代表されるように、台湾のラーメンというわけではなく、元々は名古屋にあるひき肉ラーメンです。

 

台湾まぜそばも同じように、その特徴を活かして、ひき肉、ニラ、ネギ、魚粉、卵黄がメインでもあり、これらの具を極太麺と絡めて攻めるわけです。

 

そんな混ぜそばの美味しく頂ける店舗や場所を紹介していく。

麺屋 はなび

台湾まぜそばの代表的なお店でもあり、この料理を都内で話題になっていた時のお店。

 

まさしく、元祖台湾まぜそばを味わう事が可能。

 

どんなタイミングや時間帯でも、既に行列ができて待ち時間は覚悟しないと行けないが、その価値は十分にあるほどの実力店とも言える。

【場所】東京都新宿区大久保2-8-16 コスモビル1F
【定休日】毎週月曜日・第2火曜日

あびすけ 西新宿7丁目店

こちらも人気店の1つで、基本は極太麺で食べるのがベーシックなポイント。

 

出し汁も1つ1つ丁寧に塩昆布から取り、1滴たりとも無駄にしないメソッドで、常にユーザーの下を満足させています。

 

にもかかわらず、かなりリーズナブルな料金設定で、お金に困っているユーザーにも強い味方である。

 

昼間のサービスタイムなどのランチメニューには、500円ぽっきりで台湾まぜそばが食えるので、財布の紐が硬い人には、とっておきのお店だ。

【場所】東京都新宿区西新宿7-11-2 ASP西新宿ビル 1F
【営業時間】10:30~23:30(LO23:30)
【定休日】無休

スポンサードリンク

つけ麺丸和

つけ麺の有名なお店。2015年に開き、名店のテイストを手ごろなロケーションでゲットしやすくなっちゃいました。

 

こちらのショップでは『汁なし台湾』といった料理が台湾まぜそばに該当します。

 

ネギだけに限らず玉ねぎともやしが添加されたのが独特。

 

ネギや海苔のテイストはスパイスが効いているですが、魚粉のかんばしさがしないのです。

 

なぜかと言いますとその他で『汁なし煮干し台湾』といったお品書きが見られるのでこっちサイドをオーダーすると煮干しが食い込んでくると考えてよさそうですね。

 

ハードさは少なめです。

 

はなびの台湾まぜそばに言えるようなスペシャルなこだわり意識がないため、トータルで汁っぽく麺とマテリアルがそれほど関与しません。

 

このことは趣味が区分けされるケースでしょう。

 

こちらのショップでは対費用効果はそれなりに高めであることもあります。

 

是非興味がある人は一度足を運べ!

【場所】名古屋市中村区亀島2-11-2
【営業時間】11:00〜14:00/17:30〜21:00
【定休日】 火曜日/第三月曜日

塚田涼太郎の彼女も台湾まぜそばマニアなのか!?

ここに来て、塚田涼太郎に彼女はいるのか?をリサーチしていきたいと思いますが、もしいたら確実に台湾まぜそばマニアですね。

 

彼がここまで混ぜそばを愛してやまないわけですから、影響は少なからず受けると思いますし、既に会のメンバーの誰かかもしれないですね。

 

そうなれば、かなり共感して意気投合しているのは間違いないですから、この先結婚もあり得るかもしれないですね。

 

とにかく今後も全力で台湾まぜそばに命を注いで頂きたいものだ。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-マツコの知らない世界
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.