清水哲のWIKIは結婚してた!事故は桑田と共に泣ける!【消えた天才】

「消えた天才」に清水哲さんが出ますが、WIKIやプロフィールがスゴいです!

清水哲さんは今現在結婚して嫁や子供と暮らしているそうですが、過去には事故で桑田との関係がありそのストーリーが感動です。

清水哲さんの今現在は講演会などを行い、精力的に活動されていますが事故の原因や桑田との出来事が今回の消えた天才でも話題になるそうです。

そのへんを見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

清水哲のWIKIプロフィールや生い立ち!

ネーミング:清水 哲
生まれ:1966年4月9日
年齢:53歳
出身:大阪府

元々幼少期からとりあえず選手になりたくて野球を始めていた清水哲ですがここから名門校である PL 学園に進みすでに甲子園に出る決意をしていたそうです。

両親もこのことに反対は全く無く小学生から地元の野球チームに入り中学時代から頭角を現し学校ではピッチャーでレギュラーでした。

幼少期から既にプロ野球選手一本に決断していた彼のマインドや育ってきた環境というのは素晴らしいとしか言いようがないんですがこのような教育をしてきた両親もリスペクトに値すると思います。

すでに中学生からその非凡なセンスは発揮してきておりレギュラーで活躍してきた彼ですから当然そこから高校に進学し甲子園を目指すために毎日訓練をしていました。

甲子園に出るためには大阪府の予選を突破しなければいけないわけですがそこで絶対的なエースとして君臨していた清水哲さんは2年連続で県大会を突破した優勝投手でした。

そんなこともあり当然 PL 学園中とか全国にも彼の名前が有名になりこの時に1学年下の後輩として桑田真澄が PL 学園に入学してきたと言います。

ただ桑田とここで初めて再開したのではなくて過去には清水哲が通っていた八雲中学校の時に敵の高校だった桑田がピッチャーをしていた時に対戦しています。

この時には清水哲が敗戦投手となり一度悔しい思いをしている過去があります。

そんな対戦をしていた中学時代の思い出があり同じ PL 学園に入学したというのはこれも何かの運命なんでしょうか。

そして桑田が PL 学園に入学した時に一学年上の彼と野球を行いそこで清原とかにも仲良くなり一緒に甲子園を目指すと決意したわけです。

ただ清水さんの運命を分けたのが PL 学園での野球生活はもちろんですがそこで甲子園出場という一つの目標だったことを成し遂げプロ野球選手になるということがだんだんと理想に近づいていく狭間の時に彼の人生を狂わせた事故が起こったわけです。

それは同志社大学に入った時の出来事です。

スポンサードリンク

清水哲の事故が泣ける!

彼が人生の明暗を分ける事故に出会ってしまったのは PL 学園の一年の時でした。

そこから公式戦を行っていた最中に誰が決死の思いでスライディングをした時に首の骨を折る大怪我をしてしまったわけです。

もちろん病院ですぐに手当てを受け今後の状態を見届けていましたが結果は首の骨を骨折し全く首から機能しなくなったわけです。

骨折などでまた骨が完治すれば復帰できると思い込んでいた彼に対して神様は微笑んでくれなかったようです。

あくまでも命に別状はない怪我でしたが首から全く動く動かすことができずに毎日痛みが走る中激痛と野球ができないという苛立ちさを生活の中で覚えてしまいイライラが募るライフスタイルだったと言われています。

そして手術の結果もすることができないと医師から公表されショックと虚しさで毎日が生きていくことすらできないくらい目標を失ったそうです。

もうプロ野球選手を目指すことは不可能だとここで告げられたことによって今までの野球をしてきた努力が時間はもう戻ってこないわけであり自分は一体何のために野球をやってきたのか?ということすら毎日思い返していたことでしょう。

とにかく自分はもうプロ野球選手を目指すことができないと断定された今彼自身今後何を目標に取り組んでいけばいいのかという事を日々考えていたそうです。

そんな時に自分が経験してきたことなどを全て発信しようと決意し講演会や書籍を書き多くの方の共感を産んだわけです。

今現在も講演会やセミナーなどでいろんなことを語り多くの人を魅了しています。

スポンサードリンク

清水哲と桑田との関係は?

さてここで彼の人生を狂わせたと言われるその事故なんですがなんでも不運だったとしか言いようがありません。

まずそもそも何故桑田が清水さんのことを尊敬してリスペクトしているのかということなんですがよく食事なども誘っていたと言われています。

そこからふたりの絆が深まっていく元々ピッチャーとして活躍していた清水さんの非凡な才能に惹かれくは誰も彼のようなピッチャーになりたいと決意し成長していたと言われています。

桑田が元々の PL 学園の入学を強く思い描いたと言われているのは彼の存在ももちろん大きかったと思いますし桑田自身も必ずプロに入って活躍するという登竜門として PL 学園を選んだのではないでしょうか。

ただ二人の関係性の陰に隠れていた清原という存在も忘れてはいけない。

彼もまた今では他者として多くの功績を残してきた選手の一人ですが元々は四番でピッチャーという理想のストーリーを描いていたのも事実なわけです。

そんなこともあり打者という見方ではなくてピッチャーという理念を持って元々野球を始めた彼ですからやはりどんなプロを目指す野球少年でも四番でピッチャーと言うストーリーは描いていたのだと思います。

ただ彼がバッティングを行った時の凄さはフリーバッティングに関してプロ野球レベルの140 M から150 M の弾丸ライナーを既に高校生のうちから放っておりそれを見た中村監督がピッチャーではなくバッターとしての才能を見出したと言われています。

なので清原をピッチャーとして開花させるのではなく打者としてプロを目指すように指導したのもまたこの監督である。

そんなわけでピッチャーは清水と桑田のエースで大阪大会と甲子園を戦い抜くとローテーションを組んだのであります。

当然清水にもずっとピッチャーでやってきた披露や肩の疲れなどから調子を落とす時なども当然出てきてそこに救世主として現れたのが桑田の投手力なんです。

そこで桑田が想像以上に能力を発揮し PL 学園の極地を行くぞと作ってきたという鉱石があることから 清水と桑田はより良い絆を深めていったと言われています。

清水哲の今現在の活動は講演会?

ここに来て今現在しんさんの活動は講演会なども行いセミナー等で更新を目指す少年たちや自分が事故で経験してきたことなどを具体的に伝える活動を行っています。

全国を飛び回る時もあり自分が PL 学園で学んできたことを具体的に講演者の方にお伝えするとともに清原と桑田との絆は今でも存在していると語っています。

事故で障害を抱え自分一人ではライフスタイルを生きていくことは困難と記された人生において障害者になった現実を受け止めて結婚して子供を授かるということはほぼ困難だと思われていたそうですがそんな夢も叶い今は結婚して嫁さんも授かっていると言われています。

そこから福祉などを学び自分のような事故で障害を受けた方のために共感するようなエピソードを発信したりセミナーで分かりやすく日々伝えています。

そして野球についてのビジネスも今現在おこなっており彼の父親が発足した地元の少年野球チームでやる「守口セネタース」の指導や運営をされています。

今でも野球に関することをして自分が夢見てきたプロ野球選手になろうと思っている少年少女たちに対して何か自分が貢献できるものはないかと探した時にこれを思いついたそうです。

そして野球界に恩返しすることも自分にとってプラスになると思ったし事故などの経験を活かして自分で著書なども出し出版されています。

この著書を読んでいただき自分と同じような環境に立っている人達を一人でも励まし救いたいと思っていることでしょう。

スポンサードリンク

清水哲の結婚(嫁・妻・子供)はどうか!?

彼が結婚したのは事故から8年経った時であり福祉やヘルパーなどをやっている時に妻である現在の由美子さんと出会いそこから結婚に至ったと言われています。

彼の右の人が由美子さんですね。

最初は交際するなど全く思っていなかった二人だったそうですが時が経つにつれて共に時を過ごす時間が多くなったそうでそこから意気投合して交際に発展し最終的に結婚まで行ったんではないでしょうか。

自分が障害者として人生を全うしなければならないというハンデを背負いながら清水さん自身が結婚はもうできないと確信していた時に彼女と出会ったということです。

そんなところで考え方が変わり障害を持ってるからと結婚できないことは全く=ではなくそんな理屈を吹き飛ばしたいがために彼女と人生を共にする決意をしたそうです。

彼女自身も夫が体にハンデを背負っていることは重々承知でそれを一緒にかけてサポートして共に時間を過ごしていく決断をしたということは嫁さん自身もメンタル的に相当強い方ではないでしょうか。

今後も幸せに人生を全うして欲しいと思います。

最後までご覧頂き本当にありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク