二宮涼太郎の経歴WIKIと兄弟が!年収と高校大学がスゴい!【がっちりマンデー】

「がっちりマンデー」にオーケー社長の二宮涼太郎さんが出ますが、二宮涼太郎さんの経歴WIKIプロフィールと兄弟はいるんでしょうか?

二宮涼太郎の年収、資産がハンパないことは明らかですが高校大学なども東京大学を卒業しているとの噂がありますが、まさにエリート中のエリートを突き進んでいる人なんでしょうか?

兎にも角にも二宮涼太郎さんがヤバい人物なのかは大胆イメージできますが、どこまでスゴい人なのかここで見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

二宮涼太郎の経歴プロフィールと生い立ち!

ネーミング : 二宮 涼太郎(にのみや りょうたろう)
生まれ:1974年1月5日
オーケー社長

今回は二宮涼太郎さんの経歴プロフィールなどを見ていきたいと思いますが今現在はオーケー の社長を歴任されており元々は三菱商事に入社しそこからキャリアをスタートしています。

三菱商事でキャリアを重ねてきて経営などを学んできた彼ですが2013年に三菱商事を退社しそこから今現在のオーケーに入ったわけです。

そこから2年も経たずして能力を発揮し経営企画部のトップにまで上り詰めた彼は入社してからわずか1年で社長に就任しています。

ライバルが多いスーパー業界にあって常に高品質でありながら低料金を実現するようなプランを発揮し現在では顧客の心をガッチリと掴んでいます。

大手企業が軒並みに参入するスーパー業界にあって常にトップランナーは知っている同社は一体何がすごくてそこまで顧客に支持されているのか?

店舗数は今現在では100店舗以上展開しており特に食品系においては業界中上位を常に独占してリピート客を増やしてきました。

地域密着型のスーパーという理念ではなくどちらかと言えば首都圏においた集客をメインで行っている戦略でターゲットを絞ってきました。

業界ではイオンなども凌ぐと言われている集客数をあげており大手の店舗を忍と言われている圧倒的な戦略とマーケットを絞った構図ではないでしょうか。

常に自然を追求し最高の商品でありながら圧倒的な低価格で販売できる流通経路や他の業者との信頼が厚いからこそそのような品揃えができるのであり大手企業にも負けないブランドを今では構築しているのでその信頼性が大量販売大量仕入れが出来る要因であり最高の商品でもコストを抑えて消費者に販売できるのだろう。

一方で今の時代は低価格高商品は当たり前の時代でそこからいかに商品の鮮度や新鮮さを保つことが信頼性につながる。

そういったことを考慮すれば オーケーは常に鮮度が落ちやすい乳製品や魚介類などもすぐに鮮度を保った状態で消費者に届けられるように設備なども徹底的に重視している。

このようなことを考えれば当然顧客から信頼されて満足されるのは当たり前ですしリピーターがどんどん増えていくのは言うまでもありません。

スポンサードリンク

二宮涼太郎に兄弟はいるのか!?

ここに来て二宮涼太郎さんの家族関係や兄弟はどのような感じになっているんでしょうか?

なんでも二宮さん自身がオーケー の社長に歴任してから三代目ということもあり最初の創業者は飯田勧という方です。

二宮さんの兄弟と言うかこの創業者の飯田さんの兄弟がオンライン上に話題になっていることからこのキーワードがヒットして二宮さん=兄弟ということになったのではないでしょうか。

つまり創業者の飯田さんの兄弟はそれぞれ外食チェーンの創業者であったり会長であったりしますのでやはり嫌でもネット上に噂になるのは当然だと思います。

飯田さんの兄弟が話題に上ったことによって現社長の二宮さんの兄弟もネット上で調べられた可能性が高くそのキーワードが未だに流出しているということです。

当然創業者から社長の座を受け継いだ二宮さんですから二宮さん自身の家族関係や兄弟なども検索されるわけであり詳しい詳細は今のところ明らかになっていません。

なので二宮さん自身が兄弟がいるのかどうかはまだはっきりしていませんが結婚して嫁さんや子供は不可能性は高いと思います。

スポンサードリンク

二宮涼太郎の学歴(高校大学)は東大!?

ここで二宮涼太郎さんの学歴などを見ていきたいと思いますが高校大学はとてつもないエリート校に通っていたそうで特に大学に関しては東大を出ているという噂があります。

これを聞いただけで当然能力が高くスキルが半端ない手腕を持っていると思いますのでたった1年で社長に就任したということがおわかりいただけると思います。

特に経営においてはプロフェッショナルなスキルがあり売上を上げるためにはどうすればいいのかというところは知り尽くしている人物だと思います。

プロ中のプロの経営者というのは常にターゲットを絞り自分の強みだけを売りにして数字を上げていくマインドがありますからこれらすべてキャリアの中で学び東大でも経営学を学んでいたんではないでしょうか。

このようなことから全て高校や大学時代から自分が社長になりトップに立って会社を運営していくんだという自覚が芽生えていたということは間違いありませんしそこからわずか数年で企業のトップに躍り出たわけですから全て自分の目的や理念が今のところ達成されているんではないでしょうか。

とにかくスーパーマーケットの業界では今後もトップランナーを走り続ける企業の代表として話題に上ってくると思いますしメディアでも様々な分野でインタビューを受けることでしょう。

二宮涼太郎の年収と資産がエグい!

まずオーケーの会社自体がかなり売り上げが高く利益が出ていると思いますので儲かっていることは間違いないでしょう。

そう考えればトップの彼がどれだけの年収と資産があるのかは言うまでもありませんが今のところ去年の決算では3500億円の売り上げを成し遂げて直近の3年間でも約2900円億近い売上を誇っています。

今現在は100店舗近く店舗数を叶えほとんどの業界の店舗が売り上げがダウンしている傾向にある中彼らの店舗は年々右肩上です。

常に成長を続けている企業でもあるがゆえ顧客の満足を徹底的に追求した経営スタイルはより高度な次元に達しており会社を立ち上げてから借金を抱えたことはほぼなく赤字になった累積すらほとんどありません。

コンサータ現在は確実にブランドを構築し地域密着型というよりかは首都圏密着型といった新時代の位置を確立しリピートかなり増やしてきています。

全ては顧客満足というキーワードの中で彼らはビジネスを行っておりタイヤ品質や価格というものを徹底的に裏切らずに常に顧客が理想とするスーパーをかけてきました。

そんな中ライバル店や競合店においてはものともせずにむしろ意識する必要がないくらい独自のブランドを確立しています。

圧倒的な先祖の高さと高品質低料金を実現しそこから一歩による平均単価がおよそ2700円以上まで上がっており一人当たりの単価は業界において相当高いという 。

単価が非常に高いがゆえ集客力も既存客がリピート客を増やしてきておりむしろ広告などの経費をかけずに集客できているわけですので圧倒的な利益率があります。

そのような携帯から来るように年々売上利益と共に右肩上がりで二宮涼太郎さんの年収や資産も相当高いと伺います。

推測にはなりますが2000億円以上の売上高を取っている企業で言えばそこから全ての経費を差し引いても社長の年収は少なくとも1億円以上あることは間違いないんではないでしょうか。

今後も数字の方は伸びていくと思いますので自然的に彼の年収も上がっていくことは想定されます。

今後の活躍に大いに期待したいと思います。

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他の関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク