田島健夫の経歴wikiと年収が!天空の森の料金(値段)や場所と芸能人御用達!【激レアさん】

「激レアさん」に田島建夫(たじまたてお)さんが出ますが、経歴WIKIプロフィール、年収などと天空の森の料金(値段)、場所などを見ていきたいと思います!

田島建夫さんは、天空の森の経営者でもありますし芸能人御用達の人気スポットのオーナーでもあります。

そんな田島建夫さんが運営する天空の森の料金プランや場所と年収などが気になりますが、今までの過去はどんな経歴プロフィールなどがあったんでしょうか?

今回はそのへんのコトをピックアップして行きたいと思います!

スポンサードリンク

田島健夫の経歴WIKIプロフィールや伝説!

ネーミング:田島健夫(たじま たてお)
生まれ:1945年(74歳)
出身:鹿児島県
学費:東洋大学 卒業

田島建夫さんは天空の森と言う旅館なのか民宿なのか非常に興味性が高い施設のオーナーでもありますし今現在も過去には芸能人が多く宿泊したということでも話題になっています。

元々鹿児島県出身で1970年代に旅館業を営み90年代に入ってからは何と山を買い取ってそこから事業開拓を行い今の天空の森を始めたと言われています。

かなりワイルドな経歴ですがそのような事業開拓を進めていくうちに2004年に天空の森が完成し今の経営に至ったということです。

そもそもなぜ彼が旅館業に着手したのかと言うと関係が旅館業を行っておりその息子として跡継ぎを任されていたということです。

学生時代には東洋大学から銀行に就職して一銀行員としてお勤めをされていたそうです。

ただここから彼自身が一生銀行員としての人生を歩むのは自分的に疑問を感じそこから銀行員を退職して今のような開拓を行ったと思われます。

しかも彼が銀行を辞めてから旅館業に着手するまでのタイミングというのは時代的に旅館ブームでもあったこともあり特に彼が住んでいる九州エリアなどは旅館業が非常に盛んで誕生日にもなると相当な予約が入るわけです。

そのような環境を幼少期から見てきていますのでやはり関係が運営する旅館を引き継ぎ彼自身のアイデアで天空の森を始めたと思われます。

しかしながら時代とともに旅館ブームが去って天空の森を営業していたにも関わらず当初は全く集客できずに売上に伸び悩んでいたそうです。

そうも言ってられずに売上が立たなければ事業の経営も成り立たないわけで自分たちが食べていくだけでも精一杯だったと語っています。

生計を立てなければ旅館業の経営が維持できないと危機感を抱きそこから自分が思い描いていた旅館業とは全く真逆のことをやらなければ食べていけない現実に直面し、なんでも地元の労働者やここに出稼ぎに来ていた土木作業員などを安い料金で寝泊まりする旅館業を行ったわけです。

彼の中ではこのような低料金で旅館を営むようなことは一切当初から考えていなかったらしく自分の理想とするビジネスができないと感じていたにもかかわらずとにかく当初は売上が立たずに食べていくだけで精一杯だったのでこのような低料金なシステムをやらざるを得なかったと言われています。

これには彼の現実と理想の狭間に違和感を感じ彼が本当にしたかった旅館業とはあまりにも食い違い中には労働者や出稼ぎに来ていた土木作業員たちの要求がどんどんエスカレートしていきあまりにも理不尽なことを言われたりもしたそうです。

これによって彼自身も「求められるサービスは客によって変わる」という風に現実を受け止められ、こんなことをしていては自分の理想が実現できないと痛感し売り上げが上がらなくても自分のしたい旅館業をやると決断したそうです。

そこから低料金サービスなどのやり方を一切廃止し、ちゃんと本質をわかってくれる顧客だけにサービスを提供しようと懸命に頑張り天空の森という一つの形ができたそうです。

これには彼自身の理念やポリシーがありそもそもなぜ都会の人が田舎の旅館を訪れてくれるのか?というところに着目し非現実的な空間を求めに来てくれるのではないか?という思いを彼は顧客に対して表現したそうです。

この非現実的な空間というのが都会の人が日々仕事などで疲れ田舎の風景などに癒しを感じ古民家をリニューアルして彼の想いをカタチに作り上げていったそうです。

これには彼独特の考え方があり人ができないことを自分がやるという風な理念で古びた古民家を自分の手でひとつひとつ作り上げていき100万本ものだけをひとつひとつ丁寧に切手位置そこから彼ので一つでライフラインを引いて温泉を沸き上げたそうです。

その土地を見つけるまでに約7年もの時間を要しすべて彼のて一つで作り上げてきた雪だということで地元でも話題になりいつしか芸能人も泊まりに来るようになったと言われています。

ここまでの経歴プロフィールなどを見ていると本当に並大抵の人物ではありませんしこのような強い理念とポリシーがなければ途中で挫折したことでしょう。

スポンサードリンク

天空の森の場所はどこ?

さてここで田島建男がオーナーである天空の森の場所が非常に気になるんですが何でもアクセスはそれほど悪くはなく鹿児島空港から自動車で約20分から25分の位置にあります。

鹿児島などで九州の南に位置しかなり豊富な新鮮な食材が取れるエリアでもあります。

そんな都会人には味わうことができない食材や環境を体験することができまさに彼が思い描いていた非現実を体験してもらうには持ってこいの場所ではないでしょうか。

今現在でも地元でとれた農薬を一切使わない無農薬な野菜や 食材を生かし宿泊客の舌を震わせています。

基本的に天空の森は今現在いつつの部屋しかなく早く予約した人でないと止まる事が出来ません。

面積はかなり広いのに5つしか部屋がないのはやはり彼独特の考え方があるんではないでしょうか。

とにかく膨大な面積の中にポツンと部屋があるので非現実的な空間はもちろんですが今までのライフスタイルでは体験できないような貴重な経験ができることは間違いありません。

そんな天空の森に興味があれば早めに予約をして一度でも体験することをお勧めします。

所在地 :鹿児島県霧島市牧園町宿窪田4230

創業  :1970年

運営施設:田島本館 忘れの里雅叙苑 天空の森

従業員数:約40人

0995-76-0777

受付時間9:00-22:00

スポンサードリンク

田島健夫が経営する天空の森の料金プランは?

そんな天空の森ですが果たして料金プランはいったいどれくらいかかるんでしょうか?

ユーザーの間では国が一番気になるところだと思いますが宿泊施設は5つ部屋から成り立ち値段は一泊20万円です!

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれの価値観ですが膨大な面積の中に非現実的な環境と体験を経験できる空間の中で一泊するのはそれなりの価値が十分にあると思います。

あくまで低所得の一般庶民が手を出せる金額ではないのは間違いありませんがそうであるがゆえに多くの芸能人達も価値を感じ泊まりに来るんではないでしょうか。

なので顧客の多くはやはり富裕層に限られると思いますが人生に一度でもこのような非現実的な空間を知る前に体験しておきたいという方は20万円でも決して高くはない金額だと思います。

膨大な面積の中にリゾートエリアを育んだ天空の森は 相当な希少価値になると思いますし地元でも有名ですから人生の幸せとはお金だけではないという本質がわかっている人は一度足を運んでその空間を体験してみてほしい。

スポンサードリンク

田島健夫の年収はどうか!?

一泊20万円という民宿を経営している田島建夫の年収や稼ぎはいったいどれくらいあるんでしょうか?

かなり単価が高いので大きな数の客をこなして売上を立てるというシステムではなく高単価で数少ない客数でもしっかり利益が出るような経営システムにしています。

基本的に民宿の経営や旅館の経営というのは年々業界的に厳しくなってきてると言われておりそんな簡単に利益が出るビジネスモデルではありません。

この業界で生き残り利益を出し続けるには目的やビジョンというものが非常に大事になってきます。

つまりどこにでもあるような何のストーリー性もなくただ低料金で宿を貸すというような盲目では間違いなく失敗して経営は行き詰まると思います。

彼のような非常に高単価な料金を打ち出しても顧客が来てくれる要因はちゃんとしたストーリーを持っているからではないでしょうか?

元々低料金の旅館をやって自分の理想とはかけ離れた経営システムで旅館を運営していた田島さんですからそのような自分の理念に合わないような経緯はやりたくないと思い天空の森を建設したわけですからそこからストーリーがあるわけです。

ちゃんと自分の理念やポリシーを打ち出して「自分はこういう顧客に来てほしい」というようなストーリーを打ち出せばそれに共感して高単価でも来てくれる顧客が現れるということです。

つまり民宿経営で自分が何をしたいのか?という本質をまずちゃんとうちだしそれに沿ってビジョンを明確にすることが非常に重要なのです。

そのビジョンに共感してくれた顧客はどんなに高い単価であっても必ず来てくれるわけです。

そこからファンになってくれリピーターに繋がっていくわけですから何よりもまずどこにでもあるような旅館を作るのではなくてちゃんと自分のストーリーを打ち出してオリジナル性が強い旅館経営を行っていくとこのような 高単価でもファンになってくれるんではないでしょうか?

一般的な旅館では一泊15000円とか高くても2万円ぐらいだと思いますのでそう考えると天空の森は一泊20万円という破格な料金設定なのでよっぽどのストーリーがなければ顧客など絶対に集まらないわけです。

にもかかわらず天空の森は今では人気旅館となっていますので彼の理念やポリシーに共感して多くのファンが全国にいるのだと思います。

あくまで彼自身は儲けるためにやっているのではないと思いますし、5つしか部屋がないわけですから自分の体ひとつで対応できる数をやっていることでしょう。

つまり本質的な事を言えば利益優先でやっているのではなく自分がしたいことをやっていると思われますしあまり稼ぐということは第一に考えていないんではないでしょうか?

そう考えると単純計算して5つの部屋が全部予約で埋まっても一泊20万円ということを考えればそれだけで100万円の売り上げが一瞬で上がります。

後は料理に出す食材の経費や光熱費などの経費は当然差し引いた利益が彼の取り分となりますので後は新規顧客の開拓や究極の部分が利益を左右すると思います。

ただあくまで新規顧客の獲得に力を入れているわけではなくどちらかと言うとリピーターが大半ですから広告などを打つ必要もあまりないと思いますしかなり利益率が高いビジネスをやっているんだと思います。

そう考えると最低でも年収的に800から1000万ぐらいはあるんではないでしょうか。

今後も多くの顧客を魅了して素晴らしい世界を提供し続けて行ってもらいたいと思います。

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他のためになる関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク