小幡寿康(あんこ菓子職人)の経歴WIKIと年収!通販や評判と味は最高!【プロフェッショナル】

「プロフェッショナル」にあんこ菓子職人である小幡寿康(こばたとしやす)さんが特集されます。

小幡寿康さんの経歴WIKIプロフィールと年収などはどうでしょうか?

小幡寿康さんがあんこの菓子職人でありますから、お菓子が買えるお店や通販方法、評価と口コミ、味などはどれほど最高なんでしょうか?

そんな小幡寿康さんが作るあんこのお菓子と彼のプライベートなどをピックアップして言いたいと思います。

小幡寿康の経歴WIKIプロフィールや生い立ち

ネーミング:小幡寿康(こばた としやす)
生まれ:1947年生まれ
年齢:72歳

小幡寿康さんはあんこを専門とした菓子職人でもあり数々の実績を作り出してきた職人でもあります。

中でも皇室レベルのお菓子を作る担当職人でもあったと同時に彼が作るお菓子は最高の味と芸術を極めた作品でもあります。

その中でも和菓子と位置づけてあんこに特化したお菓子づくりのプロフェッショナルでもあります。

そんな彼は自分の店舗を持たずに他人の店舗を見直す菓子職人でもあります。

かなり異色の経歴を持ったかたなんですが結論から言うと他店のお菓子店が経営難に至って彼がその再生工場の役割を補う重要な経営再建人として位置づけています。

今まで数々の経営難に陥っていたお菓子店の店舗を見事に黒字回復させその中でも自分のスキルやノウハウを提供しお菓子の伝統を守ってきた人物の一人です。

あんこに関しては日本でも優秀な職人の一人と位置づけられ業界でも屈指のテクニックと経営ノウハウを用いています。

それほどの腕を持ちながらなぜ自分の店舗を構えてビジネスを行わないのかかなり不思議なところがありますがあまりそういうビジネスモデルには興味がないのか。

あくまでも裏方と体して経営難に陥っているお菓子店の依頼を受けその店舗の黒字化を目指しながら自身のノウハウやテクニックを提供してきています。

正しくは人の悩みや問題を解決する裏方役と体して自分の収益よりかは人の役に立つビジネスが性に合っているのか。

つまりは指導者の役割として指導することが好きなのか加工に関することや製造、素材の調達など歌詞作りの基本や経営に関するポピュラーな基本形まで常に新しい時代とともに価値観の共有を行ってきたと思われます。

依頼人のオーダーメイドの河口での注文や細い分量の材料比率に関しても彼のアドバイスや助言で生産する商品が過去に数多くあったと言われています。

仕入れに関してはすべて受注で行ってきていると言われており経営を安定化して収益を維持するためには在庫を限りなく少なくして理想型は在庫ゼロを目指したと言われています。

これによって無駄な廃棄や発注がなくなり収益を圧迫することなく安定化を図ることが可能になったと言われています。

元々彼は岐阜県のお菓子の製造企業に務めており今現在はその会社を辞めノウハウや技術テクニックの指導者としてともに地域密着の店舗を助けている。

スポンサードリンク

小幡寿康の今現在はあんこ菓子職人!皇室御用達はマジか!?

なぜ彼は自分のお店を持って商売をやらないのか?

一般の我々からしたら七不思議の一つではあるのですが自分の店舗を持たずに次から次へと他人の店を渡り歩いては自分の過去のテクニックのノウハウを駆使して依頼された店舗を成功させてきた。

そんな彼は今現在では再生工場の請負人として活動しています。

セオリーどうりではない自分のオリジナルの技法を駆使して今まで極上のあんこの和菓子を作ってきた彼の理念は今現在でも学びや気づきをやめようとはしない。

職人なので一生勉強というものは大前提として位置づけて年下であろうが何であろうが自分に必要だと思った学びはいくら年が離れた若者でも教えを積極的に問に行くと言われています。

皇室が認めた唯一の職人と位置づけて素晴らしい実績があり彼がもし店舗を構えたら相当なファンが増えると同時にあんこの和菓子はかなり売れると思います。

小幡寿康が作ったあんこ饅頭はどこで買える?通販や店舗は?

あんこ和菓子のクリエイターとして彼の和菓子の味や評判は言うまでもありませんが是非とも彼のお菓子を食べてみたいと思います。

おそらく日本中の和菓子好きな人が彼のお菓子を食べたことがなければ是非とも一度は口にしたいと願っているはずです。

そんな彼のお菓子はどこの場所で味わえるのか?そして通販などはやっているのか?このことが非常に気になります。

店舗に関しては彼は自分のお店を構えていないのでどこか第三者の店舗から彼の和菓子を買って味わうことができると推測します。

噂では「村の果菓子屋」と言う宮崎県東臼杵郡にある和菓子屋に彼が地図をしていたそうです。

なので個々の店舗でひょっとしたら彼が伝授したあんこのお菓子が買える可能性がありそうです。

詳しくは問い合わせてみてはどうでしょうか?

評判も上々で味や口コミに対するネガティブなことは一切ありません。

ノウハウやテクニックは誰しもが認めるものを駆使していますので彼が作った和菓子がまずいはずがありません。

食べたことがある人はわかるかもしれませんが口を入れた瞬間にあんこの控えめな甘さと緑茶によく合うハーモニーとの声が多いです。

和菓子といえば緑茶というイメージがあると思いますが、緑茶がいらない程甘さ控えめであるがゆえちゃんと味もしっかりしているという評判です。

是非一度彼の和菓子を食べてみたいと思います。

スポンサードリンク

小幡寿康の年収はどうか!?

平均年収が概ね300万円から380万円ぐらいと言われていますがこれは和菓子職人という範囲のレベルではなく菓子職人などのパティシエも含めて個人がやっている職人という風な位置づけで考えるならばこれぐらいの平均年収であるそうです。

見習いの内はもっと低く250万円から280万円ぐらいとされています。

ただやはり飲食系の職人といえば低賃金長時間が当たり前の業界であり一人前になる前はかなり厳しい生活を強いられることになります。

修行期間と位置づけて。

あくまでサービス業の職人ですからボーナスなどはあまり期待できるものではありません。

サラリーマンのように長年勤務して年功序列制度で給料やボーナスが上がっていくシステムではなくあくまで職人の世界というものは実力だけがものをいい、腕を磨いて人気者になれば収入も上がっていきますし自分の実力が一定のレベルに達していなければ厳しい現実が待ち受けています。

つまりは完全に実力主義の世界と言っても過言ではなく全ては自分次第ということです。

多くの和菓子職人が腕を磨けば自分の店舗を立ち上げて独立を目指していくと思われます。

しかし今回の彼のような再生請負人として活躍する道もあると思います。

多くの実績や皇室まで認めた腕の持ち主ですから彼の年収は業界レベルで言えば高い水準にあると思います。

ただ自分で店舗を立ち上げて商売をやってるわけではありませんのであくまで依頼された仕事に対してこなしていくと言う活動です。

従って極端な話未来がゼロであれば売上もゼロになる可能性もあり、半分自分で起業してビジネスを立ち上げてるのと何ら変わりはないかもしれません。

全ては自分が依頼されるように自分への投資や学びなどが必要最低限の大前提になると思われます 。

そのため彼の年収は 多くて1000万円ほどのレベルではないでしょうか。

とにかく今後も請負人として多くの経営難に陥っている店舗を救い困っている人の問題や悩みを解決してくれる存在であることを願います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク