木嶋真優の親(父・母)と結婚(旦那・夫)や使用楽器が!年収ハンパない!【しゃべくり】

「しゃべくり」にバイオリニストの木嶋真優(きしままゆ)さんが登場です。木嶋真優さんの両親(父親・母親)や結婚して旦那や夫はいるんでしょうか?

木嶋真優さんの熱愛彼氏や、使用楽器がヤバいこと。

木嶋真優さんの年収もどれぐらいの稼ぎなのか?

かなり謎が多い木嶋真優さんですが、美人バイオリニストとして活躍されていますので結婚などの彼氏関係が気になります。

今回はそんな木嶋真優さんのことをピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

木嶋真優の経歴プロフィールや伝説

ネーミング:木嶋真優

生まれ:1986年12月13日 33歳

出身:兵庫県

学歴:ケルン音楽大学 卒業

幼少期でヴィエニャフスキインターナショナルコンペティションジュニアジャンルにてトップクラスを受賞しすい星のようにウワサになる。

ケルンミュージックキャンパスをこれ以上ないのポイントを得て修了、それに加えてケルンインターナショナル音楽コンペティション優勝。

10才台で「巨匠故 ロストロポーヴィッチよりワールドワイドに最も高い評価を得ているヴァイオリニスト」と称賛を受ける。

ほんのちょっと前からパリ及びケルンにベースを置きグローバル規模で大健闘。

近年ではルガノのマルタ・アルゲリッチミュージック祭やサイトウオーケストラにジョインを果たしNHKの交響楽団と同時出演し感嘆を受けた。

三歳半からヴァイオリン、これとは別にお絵描き、バレエ、ピアノ、などけっこうな数習い事をしておりました。とてもじゃないがてんてこ舞いな小さい子だったのです。

しかしながらヴァイオリンだけにしかスッポリと関心が無くて、テクノロジーもなしで、凄い好きだったお稽古事もヴァイオリンだったのです。

四歳、五歳でリピートしてコンペティションで金入賞したこともあったので、小さい子ながらにハッピーでなったのかも知れません。

学校時代もとにもかくにもヴァイオリンをターゲットにしたライフスタイルになりましたが、お休みの時間を効果的につぎ込んで、周りの人とそのタイミングブームではあったプリクラを撮りにいったり、お買いものしにいくのが胸がときめいてでした。

木嶋真優さんはオーソリティームスティラフ・ロストロポーヴィチとゴーサインが出たエリートバイオリニストではないでしょうか。

日本以外の国では、英国、USAでリリースをかざり、小澤征爾などグローバル規模で名だたる音楽家と同時出演をなし遂げてございます。

就学前から京都の小さな子向けのコンペティションで3年間受賞。

10歳もたたないですでにオーケストラデビューを果たし、小学校のとき、全日本学生ミュージックコンペティション大阪大会初等学校の部で優勝。

日本国内クラシックミュージックコンテスト全国大会で最高ランクをモノにし、次のシーズンのにはカーネギー会場によってブルッフのコンチェルトをプレーしたみたいです。

ヤバ過ぎだろ。

スポンサードリンク

木嶋真優の両親(父親・母親)はどんな人物なのか?

小さな子の新たなステージのために最大限にフォローした御両親、すばらしいです。

それに加えてそのビューティーからスタイル誌にもドンドン記載されています。

ミュージック界に影響されることなく、モード界に及ぶまでその名称は知れ渡ってるんです。

そういった彼女はCDもつくり出してます。 ジャケットも美しい。気品が充実します。

それはそれはワールドワイドを飛び回ってるという訳です。 数種類のカルチャーとペッティングするんですからモードフィーリングもユニークになるんでしょう。

なんといっても実力を備えた人は、この程度の一生の出会いも吸いつけるんですね。

この際にザハール・ブロンに会うことができていなければ今とは逆のバイオリンライフだったとも言えるね。

その部分では、できる限り早く留学した方がいいとのガイドラインでしょう。

留学しちゃうだし、あきらかにゆとりのあるファミリーであろうね。

バイオリンを習うことそのものトータルコストがかかるらしいのでセレブ層の習い事って固定観念ありますからね。

自分自身ははっきり申し上げてオーケストラ演奏者は一人残らずセレブと一方的に見ているのです^^

おやじさんの呼び名は正憲(まさのり)さんでバックグラウンドミュージックに目がないなユーザーという側面を持っています。

お母さんのネーミングは真理(まり)さんでピアノのプレーをされている現代人ではないでしょうか。

このレジメはあったのですが資金に余裕のあるのかどうかまでは判明しませんね。

3歳半の時何かやらせようという点になったとは言え、アプローチが小さくピアノは時期尚早で意味がない。ミニサイズもあるヴァイオリンをとスタートを切ったんです。

お母さんに言わしめると、いかなる時もトレーニングにチャレンジするまでくずぐずしてたそうですが、弾くとマニアと位置付けてたらしい。

しかしながら初等学校2年からは該当者のモチベーショで計算するの様に変化してました。ベースになるものは、94年6月に身を以て感じ取った五嶋みどりさんのオープントレーニング。

彼女が協奏曲を弾くステージやリサイタルをリスニングしたことが在って、とてもじゃないがやっぱり才能ある人は、こういった運命の出会いも引き付けるんです。

この時にザハール・ブロンに出会えていなければ今とは違うバイオリン人生だったかもしれません。

しかし、今すぐ留学した方がいいとのアドバイスですぐ留学しちゃうんだから、さぞかし裕福なご家庭なんでしょう。

バイオリンを習うこと自体お金がかかるらしいので裕福層の習い事ってイメージありますもんね。 私は基本的にオーケストラ演奏者は全員裕福な人と勝手に見てます。

父の名前は正憲さんで音楽が大好きな方です。

母の名前は真理さんでピアノの演奏をされている方です。 この情報はありましたが裕福なのかどうかまではわからないですね。

すごい有名というわけではなさそうですが、木嶋真優さんがヴァイオリンを始めたのはもちろん、きっかけはご両親でした。

木嶋真優さんが14歳のころのインタビューではこんな事を言っておられました。

母がピアノを弾きますし、父も音楽が大好き。

3歳半のとき何かやらせようということになったんですが、手が小さくピアノは早過ぎる。

小型もあるヴァイオリンをと始めたんです。母に言わせると、いつも練習を始めるまでくずぐずしてたそうですが、弾き出すと夢中になったらしい。

でも小学校2年からは自分の意思で弾くように変わりました。きっかけは、

94年6月に受けた五嶋みどりさんの公開レッスン。

彼女が協奏曲を弾く舞台やリサイタルを聴いたことがあり、すごく透明感のある音色が大好きで、憧れていました。実際の五嶋さんは、音楽がとても好んでいます。

可能性としてピアノを習う男児もちょっとばかりあまりいなかったご時世でした。

これだけたくさんスキルを起動できたのは、気付け薬をいただいた音楽お好みなの御両親と、ヴァイオリンとでもいうべき楽器といった出会い。

訓練を経ればどのような方でも可能性が考えられるといった状況とは距離が遠くなってはいますが。

それはさておき、木嶋真優さんは我が国と他の国々のライブコンサート等のみならずTV番組出演もプログラミングされています。

小さい子を留学させるほどの財力が見つかったら、自分自身からするとがっつりセレブそうですとは言ってもね。

スポンサードリンク

木嶋真優は結婚して旦那(夫)はいてるのか?

嫁入りに関わるデータベースは見られなかったです。

ほとんどの場合各国を飛び回ったというのでおいそれとは嫁入りのチャンスがなかったとも考えられます。

彼のサマリーもありませんが加齢的にもある程度ウェディング可能ではないでしょうか。

そう遠くない時期ブライダルのニュースが入ると言えるでしょう。

これだけ惹きつけられるんですからメンズ男がほっとくとは思えないから。

木嶋真優と高嶋ちさ子との関係!

まずは、日本で有名なバイオリニストを見ていきたいと思います。

石川綾子
諏訪内晶子
川久保賜紀
ダイアナ湯川
鷲見恵理子
末延麻裕子
庄司紗矢香
神尾真由子
石亀協子
寺井尚子
佐藤帆乃佳
奥村愛
水野紗希
川井郁子
高嶋ちさ子
松尾依里佳
AYASA
木嶋真優
松田理奈
宮本笑里

実際にこれだけの女性バイオリニストが日本国内にいたとはビックリではないか?

その中でも一際メディアでも知名度が高いと高嶋ちさ子との関係はどうなんでしょうか?

同じ美人バイオリニストと言うことで、年齢的に木嶋真優さんのほうがダントツ若いが、交流はあるんでしょうか?

まあ~性格が全く違うタイプの2人ですから交流があれば、食事にいくほどでしょうか?

スポンサードリンク

木嶋真優の使用楽器がエグい!

バイオリンと解説すれば、その楽器がどういった人の手に よって制作されたものだろうか意味ありげなところ ではないでしょうか。

しからば木嶋真優さんが活用しているバイオリン はのいかなるものだと思いますか?

チェックをしてみますと 敢行楽器は“ストラディバリウス”。

ご時世は1700年製 Petriで上野隆司博士によって 出資されたものということなのです。 なんと言うかとてもじゃないが高価そうだけれど。

ハイレベルに稀にしか起こらない楽器ですから、それ相当のベネフィットは値段をつければ偉しかしながら、こんな才能の持ち主が、日本にから出ているということに、ちょっと誇りに感じてしまう。

弦楽器に影響されずに楽器ってどうしてもピンキリのバリューですよね。木嶋真優さんが活用しているヴァイオリンってメチャクチャ高価ものなんだろう。

木嶋真優の年収はハンパないのか!?

とんとん拍子かと思ったところ、この楽曲の環境を生き抜くつらさを示されたそうで、 マネージャーをすり込むニュアンスの余裕はなく、3年前から自炊をしつつ、ミュージック仲間とのリレーションに比重を置き、今までなかった交流関係を作り上げている。

楽曲界の偉大な人物にご自身のプレーをアピールするセールスパーソン的な感受性も欠かすことができないのだ。

バラエティーに富んだ楽曲家にオリジナルのプレーのメリットをマーケティング、高評価を得てコンサートに招かれること、この部分がなくてはフレッシュなヴァイオリニストが、この分野で前面に出ることは不可能と聞かされた。なんと言うか命がけだ。

しかしながらキャパシティーが存在して、センスのあるプレーが可能だとしても、それを承認されていない場合は何の足しにもならないし、可能性として、留学などをする運転資金も重要と考えられてくる。

クリーンで晴れ晴れしいだけではない社会環境であろう。

TV番組内でバイオリンプレーもされているそうですが、ハイレベルにパーフェクトメロディーで、オーディエンスからの意見も高い支持だったとささやかれているようです。

木嶋真優さんを見聞きしたことのある方も、そうでなかった方も、そのメロディーと持ち味にハートを掴まれた方が一杯いたみたいですね。

ヴァイオリンにはとてもじゃないがハードな方だとしても、日頃は親しみやすくて良く微笑むラブリーな女性。

その距離感もまた木嶋真優さんの惹きつけられる一つであるのかもしれないのです。

このような内容の楽曲家は、コンサート活動を敢行するたびに入る公演料が主な収益の中心となると考えられますが、この後は事務所の必須コストとリソース税を引いた額が音楽家のパイとなるに違いありません。

人気のある楽曲家であればあっただけ1ステージ当たりの見返りは激しくなり、自身のリターンも拡大します。

外国のコンペティションで入賞するような楽曲家のケースでは、必須経費等とは別で1回当たり50万円レベルを得ている様子ですが、これだけたくさん収益を挙げられる人は間違いなく多くなく、20万円レベルを沈静化してゲットできていれば、考えている以上に結果を出しているたぐいに入ると考えられます。

ベテランのオーケストラに正団員と判断して所属加入する楽曲家のケースでは、固定給の儲けを出している人出が多いです。

楽団のレベルや個人個人の能力が根拠になってそのレベルに開きは生じるものの、トータルでは月額収入40万円、所得にして400万円がマーケット価格となっているのです。

木嶋真優さんの場合はかなり知名度高いしグローバルで才能が認められているので、

年収1000万円以上は勇に超えていると思います。

今後の活躍には期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク