タイワンハブの味や食べれる店!交雑や噛まれた時の対処法はこれ!【鉄腕ダッシュ】

「鉄腕ダッシュ」にタイワンハブが紹介される。

タイワンハブの味や、食べれる店、交雑や噛まれた時の対処法などを見て行きたいと思います!

タイワンハブとはかなり毒性が強く、危険とされていますがそのお味は意外とうまいと好評です。

そのお味はいかがなものか?

またタイワンハブが有名な場所は沖縄とされていますが、美味しく食べれるお店の場所はどこなんでしょうか?

今回はそんなタイワンハブの全容を見て行きたいと思います!

では早速。

スポンサードリンク

そもそもタイワンハブとはなんぞや?

沖縄と言えば蛇ですがそのカテゴリーの中でもダントツ有名なのがハブですね。

そうだとしても、今回アナウンスするのは タダのハブではなく タイワンハブ、台湾ハブと言われる カテゴリーのハブとなります。

この蛇はネーミングの通り台湾出身のフィールドに 生息してくれているハブで 現在では日本中にも生息エリアを 増加してきていると噂されています。

ここ数年は調査されている国内での 生息ゾーンは沖縄県で 現在の所は沖縄那覇や本島オンリーでの生息が チェックされているのではないでしょうか。

そうだとしても、沖縄本島では想像以上に 増殖進行している台湾ハブ。

最悪の場合では日本中に生息地を拡大してきてはヤバイですな。

国内での生息ゾーンが 広がらないよう駆除がおこなわれて いるはずです。

タイワンハブと普通のハブの相違点は 毒の強さと、牙の長さが 結構バラバラになってきます。

タイワンハブ(台湾ハブ)と 一般的なハブのギャップ性格も 攻撃性は強くないと言えますが、 タイワンハブは毒がヤバイため 噛まれたケースだと深くに関することまで毒が回る。

なので為すべきことがほとんどではないでしょうか。

性格がハブより好意的なので 死者はそこまでそんなにないとささやかれていますが やはり沖縄で増殖実践中なので リスクなことには変わりませんね。

スポンサードリンク

タイワンハブの味は?料理OK!?うまいのか?

沖縄では 林道では爬虫類から昆虫に至るまで。

食材だけじゃなくも相当な生き物を発見することができる。取り敢えず広範囲にわたって大勢いるのがヘビではないでしょうか。

沖縄の場合本土の一般的では困難とされる前後の頻度で大小のヘビと体験可能。

担当直入に申し上げるとハブの毒は人の血液に 入ってしまうとリスクですが 口から入る分には堅実だという事をご存知ですか。 ハブの毒は胃の内から無害なものに 分解されてしまうので最新の注意を払えば堅実。

どちらにしても鉄腕ダッシュの グリル厄介ではずいぶんと大胆です。

関心を持っているタイワンハブの 味となっていますが、 タイワンハブもありふれたヘビと 一緒の鶏肉にそっくりな味。

しかしながら、鶏肉と比較してもクセがなく 淡白であっさりしてくれているんです。

外観的にはクセが 想像以上にありそうです。

肝心な食べ方 となっていますが、やはり美味しいというプロセスがナンバーワンなのが「唐揚げ」と考えられている。

どんな動物でもそうだが一番ベターな食い方でもある。

食べ方に関して その他のヘビと変わり映えのないセンスでもあり、緻密な骨が普通で 食べるのがめんどくさいのが 厄介とは言えそこは 我慢するだけだと言えます。

タイワンハブは唐揚げや、白身を頂くのが最適でもありさっぱりとした味わいと考えられる噂を受けていたので、このこってり具合は推測外だった。

であってもうまいのでよし。

もっと言うなら食べたいと実感するような味だった。

ちなみに肉付きが納得できるのは背中で、そこ以外はおおよそ骨と皮だった。

ハブを食べるには何をおいても野生のハブを捕まえなければならない。

これに関しては言うまでもなくとてもリスクな活動なのだという。

そういった可能性を冒してまで食べるようなものかと問われれば疑問に相当する。

ショップで普通にお金を払い食ったほうがよっぽどバカではない。

タイワンハブはどれ位の毒があるのか!?

ハブといえば、沖縄県にいる猛毒のヘビと言われるインプレッションが普通ではないでしょうか。

奄美大島にもハブは生息しているそうですが、何はさておき暖かい南の島にいる毒ヘビと言われるフィーリングがある人がさまざまいるとなります。

ものすごい速さで飛びつきます。一瞬の速さではないでしょうか。

よけるのは不可能。数メートル以内に限って言えば対処するのは極めて困難だろう。

何年か以前に,沖縄本島から逃げ出したタイワンハブ。

繁殖力が想像以上にパワフルならしく,そのフィールドにはもう島ハブはまったくいなくなったそうです。

タイワンハブに支配されたとささやかれています。

全国の至る所で国内では大型の毒ヘビとなります。

頭部は結構、マムシなんていう風に一緒の三角形の頭が特徴的となります。

白~黄色地に黒く緻密な網目模様が見受けられますが、体色や斑紋にはゾーンにより変異が存在します。

夜行性だけど、曇りや雨の日は昼間でも行動しているときが存在します。

肉食性で、メインとしてネズミを食べていると推定されます。

毒自体はマムシより欠けているのですが、噛まれたケースで注入される毒量が多く見られるためリスクな毒ヘビだと断定できます。

腫れ、嘔吐、下痢、スピリット障害 と考えられている症状を引き起こするのです。

毒が体内に入ると、毛細血管を破壊して、血液の活動を壊してしまうようです。

そういう理由で、応急の手当て時点で血流を止めてしまうと、傷近隣の細胞が酸欠になって壊死するリスクが存在するので、緩めに縛ることが不可欠であるのです。

そうだとしてもあるいは、走ったり暴れたりして血流がアップし毒が全身に回ってしまうのもマターではないでしょうか。

毛細血管の破壊が大きくなってしまうので、安静にして、医療施設へいくことが重要だと思います。

ハブに噛まれて死亡することはあまりないと考えられていますが毎年恒例で噛まれている人が増加傾向にあると思います。

スポンサードリンク

もしもタイワンハブに噛まれたときにはどうする!?

ハブは何かと言ったら猛毒のインプレッションがあり、もし咬まれたら思っている以上に慌ててしまうかもしれないですね。

そうだとしても目下のところ、医療施設で全力で施術すれば死亡為すべきことはほぼあり得ないので、何はともあれ平穏無事に対処した方が良いでしょう。

ハブかどうかで判断するとにかくヘビから一歩一歩離れて、咬んだヘビがハブかどうかリサーチしましょう。

見分け方という形で、ウロコが緻密なのがハブでとか種々雑多でますが、咬まれたタイミングでそういったとこ見れるわけ存在しませんよね。

そのケースになると、とりあえず頭が三角の奴はハブのパーセンテージが高いとイメージしてした方が良いですよ。

もっと言うなら、昔からヘビがいないケースでは、見分けるのは困難を極めると断言しますが、ます傷口をチェックしましょう。

ハブはこれ以外のヘビと照らし合わせると牙が長く、咬まれると牙の跡が残ります。

咬まれ方に左右されて、3本ほどの跡になり、2本ほどの跡が当たり前です。

もっと言うなら、思い描いてるうちに数分でパンパンになってきて、焼けるような痛みを感じたら、これに関してはハブ毒ではないでしょうか。

近隣にバックアップを求め、ためらうことなく医療施設へ出向く。

近辺に誰かいるケースではサポートを求め、手早くクリニックへ向かうようにした方が良いでしょう。

これ以外には、顔や首と考えられるものを噛まれたシーンも、患部の腫れに影響を受けて呼吸難儀するパーセンテージも見受けられますので急いだほうが良いでしょう。

クリニックでは、いつ、どこを、どういった具合に咬まれたのか、咬まれてからどんな症状が出て、少し前からどういった症状が出現したのかを出来るだけ詳しく説明した方が良いでしょう。

今後の健闘を祈る!

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする