ときどの年収資産や彼女や結婚!由来や父母親がスゲえ!海外の反応は?【情熱大陸】

「情熱大陸」にときど(谷口一)さんが特集される。

ときどさんの今現在の活動はプロのゲーマーとして活躍されており、その年収や資産がきになる。

ときどさんは今現在、彼女の存在や結婚されているのか?

「ときど」のネーミングの由来や母親、父親の両親の存在もスゴい事がわかった。

ときどさんはアメリカを中心にゲーム活動をして様々な国際大会に出場しては実績を出してきた。

なので、海外の反応などもかなり高いレベルにある。

今回はそんなときどさんの全容を見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

ときどの今現在や武勇伝

本名:谷口 一(たにぐち はじめ)
生まれ:1985年7月7日 33歳
O型
出身:沖縄県 
学歴:東京大学大学院  中退

小学校のころからゲームにはまり、大学までゲーム一直線のライフスタイルでした。

17歳のとき外国の大会で優勝するのです。

東大の3年、4年のころは、依然ゲームに触れず、液体の質のアレンジに対する学習に夢中になり、国際学会で賞をとっていると考えられます。

とは言え、大学院の入試に失敗し、第2志望の調査科に入ったものの、情熱を傾けるというプロセスができず、もんもんという形でいたころスペシャリストの誘いが沿ったとささやかれています。

公務員試験の最終面談が迫っていたポイント、両親の会得でエキスパートの道に。 母方の祖父が金秀創業者の呉屋秀信氏と把握したとしてもピンときませんが、沖縄で多岐にわたる事業を推し進めている財産1400億『金秀グループ』の創業者で、ちょっとした鉄工所から巨大な金秀グループを築き上げた評価の高い人間と考えられます。

ときどさんは1998年ごろから行動している格ゲープレイヤーではないでしょうか。

主にストリートファイターなど、幼い頃から格闘ゲームに親しんできたキャリアを持ち、数々の大会に出場。

日本を代表するベテランゲーマーの一人という形で絶大な知名度を誇っていると推定されます。

そういったときどさんが、参加するチーム「Echo Fox」のインターネットサイトはいろんな角度で知名度が存在します。

彼のプロ・ストリートファイタープレイヤーという身分での経歴はストリートファイター4から始まり、彼のスタンスとプレイスタンスはためらうことなくコミュニティにインパクトを及ぼしたわけです。

彼が国内の格ゲー5神の一人という形で呼ばれているチャームポイントは彼の大会での成績においては明らかで、12回のCapcom Cupで彼が2位未満の成績 を取ったのはわずか二回となっており、世界ランクでも2位に位置するくらいだと思います。

数々の大会で優勝体験を持ち合わせています。

2017年7月には、格ゲー界でも最高峰の大会と名の知れたEvolution Championship Series 2017(EVO 2017)で、2000人を上回る中から優勝。賞金392万円を勝ち取っていると推定されます。

プロゲーマーという形では決して若くはないときどさんとは言え、ここ数年は最前線で戦っているのは現実的に凄いことだと言えますね。

依然沖縄へ行くことがあると言われます。

沖縄で誕生したときどさんとは言え、他には手早く神奈川県横浜に引っ越するのです。

その他には近年東京都中野区にて暮らしていると思われ、配信もこちらから繰り広げていると噂されています。

そういったときどさんの肩書という形でよく表現されるのが「東大卒プロゲーマー」。従来は著書『東大卒プロゲーマー 論理は実際のところは、情熱にはかなわない』を出版したこともあるでしょう

しかしながら、ときどさんの調査内容をみる限り、父親のインパクトは大きく受けていないように考えて間違いありません。

ときどさんがゲーマーの道に進んだことに関連して両親は賛同のようで、大学院を中退してプロゲーマーになったケースも両親がレコメンドをしてくれたことが励みになったとささやかれています。

スポンサードリンク

そもそもプロゲーマーとは?

プロゲーマーとして人気を博しているときどさんは、プロになって4年で、食べられる程は稼げていると推測されます。

といわれるものの、アメリカで行われる世界決勝大会での優勝賞金は約1440万円で、ときどさんは30日に1回くらい世界中の大会に出て賞金で収益を得ると考えられています。

並びにスポンサーギャランティ。ゲーム発展の提案やイベント出演等の雑ギャランティ。

その三つが柱とのことで、ざっくりイメージしても1億!

だとしても、現役のゲーマーという身分では、瞬発力がものを言うと計算するので、実行できて40歳位までではないかとイメージしてしまうのです。

囲碁将棋と言えるものは、ゲームと似た瞬発力はいらないと思うので年をとっても不可能ではありません。

頭脳系って、若いうちは、ほとんどセンスせずとも可能なかもしれません。

当然のことで個人差の需要はありますが、体力が減少するにともない頭も若いときほど回らなくなってくると断言します。

外資系の金融のディーラーやユーザーなど、稼ぐだけ稼いで40歳位でリタイヤする人も少なくないようなので、30歳位のダントツに可能なときに収益をあげるだけ稼いでおかないと、若いつわものが次から次へと出てくると思われます。

このときどさんの母方の実家は、実業家の家と言う理由から、ゲーマーがダメになったと考えても、そちらのグループ企業に労働することもアリではないでしょうか。

当然東大卒の肩書が存在するので、評論家になるとか、著書を多量にあって出版するとか、勿論の事ゲームの設計、スペシャリストのゲーマーのトレーニングとか多種多様考えられなくもないですね。

自分自身のキャラの意向で、タレント行動もアリです。

話を聞くと、プロゲーマーシーンが高まっていて、月給制ではないでしょうか。

1日8タイミングゲームのトレーニングで月給を頂きます。

一応、自宅勤務ではなく通勤していると聞きます。

ゲームをルーチンワークにして、自分のしたいことでお金を稼ぐなどいわば若者の憧れですね。

⇒Shinji(シド)の結婚や彼女!ギター機材やラーメン愛と杉本善徳に似てる!?【有吉反省会】

ときどのネーミングの由来はいかに?

本名は「谷口一」なのに どういう理由で「ときど」になったかと言われると、 中学時点で経験がない状態で参加したゲームの大会で ジャンプキックと呼ばれる、別名(とんできっく) と闇払いと言われる持続技しか使わず その事情を見た友人から「ときど」と熟知されたそうです。

つまり、ゲームのプレースタイルから ついたもののと言われますね。

このゲームスタンスは、 何をおいても勝ちにこだわるスタンス。

このプレースタイルでスペシャリストになりたてのケースになると ”勝ち”にこだわり過ぎ、「とてつもないけどつまらない」 「面白くない」など、批判されることも添ったそう。

そういったプレースタイルで、 国内では氷河期と同様に寒く、 派手さがなくてつまらないと、 海外ではプレイ中の表情が 殺し屋に映るとの事から マーダーフェイスなんていう風にあだ名がつけられていました。

実際にコワイ 現実的にはスポーツと一緒で、 向かっている人が時間を掛けて楽しめるプレーじゃないと 観客は支援してくれないと思います。

それと同じ様な批判もあり、 ときどさんのプレースタイルはアレンジ。

目下のところ強さに限定されることなく、 観客を沸かせるプレーをみせ、 国内中外、世界中のゲームファンから人気を博しています。

スポンサードリンク

ときどの年収はヤバい!

コミッションは ・大会の賞金 ・プロチームのサラリー ・インターネット配信等の出演料 さらには、大会で優勝と言われるものをしているので チームにも想像以上に貢献されてますもんね。

国内のありふれたプロゲーマーのサラリーがいくらなのかはわかりました。

おおむね468万円となります。 まあまあもらっている方なんじゃないのではないでしょうかかね。

中年サラリーマンより少したくさん程度じゃないのではないでしょうか。

ちなみにプロゲーマーには他にもギャランティはあり、とてつもない大会で優勝するなどして大金を儲けることが可能になります。

今回のときどさんが加入した『Evolution2017』のストリートファイターカテゴリーの優勝賞金が400万円くらいであるとのことですから 先の468万円にアドバンテージですがここまでくるとサラリーマンより稼いでいることだと考えます。

世界一位というだけ合ってときどさんがゲームでどの位稼いでいるかはビックリするぐらい関心を持っているポイントではないでしょうか。

流石に従来の生涯獲得金額は認識しませんでしたが、過去3年間の大会で得た賞金に関しては2015年、165万円、2016年、392万円、2017年、1195万円、ですね。

一般的に日常生活していくのにはひとつとして困らないはずです。

ちなみに、ときどさんの加盟するEcho foxは給料制ではないでしょうか。

インパクトを出さなければ食べていけないプロゲーマーの世界でも異色の体制とは言え、これから先はそういったスタンスのチームが拡大してきていくことも考えられます。

⇒ラルクtetsuyaの子供や本名と元彼女!年収や機材と不動産がエグい!【アウトデラックス】

ときどに彼女や結婚の噂は?

33歳のときどさんはここ数年は独身。

結婚はしてないと考えられます。

父親は画期的なおおきなランクを踏むべく、 「結婚すべき」と言っています 「結婚していいお嫁さんをもらったら、これまで以上に強くなる」と 結婚に向けて熱く息子を諭していると聞きますが 今現状は全くもって結婚する予定はないといわれていますね 。

彼女さんは今はいないと断定できます。

ふつう、ゲームは遊び道具と言う理由から、だからこそ食べていけるのは、実際に一握りとなります。

ファクト、トライしているところをチェックしてみたいですが、結構なキレ者ではないでしょうか。

ときどの父親母親もハンパない!

ときどの母親や父親もハンパないですね。

父が全面支援と第してときどさんのファミリーは4人ファミリー。 父親は国内最高峰の医科大学の一部分。

東京医科歯科大学の教授なのだという谷川尚さん。

母親は同一の歯科医のユキコさん。

姉はあやさん。

これだけでもドクター家系でスゴイのですが 母型の祖父が沖縄県の一流法人 「金秀(かねひで)グループ」の創始者なのだという 呉屋秀信さんなんだろうと感じます。

父親は想像以上にそこにすれば寛大で、 ときどさんが 大学入試の学習をしてくれている時、 今までいろんな大会に出場してきた ときどさんとは言っても、 この大学への学習をトータルして、大学、雇い入れ、 これから先そーゆうライフスタイルが進行するとわかっていて、 ゲームの大会には今から出場できなくなると考えました。

と言う理由から最後のタイミングとして父に交渉するのです。

ロサンゼルスで最初に開催されるゲームの大会 「Evolution Championship Series(Evo)」の一員として、優勝してみたい。

戦わせてくれたら、帰国してから学習に集中可能。

それを聞いた父は、 「実践してこい」と言ってもらったり、 プロゲーマーの道を進行するか悩んでいたシーンも 父親にカウンセリングしたりなど、 まさにときどにとってはメンター的な存在。

どんなわけで、こんな対応をしたのかと考えられると 父親も加えて夢追い人で 音楽家にあたる事が夢だった経験上 何かに情熱を向ける事はいい事 とイメージしていたんだそう。

まさにメンターだ。

スポンサードリンク

ときどの海外の反応は?

従来のときどを把握する格闘ゲームファンなら、これがどんだけ苦難の道のりだったのか判別できるはずだ。

「パンクが強敵だった」それに匹敵するだけで済む話では欠けている。格闘ゲーマーの内からは「泣いた」と言われる声も多かった。

例年1000人以上が加入する超激戦区のカテゴリーだが、担当直入に申し上げると日本人が優勝するべきことは珍しいことではない。ゲームという文化が根付いている日本中には、カリスマのウメハラを筆頭に多方面にわたる強豪ゲーマーが存在する。

ファクト、ストリートファイターカテゴリーは、今日この頃だけでもウメハラが連覇、2011年と2015年にも日本人が優勝してくれている。

とは言っても、この大会で優勝でここまでとてつもない盛り上がりを見せたのは昔は結びつかないことだ。

どういう理由で、ときどの優勝は各地にをこれほど感動させたのか――EVO2017の中で起きた劇的な展開は素晴らしくだが、それに匹敵するだけでは説明しきれない。

この圧勝のバックグランドにあるのは“長らく苦楽を共にしてきた友の存在”や、“キャパシティーに頼らずに積み重ねたトライ”と言われる王道少年漫画と一緒の「友情、トライ、制覇」の展開が合致したことを、古くからの格闘ゲーマーは心得ているはずだ。

彼を渦巻く海外の反応もハンパないものがある。

今後の活躍に期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする