アンビリバボー

ユーバーリンゲン空中衝突事故の真相と管制官のミス!カロエフは無念!【アンビリバボー】

投稿日:

「アンビリバボー」にユーバーリンゲン空中衝突事故の真相や管制官のミスが原因で事故は起きたのではないか?と言うことです。

 

ユーバーリンゲン空中衝突事故の真相と管制官ピーター・ニールセンの不注意で事故が発生したことが明らかになっています。

 

ビタリー・カロエフと言う人物が被害者の遺族でもあり、どうもこのユーバーリンゲン空中衝突事故の真相や陰謀説には殺人絡みの事件事故となっています。

 

今回はその裏側をピックアップしていきたいと思います!

スポンサードリンク

ユーバーリンゲン空中衝突事故の真相や陰謀は?

まず、シュワルツネッガー主演の映画「アフターマス」がこの事故の再現として公開されています。

 

この事故は2002年に起きドイツのユーバーリンゲンの上空で2機のジェット機が追突しそのまま墜落したという信じがたい事故です。

 

上空で2機のジェット機が激突するような事故なんて起こり得るのかというぐらい衝撃的な事故なんですが本当にそのタイミングで衝突してしまったわけです。

 

この事故により2期のジェット機合わせて合計70名以上の乗員乗客が死亡しそのうちの半分以上が子供だったということです。

 

ドイツ上空を飛んでいた2機のジェット機は当時管轄を行っていたスイスの管制官のアンバランスの通信措置により結果的に管制官のミスと判明されその真相が問われています。

 

詳細をなぞっていくと管制塔とのやりとりで当時の規律違反などが見つかっておりコックピットと管制ルートの何らかの通信でどこか違反を犯すような措置を行っていたと推測されます。

 

この時にその管制塔でやり取りをしていたのがピーターニールセンという人物でこの人物がこの事故の今後の影響を及ぼす最重要人物だということです。

 

規律違反を犯したということでどういうことをこのピーターニールセンがやっていたのかと言うとコックピットのやり取りを一人で行っていたということです。

 

通常、管制官や航空会社での規律を見ても一人でコックピットとのやり取りを行うのはリスクが生じ絶対に禁止されている行為ではあります。

 

しかしながらこのような規律を全く無視して日頃のライフスタイルから一人でやり取りを行っていたという暗黙の了解みたいなものがあったそうでいわゆる黙認されていたそうです。

 

このことが管制官とジェット機のコックピットのやり取りに支障がきたしどこかバランスを崩して衝突の原因になったと証明されています。

 

つまりこのピーターニールセンの業務を一人でやったということで通常複数でコックピットとのやり取りを行わなければいけないゲームを誰も監視する人間がいないということで全て一人で担当していたということでそこにミスが生じこの事故につながったということです。

 

このことを知った遺族であるビタリー・カロエフは ピーターニールセン謝罪を求めたがこれを彼が拒否したためとんでもない事件に発展しています。

スポンサードリンク

ユーバーリンゲン空中衝突事故は管制官のミス!?

すべては管制官のミスからといっても過言ではないんではないでしょうか。

一応8年ほどのベテランということでスキルや能力的にはあったそうですが的確にコックピットに対し指示を行わなければいけない関西館の役割は相当な見極めや決断力が必要でありそれを日頃から暗黙の了解で一人で操作をしていたということはすべてこの管制官の決断にジェット機の命が委ねられるということです。

 

なので必ず複数の業務を担当するように日頃から規律としてあったそうでそれを怠った彼らの行動はあまりにも愚かです。

 

当時のジェット機の中の機長も管制塔からの指示や合図などを座標としてジェット機を操縦しているわけですから一つの指示ミスがあれば全てがバランスを崩すという相当なリスクを負うわけです。

 

ジェット機を操縦していた機長らは何らかの異変に気づき早急に自分たちでバランスを保とうと決断して空中衝突防止装置などを使い自動的制御に切り替えたそうです。

 

あくまでも基本に忠実になって今の極致を脱しようとした彼らは勇敢でありパイロットとして出来る限りのことをやっていたと思います。

 

しかしながらだんだんと2機が接近していくにつれて、全く操縦している自分の飛行機が降下してないことに気づいた機長は全ての制御がバランスに寄って狂いはじめメンタル的に判断ができなくなって管制塔にヘルプを求めたと言います。

スポンサードリンク

管制官ピーターニールセンはサイコパス野郎なのか!?

最終的に管制官のピーターニールセンが被害者のカロエフに殺害され事件の概要が明らかになったと言われていますがなんともジェット機の墜落事故から殺人事件にまで発展している前代未聞の事件と事故ではないでしょうか。

しかも後になってわかったことですが管制官を担当していたスイスガイド社の当時の設備に何らかのトラブルが発生していたらしくやはりそれが影響してコックピットとの制御が不可能になったんではないでしょうか。

 

事故の責任者として損害賠償の対象になったピーターニールセンはこの衝撃的な事故の後に職を追われ辞任しています。

 

当然といえば当然の結果ですが遺族の中ではこれでは当然収まりきれず彼にその責任を問う行動に出てピーターニールセンの自宅を訪れたと言います。

 

それが当時ジェット機に乗客として乗っていた妻と二人の子供を失ったビタリー・カロエフです。

 

当然家族はピーターニールセンに対し謝罪を求めましたが彼がこれを拒否したため軽くの怒りは爆発しそこからふたりで衝突してしまったということです。

 

妻子を失った彼に対して家族の写真を提示し謝罪を強く求めたがピーターニールセンがこれを嘲笑うかのように拒否したためカロエフは彼を殺害したわけです。

 

そして8年の刑を裁判から言い渡され刑務所に服役していたと思われます。

 

ただこれも後になってわかったことですが当時ピーターニールセンを殺害した彼はあまりにもショックとメンタル的に激しい怒りと失望感が募っていたということで精神的に喪失になり社会に対して責任能力がないと断定され8年間の刑務所暮らしが5年に短縮されたと言われています。

 

そして今現在刑務所から出所した彼は母国のロシアに帰国し最愛の妻と二人の子供を失い残りの人生を全うしているんではないでしょうか。

 

ただ否定的な話もありカロエフ が最初から凶器を持ってニールセンの自宅に入ったということで最初から殺意があって謝罪を求めに行った可能性が高くこれについても奇怪的な意見があります。

ビタリー・カロエフの今現在はいかに?

さてここでカロエフの今現在は何をしているんでしょうか?

すでにロシアで生活をしているものと思われ噂では建設関係の仕事をしていると言われています。

 

事故当初は半端ないショックで人生の絶望を抱えていた彼ですが今現在は当初と比べ立ち直っていると言われており母国ロシアにおいて建設省の事務次官になっていると思われます。

 

とても素晴らしい仕事ではないでしょうか。

 

確かに彼が経験した衝撃的な事故は人生においてとても忘れられない出来事だったとは思いますが、世界も彼を同情したんだと思いますし、アメリカのハリウッドからオファーを受けたと言う功績もあります。

 

そんなこともあり世界中の人が彼の悲しさを共感し映画界のハリウッドまでもがメディアとして彼に注目したわけです。

 

このように非常につらかった過去の経験とは裏腹に今現在は非常に成功して豊かな人生を歩んでいるのではないでしょうか。

 

とにかく今後もなくなった最初のために全力で残りの人生を全うして欲しいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

 

 

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

-アンビリバボー
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.