爆報フライデー

リチャードカーペンターの今現在と子供(娘)や病気だった!?結婚(嫁)はどうか?【爆報フライデー】

投稿日:

「爆報フライデー」にリチャードカーペンターが登場ですが、子供(娘)や結婚(嫁・妻)の今現在は何をしているんでしょうか?

 

リチャードカーペンターには病気などのキーワードがありますが、過去に病気をされていたんでしょか?

 

リチャードカーペンターは最愛のカレン・カーペンターとユニットを組み世界的に有名なカーペンターズで名を轟かせたわけですが、カレン・カーペンターの悲しすぎる死で当時はショックを受けたに違いありません。

 

そんな彼のこれまでの経緯やプライベートに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

リチャードカーペンターの経歴プロフィールや生い立ち

カーペンターズはグローバルレベルで有名なユニットとして位置づけています。

 

中でもカレンカーペンターズとは身内とは思えないほどの仲の良さで多くのファンから愛されてきました。

 

そもそもこのユニット自体当時はカレント結成して音楽をやっていたわけではなくリチャード自体が他の音楽仲間とともに活動をされていました。

 

カレンもまた幼少期から音楽の才能がありボーカルとドラムを叩くミュージシャンとして活動してきました。

 

当時はメディアなどに出演して女性がドラムを叩く姿が新鮮であった時代でもあり相当な知名度になっていたものと思われます。

 

その頃にはメロディアスな音楽よりかはロック系のミュージックが流行していた時代でもありカーペンターズはどちらかといえばそれに反した音楽をやっていたと思われます。

 

ただリチャードカーペンターズが目指していた音楽性はロック系の激しい系ではなくどちらかといえばメロディアスな音楽を追求していたためにカレンの天才的なボーカルに魅了され彼女とユニットを結成したと思われます。

 

元々親が音楽好きで家庭内でもよくメロディアスな音楽が流れていたと思われておりリチャードカーペンターズも幼少期から音楽の才能に溢れていてすぐに楽器も弾けたと思われます。

 

カレンカーペンターズがなぜ女性にもかかわらず体力のいるドラムに着手したのかは周りの環境が影響を受けたと思われます。

 

元々彼女は女性らしいピアノとかにはあまり興味がなく学生時代に引っ越した環境の中で友人と遊んでいるうちに音楽というものに目覚めたと言われています。

 

そこでドラムの魅力に心を奪われた彼女はとことんドラムを追求してチャレンジを繰り返して行きました。

 

当時の彼女曰くプロのスカウターはこの頃から彼女のドラムのテクニックやボーカルの歌声はプロ級だったと絶賛しています。

 

この頃から彼女にもプロとしてやっていくと自覚が芽生えカーペンターズ結成時には相当音楽に対してはストイックで完璧主義を貫いたと言われています。

 

一切の妥協をしない二人の音楽はレコーディングはもちろんライブ活動でも一切の妥協はしなかったと言われています。

 

その後カレンはビジネスで成功している起業家と結婚して家庭を持つが後に離婚しています。

スポンサードリンク

リチャードカーペンターの今現在はどうか?

リチャードカーペンターズの今現在が気になりますが母国であるアメリカのロサンゼルスで結婚した妻と子供で幸せに暮らしていると思われます。

 

今現在でもカーペンターズの楽曲は有名で日本でもドラマの主題歌として使われておりました。

 

カーペンターズの公式サイトでは未だにリチャード自身が多くのファンに向けて自らが返信をしているらしくまだまだ現役で活動しています。

 

このようなことを自らしてくれるファンクラブもないと思うのでコアなファンからしたら相当嬉しいと思います。

 

時には自分の娘と共に音楽をやったりプライベートでも家庭を大事にしているリチャードですがカレンを失った時にはひとつのキャリアが幕を閉じたと明かし彼女の存在の大きさに涙していました。

リチャードカーペンターの結婚(嫁・妻)はどんな人?

リチャードカーペーターの嫁や子供は5人の子供を養っていると言われています。

 

オンライン上では何故かリチャードとカレンが結婚しているのではないかという噂もありますがこれは紛れもなく事実ではありません。

 

そもそも身内同士ですからそのようなことはないと思われますしあまりにも仲が良かったせいかそのように移ったのかもしれません。

 

今や5人の子供の良き父親でもあるがゆえに家族を大事にして幸せな生活を送っているものと思われます。

 

やはり妻も5人の子供を支える母親でありながらと同時にリチャードを支え続けているでしょう。

 

ちなみにカレン場合は30代に不動産関係の実業家と呼ばれているトムパリスと呼ばれる人物と結婚し数年で離婚してしまいました。

 

このような経緯になったのも色々な事情があったことだと思いますがやはり一番影響したのは彼女自身の体調ではないでしょうか。

 

2年の結婚生活ではあったのですがその中で過食症に見舞われたカレンは薬の乱用とともに体調が痩せ細っていくこのことが後の彼女の種に直結したと思われます。

 

元はといえばこの過食症の原因になったのは同じ身内のリチャードの一言が原因で彼女はそのように思ってしまったと言われています。

 

リチャード自信がカレンにちょっとポちゃってるよという一言をいったために彼女の人生が激変してしまったのかもしれません。

 

基本的に考えて男性は痩せ細った女性よりも健康的でちょっとぽっちゃりしているような女性が好みなので自分の好みをカレンに押し付けてしまった原因かもしれせん。

 

今思えばこの一言が全ての発端になりリチャードカーペンター自身も相当な悔いを残していると思われます。

 

この一言を言ったか言わないかでカレンの人生は変わっていたかもしれません。

スポンサードリンク

リチャードカーペンターの妹カレンカーペンターの死が悲しすぎる!

最愛の妹であるカレンカーペンターの 死を乗り越えなければいけないリチャードは相当なメンタル的ショックを受けたと思われます。

 

今現在嫁と娘とでライフスタイルを築いていますがそれと同時に音楽プロデューサーとしても仕事をしています。

 

当時カレンが亡くなった年齢は32歳ですが健康的でぽっちゃりしていた時とは明らかに表情が違っていました。

 

過食症という病気がそれほど話題になっていなかった時代ですからカレンの子は相当な世界的な規模で話題になったはずです。

 

彼女の死で過食症という病気が知名度を上げ女性が気をつける病気の一種として今では多くの病気として取り上げられています。

 

基本的に過食症というのは過度なダイエットが根本的原因ではなく精神的なストレスからくるメンタルブロックがかかりそれが体とともに悪影響を及ぼしていくと言われています。

 

はたからみれば当時のぽっちゃりしていたカレンは健康的で誰しもが認める美しいボーカリストであったのですが異性から少し太っていると言われたらどうしても女性はそのことが敏感に反応して第三者からそう思われているのではないかという風に錯覚をしてどんどん自分を追い込んでしまうようです。

 

特に彼女のような見られる仕事をしているのであれば尚更第三者からの目線や自分のコンプレックスに相当な反応を抱くのは当然のことではないでしょうか?

 

ただこのことが命にも直結するようなことだとは誰も想像していなかったでしょうしリチャード自身も普通にひとこと声をかけた程度だと思いますのでまさかの出来事ではなかったのでしょうか。

 

とにかく世界的有名な女性ボーカリストの一人をなくしてしまったわけですから音楽業界に衝撃が走ったのは間違いありません。

スポンサードリンク

リチャードカーペンターの子供(娘・息子)は?

リチャードカーペンターの子供は5人いますがその中でも娘のミンディカレンカーペンターは父親と共演することもあったそうです。

つまり親子でメディアに出演しアメリカ中でも話題になったことがあります。

 

この時に彼は、

 

「娘とテレビの生放送で演奏するなんて米国でもやったことがないんだ。とても楽しみにしているよ」

 

と語っています。

 

娘のミンディカレンカーペンターはミュージシャンではなく冬至父親と共演した時には高校生だったと言われています。

 

なぜ彼が娘と一緒に共演をしようと思ったかと言われれば娘は普段から家でも鼻歌や音楽を聴いて歌っている姿を聞いてその才能に気づいたと言われています。

 

つまり妹のカレンのようにボーカリストとしての才能があると気づいたリチャードは一度共演をして彼女の才能を確かめたかったのだろう。

 

もし彼女がボーカリストとしての才能が本当にあるのであれば第二のカレンのように活躍してくれることを願うばかりです。

リチャードカーペンターは病気で手術をしたのか?

カレンの死はあまりにも有名ですが実はリチャードにも過去に病気になっていたことが明らかになっています。

 

その病気とは薬物に手を出してしまいさらにはアルコール依存に陥ったと言われています。

 

やはりその背景にあるのは妹を失ったショックから精神的にめちゃくちゃになりメンタルが制御できなくなった可能性があります。

 

当時は何度もアルコールに逃げていたと言われています。

 

一度このようなものに手を出してしまうと正常に戻るまでかなりの時間を要すると言われていますし体がそもそも言うことを聞かないので精神が安定するまで一定レベルの訓練が必要になってきます。

 

このような事態になるとメンタル的な不安や眠れない日々が続き何度も幻覚を見たり妄想を抱くようになります。

 

薬物依存の場合はこのようなリスクが常につきまとい自分の体を滅ぼしていく危険性があるのです。

 

彼はなぜこのようなものに手を出したのかは当然当時は精神が安定することは困難であったと思われますがどうにかして時間とともに乗り切ったと思われます。

 

妹の死から数十年が経ちますが時間が経つにつれて精神も安定してきて今後も このような病気になる可能性は無きにしもあらずなのでメンタルだけは正常に保って欲しいと思います。

 

過去には色々な経験や体験をしてきていますが今後の人生を自分のために生きていていただきたいものです。

 

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-爆報フライデー
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.