半田菜摘(写真家)のカメラがスゴい!年収や結婚と写真展も感動!【セブンルール】

「セブンルール」に写真家の半田菜摘(はんだなつみ)さんが登場です。

半田菜摘さんの今現在は写真家として愛用のカメラや、写真展なども旭川に存在しています。

半田菜摘さんは結婚されて旦那(夫)、子供などはいてるんでしょうか?

半田菜摘さんの年収や稼ぎなどもきになります。彼女の写真展とはどんな芸術なんでしょうか?

そのへんをピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

半田菜摘の経歴WIKIプロフィールや武勇伝!

ネーミング:半田菜摘(はんだなつみ)

生まれ:1986年

出身:北海道旭川

半田菜摘さんは子どもの時代から オートマティックに囲まれていて生き物が間近にいたのだそうです。

彼女は北海道のフォトグラファーで自然界動物のスナップ撮影を長期に亘って映しています。

彼女のフォトに目を通していると、生き物がお好みなんだなといったようにも感じる。

シーン写真は勤務先に行き来した出現率だけハイレベルなスナップ撮影が撮れるといわれるが、生き物写真も一緒のことです。

生命体の見ることができるスポットに通った出現率の多さが彼女のフォトから顔を出せる。

大好きなのでこそすることが可能なことが想定できます。

オリジナルの最も好きだと言えるものをするようにしようと考えながらフォトを見て巡廻した。

在学中は看護のプランを志し 看護スタッフのライセンスをゲット。

その一方で スタート業務での ネットワークに苦しい思いをさせられ そのエリアの旭川市に返ってきます。

そういった時に周りの人からアナウンスされたワンカット写真に ハートを掴まれ半田菜摘さんもフォトを撮り行います。

半田菜摘さんはほんのちょっと前から北海道旭川で医療従事者をしながら フォトグラファーとしても前向きに注力しています。

なんと言うか2足のわらじですばらしいです。

まだ小さかった時より、長期間に亘ってアウトドアを愛していた。それぞれのセンスのあるワンカット写真に目を通している間に、こちらも同じシーンを見てみたいと感じるようになりフォトをおこなう。

スピーディーに立ち回る被写に悪戦苦闘した。

そしてその困難さに、我に返ると完全燃焼でいた。

その時からは自然界動物をフィルムに焼き付けるように見舞われてしまった。

自然界動物を選定し出逢えた時の楽しみと、実情を知るメリット、それからドアを切るまでのエネルギー。

その思いつく限り全てがエキサイティングになっている。このフィーリングはスナップ撮影に行くたびに察知できる。

生き物とのコンタクトに感謝の意で写真をされている。

スポンサードリンク

半田菜摘の愛用カメラはこれ!

半田菜摘さんが愛用しているカメラは ニコン『D850』

ニコンのテクノロジーの詰まったとでもいうべきD850のワンカット。

マーケット、生命体 それに留まらずムービーキャプチャー こういうニコン『D850』という意味を 半田菜摘さんはPC端末をコネクトするニコンのアプリケーションソフト「SnapBridge」フォローで高機能携帯電話と関係を持ちながら、カメラから距離を置いたポジショニングでも、ドアが切れてピント合わせもスマフォを接するのみ。

それらの他にも感受性やシャッターステップ、絞りまでスマフォのウィンドウから作製出来るとでもいうべきもの。

自然界動物に慎重にキャプチャーしたい時にとっても役割を果たします。

まぁまさに、ピントも一点集中してユーザーの割合を拡大させてくれるアイテムだと思います。

半田菜摘の写真展がスゴい!

半田菜摘さんは自然界動物や自然界風景などを撮影している方だろうと感じます。

インスタグラムでひょんな事から認識したのですが、インターナショナルフォトコンペティションでも賞をとるハイレベルな人だろうと感じます。

インスタグラムに推薦されているスナップ撮影は、インパクトあるもの、惹きつけられるもの、チャーミングなもの、ビックリするほど多数あってどれもハイレベルなフォトだけだと断言できます。

どういうやり方をすればこのような内容のファーストインプレッションが撮れるのか?

とでもいうべきフォトも見られます。

人並みが、北海道が、生命体がそれはそれは好んで、どれも好んでなければ映すことができないスナップ撮影ではないかと考えます。

フォトに左右されずに、お世辞無しで一流のヒューマンはどれもこれも自身を愛しているんだと言って間違いないでしょう。

北海道の天然動物たちを好きでなくちゃ映すことができないフォトだと感じ取りました。

なんといっても何度閲覧してもハイセンスなフォトだけだと言っても過言ではありません。

個展の状態をスナップ撮影にとってSNSなどを利用して取り上げるのは気にすることはありませんというわけで何枚か撮らせてくれたのです。

スタイリッシュな写真展とイメージしたのは、自然界がお目当ての自身だからだろうと感じます。

お勧めできるわけはファッショナブルなフォト展だったのです。

スポンサードリンク

半田菜摘は結婚して旦那(夫・子供)はいるのか!?

半田菜摘さんのファミリーなども調べたのですが、ご自身が確実に公開しているものは見受けられませんでした。

1つだけ 半田家の貴重品と言って公開されているのが殿という名称の柴犬ではないでしょうか。

それに加えて、嫁入りされているのかも興味を惹かれますよね。

トーク番組のレポートにカメラを手に入れられるディスカッションを旦那にした、という声が見受けられますので、嫁入りはされているのではないでしょうか。

愛犬を抱えている男性に同調して仲良く写っているスナップ撮影を見つけることができた。

フォトでみる限り2人共同してアウトドアを過ごすようにして見られるように感じ取れます。

医療従事者の勤務時間はハードワークではないかと考えます。

余暇活動としてカメラをやるなら解せますが、フォト展なども積極的にされていてるしハウスワイフの形でのメインの仕事もあると言って間違いないでしょう。

スポンサードリンク

半田菜摘の年収や稼ぎは?

フォトグラファーと写真家の違いだが米国など英語圏では、写真家とは呼ばずフォトグラファーと言われるのが当たり前です。

またわが国ではスナップ撮影をルーティンワークにしている人をプロフェショナルのカメラマンと言って、テレビチャンネルではTV局のキャプチャーを行う従業員をカメラマンと言いますが、写真家はあくまでスナップ撮影をメインの仕事にしているヒトという特性があります。

広告代理店や印刷業者などで役目を果たしていますが所得はその仕事場の他の従業員と同じ様なのが当たり前です。

ですがフリーで働く人のカメラマンや写真家の収入はそれこそ成功と失敗で、所得1000万円以上を売り上げているカメラマンや写真家もいるというわけです。

一括りにして写真家と言ったとしても、被写のジャンルが原因となってこれっぽっちもビジネスを変えてしまうことが写真家の一風変わった常態です。

大差無いカメラマンと言ったとしても、潤沢なことが認識でき、収入にも開きは生じることが見つかりました。

これを機に、細部にわたって己はどの写真家になりたいのか、といったケースにおきまして腰を深く折って思案してみるのも問題ないと思います。

写真家の生まれ別収入見こみ推移と所得ボーナス見込みに影響を受けるサラリーや月の総収入と賃金インセンティブをデータと比較対照すると最高限度まで給与をもてなす50歳を超えたサラリーが約500万円となったのです。

なお一層写真家で現在の仕事の30過ぎのサラリーは概ね380万円ほどと予測されます。

かなり厳しい世界ですね。

彼女のケースでは個展や写真展を自分で開催されているので、少なくとも素人ではありません。

作品でお金が取れるほどのスキルがありますので、看護婦と合わせると最低でも500~600万ほどの年収はあるんではないか?

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク