爆報フライデー

あご勇の結婚(嫁・妻・子供)や年収がスゴい!ギャグや死亡してた!?【爆報フライデー】

投稿日:

「爆報フライデー」にあご勇(あごいさむ)さんが登場します。

 

あご勇の結婚や嫁(妻)や子供の有無と、今現在はバスの添乗員と言うことで年収などはどうなのか?ギャグや死亡していたと言う噂もあります。

 

あご勇の今現在の活動や結婚して嫁(妻)子供はいるのか?

 

あご勇のバス添乗員の評判や口コミなどは?稼ぎなどは?

 

あご勇の様々な範囲から見ていきたいと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク

あご勇の伝説や武勇伝はいかに?

本名:鵜沢 勇(うざわいさむ)
生まれ:1957年8月14日(60歳)
出身:千葉県

彼の芸能人としての認知はザ・ハンダースを結成したわけです。

 

当時はこのユニットが売れて、お茶の間をかなり騒がせていました。

 

そんな当時などに於いてビギナー賞をゲットしましたがユニットのメンバーという形で快進撃していたのは、そんなに長くは続きませんでした。

 

その後は、芸能界を引退してゴルファーチャレンジしたとささやかれていますが、そんなことも虚しく、再度過去のユニット、ハンターズの同じメンバーと言われるとともに、お笑いコンビ結成に至りました。

 

所詮、売れるわけがないとだれもが予測していましたが、結果は全く違う結果になり爆発的に売れたんですね。

 

しかし、そんな売れっ子街道を爆心中に予測されていなかった病院生活をチャームポイントに 80年代を最後に行動を休止したわけです。

 

その他には、再度芸能界から姿を消し、過去にはセールスもこなしていましたがルーチンワークがかなり過酷な訪問販売でした。

 

とは言っても報酬はパーフェクトに完全能力制で休む間もなく契約までにいたることはないと考えられるシビアなセールスで、最近では新規のセールスに職場を変えた。

スポンサードリンク

あご勇の今現在はバス添乗員なのか!?

あご勇は、全国各地旅行に可能な添乗員の資格を入手し、バスガイドという形で奮闘中ではないでしょうか。

 

過去には今の会社にはいる時に、紹介でにゅうしゃしては今後の仕事に活かせると思い、資格をゲットしたと言う理由です。

 

彼は訪問販売とかのセールスなどの経験もあり、人前でコミュニケーションすることは得意でも合って、あっという間に注目度になりました。

 

今日この頃ではそのセンスとオバちゃんからの支持をウケてと言う理由です。

 

もっと言うならディテールも細く気配り上手なので、年配の人にはあご勇がちょうどいい感じらしい。

 

興味を持っているヒューマンは初期の内に予約が必要不可欠です。

 

ほんのちょっと前から自身が都内ではなくさいたまに引越しをして、質素に暮らしているんだとか。

 

田舎暮らしをされているのではないでしょうか。

 

一応、今現在も芸能人とささやかれていますので、芸人の人間であるから訪問販売とは、トークでようやくなりそうだと感じ入りましたが、なんていう風に簡単なものではない。

 

最近ではバスガイドと言う理由で、通常のパーソンとのコミュニケーションもそのため行えるし、ヒューマンは、思いがけず彼にひと目会いたいかもしれないです。

 

先を見据えた快進撃支援します。

スポンサードリンク

あご勇の嫁(妻)や子供は?負債を抱えていた!?

あご勇が、訪問販売を実行中のことがオンラインでも話題になり、そこから友人の紹介でスタートしたもので、当時住んでいた各家庭から受け持ちゾーン内の埼玉まで引越ししたそうです。

 

当時の収入は完全にスキル性のため、サラリーは乏しかったとささやかれています。

 

その後は、都内では生活費が高いので田舎の埼玉県で貧乏くらしを送っているとのこと。

 

彼自身もこの事について放送番組で明かされました。

 

当時も芸能界は引退していませんでしたが、訪問販売で各戸を回るという理由で、芸能活動のトレーニングなどの経験を必要とする活動は行うことができない日常生活を送っていました。

 

そうだとしても今日では彼の事をトップのファンと言われる妻のレコメンドもあり、コレ以後本格復職していると聞きます。

 

それにも係わらず、今現在も低収入といったこともある月収は、ライフスタイル費が大きくなって作ってしまった多額の負債でまるまる持っていかれるため、パートタイマーとして事務をしてくれている妻働きが救いとしていると聞きます。

 

彼が復職して挑むのはプロ意識の高いバスガイド。言わば添乗員だ。

 

真実に返り、本腰を入れて芸能界復職を果たしたとは言え、芸能人という身分でメディア出演するような華やかでシンプルなルーチンワークは、そんな簡単にはあまり多くない状態。

 

そのような中で、あご勇が新たにトライするのが、今現在の仕事でのお役回りではないでしょうか。

 

あご勇と考えられる芸名に恥じない衝撃を放っているはずです。

 

客受け絶頂の頃と比較しては数百万円のライフスタイルは出来なさそうにとも、コンスタントな活動を一歩一歩続け彼のサポートに相当するご婦人のためにも、芸人という身分で輝き選んでほしいです。

 

ここ数年の嫁は「聖子」と言うネーミングでもあり、過去にブライダルしているそうです。

 

いきなり結婚当初から貧乏人として尋常でないライフスタイルを決意してのようですが、 聖子さん自分自身も、パートタイマーとして働き、 彼のライフスタイルを支えていたとささやかれています。

 

いい時もうまくいかない時も夫婦間で協力しあい、 ほんのちょっと前から幸運だったそうな状態となります。

 

2人の時期には、 子供はいないと言われています。

 

あご勇をリサーチすると子供とも リサーチされていると思われますが、 今現在は子供は不在で、 どういう理由でリサーチ統計が出ているのか不明ではないでしょうか。

 

マネージャーと比較して営業先に後をついて行くこともされて何度も行って彼をサポートしている。

スポンサードリンク

あご勇の死亡はガセなのか!?

「あごが砕けて死亡」

 

なぜかこのような見出しであご勇の死亡説がオンライン上でもあります。

 

ちょっとウケ狙いなのかと思いましたが、普通にガセなので気にする必要はないですね。

 

あご勇だから、あごが砕けたと言うことでしょうか?

あご勇の今現在の年収はハンパないのか!?

添乗員とは旅行企業などのツアーに同行し、ユーザーが安全かつ円滑に旅行可能なようにアシスト体制を行うルーティンワークではないでしょうか。

 

いわゆる観光名所と考えられるものをアナウンスする「観光ガイド」と混同されがちではありますが、添乗員の本来はのセールスは人数のとりまとめや滞在時間等のタイミング統制、宿泊施設でのプロセス、他には諸々の雑用など円滑な旅行が望めるように援助することに違いありません。

 

ベーシックなルーティンワークに観光地でのガイドプロセスは含まれてはいませんが、正直に申し上げてガイド手順も同時進行で行うのが普通になっているため、混同されるシーンが当たり前です。

 

添乗員になるには大きく分けて二つの経路が存在します。

 

1.旅行ショップに入社し、添乗員なのだという。2.添乗員の派遣企業に人材確保し、添乗員である。

 

この2つのルートがありますが、目下のところだいたいの添乗員が派遣会社から派遣される形で添乗員となっています。

 

添乗員を目的とするならなによりもまず派遣業者に活用するといいと思います。

 

日本中のプロセスを実施するからのキーポイントになるもので、この資格を入手してはじめて添乗員という形で奮闘する事が適うことになります。

 

ゲットには研修の修了と実務チャレンジが要求されることになりますが、入手自体は手間のかからないカテゴリーに入る資格ではないでしょうか。

 

現実的には労働力不足業界のため、やる気さえあるとすればなる事自体はなんていう風に不可能ではありません。

 

尋常でない一面も 12時間を上回る長時間就労や旅先でのもめごとや理不尽なクレームは間違いのない世界で、どんな揉め事にも物怖じしないハートの強さが要望があるルーティンワークとなります。

 

そうするために離職率がとんでもなく上向いて、そんな簡単には続けられる現代人がいないのが周辺環境だといいます。

 

収入が低水準であること、福利厚生も手薄な際がいろいろ事など、金銭面からいえば決して効果のあるルーティンワークなどでは断じてありません。

 

そうだとしても、これだけ芳しくないファクターが整っていながら、どういう理由で添乗員と言われるルーティンワークが無くならないのか?

 

旅行をトータルして人間の役に立ったり、感謝されたりと「ヒューマン」好きな人間にはこれ以上なかなかないセールスなのだという事。

 

毎回、全国の至る所、全世界に旅行に行けるなど旅行好きにはたまらないルーティンワークなのだという事。

 

など、人が好き、旅行が好きという「ハマる人」に限って言えばはトップクラスのルーティンワークであり、ただの一度でもチャレンジしたらそんな簡単には辞める事のできない人間が多いケースでは。

 

あまり年収的にも恵まれた仕事ではないため、とくに雇れでは厳しいかなと思います。

 

あくまでも基本ベースですが300~450万もあればいいほうではないか?

 

彼の今後に注目です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

今回の爆報フライデーに関連する他の人物はこちら!

 

 

 

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-爆報フライデー
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.