ティロフェヒナーの経歴WIKIや結婚と年収!年齢や馴れ初めと子供!

中谷美紀さんの結婚相手として話題になっているドイツ人のビエラ奏者でもあるティロフェヒナーさん。

ティロフェヒナーさんの経歴WIKIやプロフィール、結婚までの道のりや年収がヤバいとの噂もあります。

ティロフェヒナーさんの年齢や中谷美紀との馴れ初め、今後子供の妊娠出産はあるのか?

早速見て行きたいと思います!

スポンサードリンク

ティロフェヒナーの経歴WIKIやプロフィール

本名:ティロ・フェヒナー(Thilo Fechner)
生まれ:1968年?月?日
出身:ドイツ
所属:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

まず、彼の経歴プロフィールやWIKIは一言でまとめるとこうだ。

1996年“スイス・ロマンド管弦楽団”在籍
1997年“ミュンヘン・フィル”にも在籍
2004年より“ウィーン国立景樹嬢管弦楽団”に入団
2007年からは“ウィーン・フィル”のメンバーに。
また、現在は管弦楽アンサンブル「フィルハーモニクス」のメンバー(欧米だけでなく、アジアでも演奏活動を行うなど、世界中を飛び回っている)

彼は以外と音楽以外では多趣味です。

登山やバイクなどと、活動的なというプロセスが伺えます。

そういったフェヒナー氏は、ドイツの音楽ファミリーに生まれ、大学アメリカの名門、ジュリアード音楽院などに於いて研究された超がつくほどの音楽家ではないでしょうか。

このところ彼が所属する精鋭で組立てするフィルハーモニクスの一員と考えても快進撃し、世界中を飛び回っていると推定されます。

女子ファンも驚くほどたくさん、「どういう理由で今まで結婚していないの?」と疑問ですね!

それと同じ様なフェヒナーはドイツのアカデミーに加盟した後、ロマンド管弦楽団に入団していきます。

その他には、過去に所属しているフィルハーモニー管弦楽団に入団して行動しているのですが、今現在からウィーン国立歌劇に入団し、そんな実践が認められてウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団して最近に至ります。

グローバルレベルで演奏行動を実践中のので、中谷美紀とも母国ドイツで振興を深めていたようだ。

将来において飛躍的に快進撃されていきそうです。

スポンサードリンク

中谷美紀とティロフェヒナーとの馴れ初めは?

担当直入に申し上げると、16年にとっくに、熱愛が報じられており2回目の嫁入り報道と考えられることに違いありませんね。

2人の馴れ初めは16年、 小澤征爾氏らが指揮を任務した公演に、フェヒナー氏がメンバーという身分で実践しました。

音楽好きの中谷がその席に同行していて、フェヒナー氏と知り合ったと考えられる。

そうするために、そこで2人は運命的な出合いだったのかもしれない。

それが報じられてすぐには、交際インフォメーションが出るなんて、中谷も中々の行動派である。

インフォメーションを聞いてみると、彼とのコミュニケーションも万全で中谷美紀自身も英語が問題ない。

スピリット疎通も余計な心配なく、意気投合。交際が発覚したケース、中谷の所属事務所もフェヒナー氏を「恋人だと想定できます」と、交際のコメントを包み隠さず、していたとささやかれています。

スポンサードリンク

ティロフェヒナーの年収がエグい!

指揮者やピアニスト、ヴァイオリニストなどといったソリストという身分で行動する音楽家のケースでは、その大部分は音楽事務所に籍を置いています。

自分名義の代わって事務所にマネジメントやアナウンス行動と言われるものを任せ、独自には演奏活動に焦点を絞るシステムをとります。

同様な音楽家は、コンサートをやるにつれてギャラリーと言う中心的な収入源となるに違いありませんが、そこから事務所である広告費やPR料などの額が経費として形状されそっからが本人の収入ではないでしょうか。

みんなが知っている音楽家であったならあるほど1ステージ当たりの手当てはアップし、自分達のギャランティも増えます。

日本国外のコンクールで入賞するような音楽家と考えるなら、経費等を除いてたった1回でも100万円スケールを手中に収めていると考えられていますが、これだけ収益をあげられる人物は決して多種多様なく、殆どが数万円~数十万規模を安定して得られていれば、思っている以上に儲かっているカテゴリーに入ると想定されます。

オーケストラ団員プロのオーケストラに正団員という身分で参入する音楽家と考えるなら、固定給のギャランティを得ている人間がほとんどだと思います。

楽団のスケールや異なる実力に左右されてその額に差はあるものの、トータルでの平均では30万円~40万、年収にして350~450万がマネーゲームとなっていらっしゃるようです。

他には、全国の至る所で何よりも評価の高い楽団の一部分、NHK交響楽団ではチャレンジを積むとサラリー1000万円以上を稼ぐ人間もいると思われます。

これ以外には、各楽器の主席奏者になると、手当てとして給与の数%程度が上乗せされるケースが多いようです。

それから音楽家という身分で生計を計画するのは想像以上に単純にはいかないため、演奏活動のみならず音楽講師のルーチンワークをするヒトも少なからずいるのです。

それぞれのお家などに生徒を準備して個人レッスンを開く人物もいると断言できますし、音大のパートタイマー講師といった形で勤務する人物も見受けられます。

それから、結婚式場やホテルなどに於いてパートタイマーと考えられているもの等を実施されている人物もいると推定されます。

彼のケースでは国内ではもちろん、海外まで行動しまくっているそうですから、1000万なんてハッキリ言って少ないと思います。

最低でも2000~2500万の年収はゲットしているだろう。

スポンサードリンク

ティロフェヒナーの年齢はどうか?

ティロフェヒナーさんは今現在50歳と言う事です。

中谷美紀が42歳なので8歳の差があります。

しかも外国人との今回結婚なので、一般的には国際結婚と言う定義で特殊です。

ちゃんと中谷美紀の親は承諾したんでしょうか?

まあ、8歳ほどでしたらそんなにコミュニケーションの壁はないと思うし、彼女自身も彼とのコミュニケーションはバリバリ英語が話せるようですから、これが原因で離婚と言う定義は考えにくいですね。

中谷美紀の元彼は渡部篤郎!

渡部篤郎とは約10年以上交際したものの別れた。

その上、元彼渡部は16年に一般女性と再婚しここへ来て再婚相手もいると考えます。

2人の別れた背景と密会場所は国内ではなくパリでしたが、この時にすでに2人も同時進行でパリに旅行へ出掛ける姿は報道陣にずっと前から業界内で噂なので、スクープとして報道されていたと言われています。

一環では、清原の元嫁でもある清原亜希と報じられた。

「再婚のお相手が清原和博さん(50才)の元カノだと報じられ、ネットで広まったことがあったんです。渡部さんはバラエティー番組で出回っている写真は妻のものではないと断言してかなりのお怒りモードでした。自分よりも妻の方が迷惑していて、彼女を守りたいという気持ちが強かったようです」

中谷美紀は子供の妊娠や出産はあるのか?

しかしながらこの原因は若干の言葉の考え違いだったと考えられています。

中谷さんの“嫁入り”に関連してチェックしていると「ブライダル 子供」と考えられるキーワードと「結婚しない」と考えられるキーワードが浮上してくるんですが知らぬ間に「子供 お産しない」とオンライン上でも噂になっている。

ちなみに「結婚しない」と考えられるキーワードの定義には渡部篤郎とは“結婚しない?”と考えられる定義だったと考えられています。

それらの内、中谷が縫い裁つ人と考えられる。

渡渡部篤郎との嫁入りに関連して「交際は順調か?」と言われる問いに関しては笑顔で答えたのみで、交際を否定せず、嫁入り間近なのだということを否定しなかったとささやかれています。

否定しなかったという事実は、わかりやすく説明すると交際はすでにしていて、ブライダルも間近に相当することだと思うが、それらの内谷美紀は嫁入りして子供も作らないということをこれまでに公表していたことが存在する。

これに対するチャームポイントを、オンライン上では「中谷美紀は独りで時間をつぶすのが好きなんじゃないだろうか」「主婦のライフスタイル環と考えられるのを醸し出すのが嫌なのではないか」「従来トラウマか何か合致したのではないか」と言ったようなフィーリングの意見が目立っていた。

たった一人で暮らすのが好きとされている部分のは、現実的にはあるかとイメージしていて、これに関しては中谷美紀の趣味が物語って見受けられる。

ちなみに中谷美紀の趣味と言うのが、生け花やヨガや茶道と言ったもので存在する。

ここのところを見る限り、原則的にはたった一人で過ごして、独自に何かするというのが好きなんなのだというのがお分かりかと検討する。

それらの内谷美紀が嫁入り間近に関連して否定しなかったといった事実は、一言で言えばブライダルも近々イメージしているということになるだろう。

今回の結婚で今後、どのような展開になるのか見ものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする