本田大助の経歴WIKIや年収と北海道物産の通販方法!利尻島ラーメン味楽がヤバ過ぎる!【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」に北海道物産バイヤーの本田大助さんが出演する。

本田大助さんの経歴やWIKIプロフィールなどが気になりますが、年収などの稼ぎや北海道物産品のオススメと通販方法などはいかがなものか?

本田大助さんは北海道の食べ物を知り尽くしていて、その中でも利尻島にある1日2時間しか営業しない伝説のラーメンに注目したい。

いったい2時間しか営業しない利尻島ラーメンとはどんなラーメンなのか!?

今回はそんな本田大助さんやその利尻島についてピックアップです。

では。

スポンサードリンク

本田大助の経歴やWIKIプロフィール

本名:本田大助(ほんだ だいすけ)
生まれ:1969年 49歳
出身:兵庫県
学歴:関西学院 卒業

大学卒業した後、大丸に雇い入れ。

その後地元の神戸店から 北海道専任バイヤーという形で札幌に職の変更をしたわけです。

それには、北海道のチャームポイントを把握し、素敵な 物産品のデータを得た本田さんは、ここ数年は 近畿エリアの大丸で開催を行う北海道物産展の 仕入れを受け持ちしているそうです。

元々 調理師免許も持っていたとの主旨ですから ファミリーで料理を研究するケースでは スパイスから生み出すと考えられる。

これに関しては「調理師」と言う理由から…ということより「ただ食べることに関しては好きだから」と言われる 。

今では食品部職務を経験して、 バイヤーという形で 奮闘することに。

その他には百貨店の 「キラーコンテンツ」でも掲載されている 北海道物産展のディテールを質の高いものにするべく 北海道現地駐在のバイヤーであるメインプロセスが彼に命じられる。

北海道が考える食材そのものの素晴らしさとは言え、そのポイントは最近は国内的には拡大していなかったという理由で、本田さんは、北海道の期待できる原材料をこれまで以上においしくレクチャーして、丸っ切り楽しくしたいと言われる気持ちになり、辿り着いたのが生産者とショップを繋ぎ、ユーザーに歩む事だったとささやかれています。

本田さんは過去に50ジャンルを上回る商品を発展し、物産展の集客をぐんぐん伸ばしてきました。

そういったトライもあり、日本中に7か所存在するショップで一年間で18回開催されているように思いますが、集客数はすこぶる200万人をオーバーする大ヒットイベントとなりました。

本田さんは、それ以外の百貨店のバイヤーと比較対照すると、物産展の為に北海道で暮らし、現地の話題を少しでも早く調べにいき、年を増すごとに、日本中のクライアントのためにモダンな味のトレーニングゆえに行動しています。

スポンサードリンク

本田大助は結婚して嫁や子供はどうか?

本田さんは、ここ数年は結婚されていると思われます。

本田さんは、関西出身の人間とは言え、北海道に移動したのは最初の結婚したケースだったと聞きました。

当時は、慣れない雪のライフスタイルに戸惑ったと聞きましたが、ここへ来て、ご婦人と作業を同時進行しながら北海道の美味を調査し望んでいるといわれています。

お子さまに対するインフォメーションはオープンになっておりませんでした。

ふくよかでリライアビリティを思える本田大助さん。 女の人にもその穏やかさに惹かれ私生活はどうなのか?

新婚で言うと北海道へ移住という意味は、 ご婦人もびっくりされたことだと断言しますね。

放送番組でご婦人の状態もアナウンスするのかはわかりませんがとにかく今現在ライフスタイルは順調ですね。

スポンサードリンク

本田大助が北海道にこだわる理由は?

北海道のスーパーバイザーと評価される本田さん。

北海道には目下のところ世間に知られていない 目玉商品が存在すると予測されていて、 引っ張り出そうと快進撃されているのではないでしょうか。

絶大なる体で体力のありそうな本田さんですが、物産展を手掛ける要因 これに関しては… 全くもって日本中の人間が熟知していないような、 北海道に存在する惹きつけられる食を調査し、 北海道物産展をトータルして そのチャームポイントを日本中に伝えたいからだと考えられます。

その努力を承諾しているからには、 間違いなく売らなきゃ失礼のケースでは 予測されていると噂されています。

その結果演出や、伝え方を考慮するなど 取り扱っていることを考えるとエネルギーは惜しみたくない とイメージしていると語られたディテールに、 自分自身は想像以上にに男気を感じ入りました。

グルメを目論んでいる方達も 賛同されるものが出てくるのではないでしょうか。

美味しいものを探すのがルーチンワークと言う理由で1日件以上食べ歩く事も見受けられるそうです。

彼はこのように語ります。

僕は「北海道の宣伝マン」のつもりで、
北海道のおいしいものを多くのお客様に
知っていただきたいと思ってやってきました。

宣伝マンという言葉は少しチープな
印象を与えるかもしれませんが、
いかに伝えるかということはとても大事だと思っています。

いくらいい物があっても、
伝え方がよくなければお客様には何も伝わりませんからね。

それに僕は生産者の方々の苦労というものを
現地で目の当たりにしているからなおさらなんです。

これだけを販売するためには何をする必要があるのか、 どう動けば伝えられるのか。

その結果は演出も必要不可欠ですし、 何はともあれ予想外のことをイメージしていって、 最後にはその事情を手に取ってくださったクライアントが、 うまいと伝えていただけるのがダントツに幸運だったですね。

である故アナウンスするということにすれば エネルギーをまったくもって惜しんでいない。

彼は 何もないポイントから一種の道をつくってきた というのもあり得ると思いますが、 良いところはどこまでも実施すべきこと、 その他には人物とのご縁を大切に為すべきことを 信条という形で絶え間なくスタートしてきました。

とポリシーを熱く語っていますね。

スポンサードリンク

1日2時間しか営業しない利尻島のラーメンがヤバ過ぎる!

「利尻らーめん味楽」のルーティンワークはわずか2時間。

それに加えて場所は国内の北端に存在する離島と言う理由で、東京から出向くなら飛行機と船とバスを乗り継いで最低8時間はかかる。

食べに出向くには想像以上にハードルが高水準のそれにも関わらず、明けても暮れても満員御礼の飛躍店。

この店のラーメン一杯のために国内中外いろんな地域から口コミを覚えつけた人たちが手間暇かけてアクセスするのです。

数えきれないほどの人間を惹きつけるこのラーメン屋のメインは「焼き醤油らーめん」。

上等料亭などに於いて重宝発表されている利尻昆布を豊富に活用した、昆布ダシのスープが最高のラーメンではないでしょうか。

「焼き醤油らーめん」850円。

美味しさのインフォーマルな部分は、売買のベストポイントに出回るというプロセスがさほど見ることができない国内三大昆布の一つ「利尻昆布」を大量に使用して風味が最高のラーメンに仕上げていること。

利尻ラーメン味楽は、接客も慣れていて、アレンジもスピーディーに、本店が万全であるという考え方が伝わってきます。

丼が置かれたタイミング、醤油の香りが立ち込めます。

センス敢行したらインプレッションを感じられると言われるレベルではなく、香りが立ち昇るので、驚くことは保証します。

麺が濃厚な昆布と醤油のスープを間違いなく吸い込み、想像以上に皆がうらやましがるような麺だと認識してください。

低加水麺を活用することでも、染み込むスープがまぎれもないことの欠けている店もほとんどではないでしょうが、利尻ラーメンは全くの異次元レベルですね。

ラーメン通に関しまして、アクセスする甲斐が存在します。

利尻らーめん味楽、北海道利尻郡利尻町沓形字本町67 0163843558

⇒内田元(ラーメン屋)の経歴やwikiと年収!オススメや店の場所【マツコの知らない世界】

本田大助オススメの北海道食産物は?通販も!

本田さんが来ると集客数はビックリしますが200万人をオーバーするくらい。

凄い大人気イベントだと考えられますよね。

そういった大人気イベントの専属バイヤーなのだという本田さんのイチオシの食品はいずれにしても絶品なわけでしょう。

北海道物産展でセレクトすることができる絶品グルメも気になるはずですよね。

であっても北海道物産展はタイミング限定イベント。

中々実際的に出掛けることは不可能だと思います。

しかし、そういった気持ちが止まらなくなりますよね。 番宣を調査して大予想ではないでしょうか。

・じゃがいももち

焼いてもよし、揚げてもよし煮てもよし。

じゃがいもを活用したどんなおかずにもフィットする美味しいお餅ではないでしょうか。

・北海道産いくら

上等品な北海道の「いくら」でしょう。

もはや美味いだけでは片付けられない物ですが、これらの商品は勿論の事通販も実現可能ですので 食べたい人は是非!

本田大助の年収はいかに?

バイヤーは、小売店や百貨店等の店頭に採択している商品を買い付けるルーチンワークです。数多くあるカテゴリーで奮闘するバイヤーがいると推定されます。

仮に洋服や靴を専門職にする人物は、メインとして「ファッションバイヤー」と呼んでいます。

バイヤーは標的となるクライアントの状態をインプレッションし、どの商品をどれだけで仕入れるかを思考し、価格のネゴシエーションも実施しながら、売れそうなものを仕入れていきます。

もっと言うなら、商品の売り方に関連して販売員たちと同時にヒットさせることもセールスの一部分だと思います。

なるにはバイヤーは特別な資格を要求されるルーティンワークなどでは断じてありませんが、同時進行で、未経験者が突然にバイヤーという形で働くということもそう驚くほどたくさんは存在しません。

高いセンスが要求されていています。

サラリーはスケールやフィールドによって差異がありますが、都心部の一流百貨店では年俸600万円~800万円ほどになっており、福利厚生なども整備されていることがほとんどではないでしょうか。

アパレル業界や食品関係で勤務するケースだと収入300万円~600万円規模が市場といわれていますが、販売員より100万円以上高レベルであるサラリーを頂ける人間もおります。

おそらく本田さんはかなりの知名度がありますので最低でも800~1000万ほどの年収があると思います。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする