MINAKO(米米クラブ)の今現在や年収と旦那は金子隆博!子供や会社は?【爆報】

「爆報フライデー」に元米米クラブのMINAKO(ミナコ)さんこと、金子美奈子さんが特集されます。

MINAKOさんの今現在の会社や年収と仕事はなに?

MINAKOさんの結婚した旦那や子供は?旦那は何でも金子隆博さんと言う噂がありますが、何でも米米クラブの元メンバーでもあると言う。

MINAKOさんは米米クラブ解散から今現在は会社を経営されている経営者として活躍されているんだとか。

今回はそんなMINAKOさんの武勇伝を見て行きたいと思います。

では。

スポンサードリンク

MINAKO(金子美奈子)の経歴やプロフィール

本名:金子美奈子

生れ:1961年12月18日(56歳)

出身地:茨城県

学歴:土浦短大

「米米」は「コメコメ」ですね。

バンド名の由来が関心を持っている人間もいると思われますね。

その理由はバンドのメンバーが予想を超えた趣旨を言ってます。

しかしながら、元を正せば「TOM TOM CLUB」と考えられる海外バンドの名前をまねして生み出されたというプロセスがファクトのようです。

美奈子さんといえば米米クラブのダンスを担当されて話題を集めるようになりましたね。

米米CLUBのデビュー以来、ここ数年は振り付けを受け持ちして奮闘されてきました。

その事情を承諾してバンドのダンスの印象では、ずいぶん醍醐味があるのです。

デビューからここ数年まで、MINAKOさんが中心となり振付を受け持ちされていると考えられます。

もっと言うなら、ダンスだけじゃなくボーカルを担当していることも考えられます。

エンターテインメントの象徴という形で奮闘されているのではないでしょうか。

けれども担当直入に申し上げると、国内一のミュージカル的なバンドという形で、コンサート行動と広範囲の若手ミュージシャンに指導を積極的に取り組んでいく。

彼女の趣味はドライブで、好きな食べものはパスタと聞きました。

元々、実家が菓子屋をしていてそこの娘として生まれた訳です。

中学や高校は地元の学校となります。

高校卒業した後に、保育士に相当するため土浦短期大学の保育科に入学したわけですが、この時期にダンスの幸福感に目覚めます。

それからダンスにのめり込んでいき、ダンスの道へと突き進んでいきます。

その他にも、 インストラクターの資格も持ち合わせています。

米米CLUBは1回解散していると聞きます。その他には、2006年から実践を再開したわけです。

それから化粧品部門もチャレンジしていくことになったんではないでしょうか。

自分自身でプロデュースした化粧品をリリースされていると推定します。

スポンサードリンク

MINAKO(米米クラブ)の今現在はなにしてる?年収は?

さて、MINAKOさんとは言え、正確に言うとご存知ないヒトも存在するので説明をしますと、石井竜也の実の妹です。

という事実は兄妹で、米米クラブにいたと言う理由です。

バンドで兄妹で関与している人間と言うのは芸能界でもそんなにいないと思います。

今現在はご自身が立ち上げたファッションブランドの拡販をされているんだろうと感じます。

マダムミーナと言われるブランドなんだそうで、テレビショッピングなどに於いても数え切れないほど取り上げられたりしているそうです。

セレブなライフスタイルを送られていると言われることからすると、恐らく収入は数千万ランクと言う理由からでしょうね。

大人の女の人に是非おすすめしたい可愛らしい服や小物をアドバイスするブランドマダムミーナを立ち上げデザイナーという形で 石井美奈子の名前で奮闘しているとのことです。

その他のルーティンワークといっても、11周年と言う理由でそんなに新規立ち上げではなく古株の老舗ブランドのレベルですね。

商品やサービス内容は、最高の素材を活かした洋服や小物などを企画セールスする会社でもあり、今現在では多くの世代の女性から支持されていて業績も伸びているんだとか。

しかもメディアに自分自身も生出演することがほとんどで、たった一人でモデルを従事して解説している。

その他にもDVDなどのリリースにも着手しており、起業家としての才能も兼ね揃えている。

おそらくここまで活動の場を広げていると年収的には1500~2000万ほどの稼ぎはあるんではないか?

スポンサードリンク

MINAKO(米米クラブ)の旦那は金子隆博!?

MINAKOさんはここにきて55歳とは思えないほどの美貌だと聞いています。

さすがファッションブランドを運営されている人間です。

さて、MINAKOさんに関連して多種多様チェックますと、少し気になってしまうのですが、石井美奈子ではなく、今なお金子美奈子さんとなっているポイントですよね。

という事実は、嫁入りをされているのだろうと思い、何はともあれ旦那をチェックして行きましたが、担当直入に申し上げると旦那さんは金子隆博さんと言い、米米CLUBの元メンバーです。

フラッシュ金子と言われる、時代を物語っている別名が見受けられますが、当時世代だった人間には懐かしい名前になるに違いありませんね、

あるいはここへ来てキーボード等の演奏を同時進行しながら、米米クラブの昔の行動にも必然的に関与されているんだと言えます。

実は金子隆博さんは病を患った過去もありそのファクターはジストニアではないでしょうか。 これに関しては金子さんの持病だったんだと思います。

楽器の演奏中に要素がよく認識していない汗やしびれがでていたそうではないかと考えます。

であるから、目下キーボードを重点的に行動してるとか。思っている以上に大変だったと断言します。

今現在は51歳ではないでしょうか。

ここ数年の主要な実践はミュージシャンではないでしょうか。

さて、石井さんの子供に関連してですが、解散当時は子供がゲットしたいと公表していたと言われるインフォメーションがありました。

その後に関しては子供についてのデータがまったくもって存在しません。年齢からイメージすると、子供がいても不思議ではないと思いますね。

⇒Shinji(シド)の結婚や彼女!ギター機材やラーメン愛と杉本善徳に似てる!?【有吉反省会】

MINAKO(米米CLUB)に子供はいるのか?

MINAKOさんではあるのですが、金子隆博さんとの間にお子さんは見受けられるのでしょうか?

仮にMINAKOさんに子供がいれば、石井竜也さんは伯父さんと考えられる事であると想定するのですが、さほど本人から姪と言われるようなストーリーを聞いたというプロセスが存在しません。

少しチェックして見たのですが、MINAKOさんと金子隆博さんとにかけて、子供のストーリーがまったくもってないという理由で、ひょっとするとお2人には子供はいないことも考えられます。

もっと言うなら、思いがけずお2人は有名人とは言え、子供は一般人である故、子供はいるけれど、それほどメディアに公表されないようにされているパーセンテージもゼロだとは断言できませんね。

ちなみに 高橋來くんは、MINAKOさんの叔父さんの孫に相当すると言われています。

現実的に芸能ファミリーに違いありませんね。

【おまけ】米米クラブの解散理由がクソだった!?

まず米米クラブの中心的な存在と言えば石井竜也ですよね。

その石井竜也がバンド解散の真実をマスコミに初めてかたっています。

「米米CLUB」の解散理由について、「金のぶんどり合いですね」と、ぶっちゃけた。  自身の紹介フリップの中で「82年に米米CLUBを結成。92年に「君がいるだけで」が289万枚の大ヒットも97年に解散」と紹介された石井だが、解散理由を聞かれると、「(メンバー間の)金のぶんどり合いですね。当時はメンバーがハゲタカに見えました」と共演者も思わずどん引きする過激発言。

「どうやって、メシを食っていくかみたいな話になっちゃった。僕はバンドで一番大事なものはチームワークだと思っていたけど、
曲を作る時に順列ができちゃって良くなくなった。俺は金よりチームワークを選んだということです」と率直に打ち明けた。

と公開されています。

まあ、これだけ人数がいるバンドですから1つにまとめるだけでも大変ですよね。

元メンバーであるベースのBONは結成時からのメンバーとなっており、今現在はカフェやパスタ専門店を経営しているとのことです。

元々は石井竜也が文化学院を卒業すると同時に小野田安秀、大久保謙作らと「なにか醍醐味のあることをやろう」と結成されました。

代表曲でもある、「浪漫飛行」が大ブレイクを果たし、次々とヒットが続いて支持率も急上昇しました。

彼らのステージは数えきれないほどあり、その多彩な世界観から繰り広げられるパフォーマンスは、何はともあれ愉快に視覚にアピールするバンドでした。

その他にもメディアに描き出す超個性派揃いの音楽集団となり、石井竜也自身も映画監督にデビューするほどの知名度を獲得します。

しかしながら、ここからが米米クラブの解散理由となった引き金となった出来事として、映画が不振で15億の借金を負うことだと考えられます。

そこから解散に至った。

当時、解散のポイントは石井の借金が要因と噂されていました。

とはいえ、その後のメンバーの一人が振り返りチェックしたところ「バンドの方向性のトラブルで、割り当てられたスタンスにギャップを感じたから解散した。石井の借金トラブルが解散背景では繋がらない。」と明かしていると思います。

その拝見が今回の爆報フライデーでも真実が明かされるかもしれない。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする