中尾隆之(和菓子)の経歴プロフィールや年収!あんこ饅頭の通販やオススメ!【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」に和菓子で知られる中尾隆之さんが登場です。

中尾隆之さんは和菓子や饅頭のエキスパートでもあり経歴やプロフィール、年収なども気になります。

中尾隆之さんがオススメするあんこ饅頭の通販方法や、あんこ饅頭の魅力などに迫ってみたいと思います。

中尾隆之さんは「旅行作家」と肩書きで今現在活動されているようですが、饅頭の専門家と言う訳ではなく饅頭を日本1食べ歩いたプロフェッショナルとして人気があり知名度があります。

かなり謎めいた人物ですが、一体彼は何者なのか?

では早速。

スポンサードリンク

中尾隆之の経歴やWIKIとプロフィール

本名:中尾隆之(なかお たかゆき)

生まれ:1941年 72歳

出身:北海道

職業:旅行作家

早稲田大学を出た後に高校教師を実践していたと考えられていますが出版社に就業してその後退職。

最後にはここ数年の「旅行作家」となりました。

「土産銘菓研究家」という形での一面もあり、以前に「TVチャンピオン」の企画を行うにあたって優勝を体験。

個人として旅行作家へなった中尾さん。

饅頭や銘菓に限ったことではなく 日本中の古い町並みについてやまち歩き温泉など、 確かに歩いて体感した元に、 広範囲に及ぶ記事やコラムを書いたり 書籍や雑誌、アナウンス誌等の編集も手掛けていると推測されます。

そんな中でも甘い物が大好き ということもあり、 銘菓取材はとりわけキャパシティーが入るといわれています。

彼に言わせれば、饅頭等の甘いものには 目下、5000カテゴリー近くほど食べ歩き その後は45年近く取材を継続してきた実績者でもある。

スポンサードリンク

中尾隆之がオススメする饅頭や通販方法はこれだ!

中尾氏はオリジナルの足で国内いろんな地域を訪ね歩き、5千カテゴリーをオーバーする和菓子を味わってきました。

自身が「おいしいと思ったものを力を注いで厳選した」と、40年を超えて及ぶ銘菓取材の集大成という形だそうです。

中尾隆之がアナウンスしている「小城の朔羊羹」は、年に6回しか販売されないと言われる逸品だと思います。

日本的に人気を博している店になると言わざるを得ません。

そういったトップクラスの品をと言われるスタンスで完成された史上最高級饅頭です。

通販方法はこちら。

通販でお買い求めのお客様や佐賀、福岡の直売店でのお客様やお取り置きをご希望のお客様は、下記の連絡先まで電話、FAX、メールにてお問い合わせ下さい。

電話     0120-358-057(午前8時~午後5時)
メールアドレスinfo@muraoka-sohonpo.co.jp
FAX 0952-32-1297

1箱10800円  賞味期限:13日間
小城羊羹初祖 村岡総本舗

このレポートを執筆しているここへ来て放送番組の放送前なんですが、 マツコにアナウンスするおみやげお饅頭はいずれにしても中尾隆之さんの著書に書かれているものに違いないからはと考えても良さそうです。

なぜなら、著書には広範囲のポリシーで選択された「銘菓」が表示されているからだと考えられます。

40年を上回って及ぶ銘菓取材の集大成とのこと。

想像以上に気合が入っていると考えられますよね。

書籍アピールのWEBページでも、2つの銘菓が速攻でアナウンスされていましたので登記しておきます。

たかだかもちっとしたつっぱり気味の皮と、しっとりと甘いこし餡のほどよいパーセンテージがチャームポイント。

温泉まんじゅうの発祥と言われることならお土産と考えても喜ばれるとのことですね。

「温泉まんじゅうの元祖なんですよ」などと言われると、それに匹敵するだけでストーリーが弾むと聞いています。

明治時代から永続的な歴史のある店舗です。

博多通りもん(福岡県福岡市・明月堂)
山田屋まんじゅう(愛媛県松山市・山田屋)
もみじまんじゅう(広島県廿日市市・藤い屋)
百楽(大阪府大阪市・鶴屋八幡)
阿闍梨餅(京都府京都市・満月)
ゆかり(愛知県東海市・坂角総本舗)
きんつば(石川県金沢市・中田屋)
東京ばな奈『見ぃつけたっ』(東京都杉並区)
萩の月(宮城県仙台市・菓匠三全)
白い恋人(北海道札幌市・石屋製菓)

スポンサードリンク

基本的なあんこ饅頭のレシピ

原料と配合。

薄力粉:100g グラニュー糖:70g 水:30cc イスパタ:3g手粉、 イスパタがGETできなければベーキングパウダーで代用可能ですが、色が鮮やかになりません。

生地とあんの比率 生地:20gこしあん:40g 薄力粉100gとイスパタ3gをあわせていきます。

蒸し器にはペーパーを2枚敷き、それに加えて水を沸騰させておきます。

なおかつ饅頭を並べます。キッチリと組み立てたい人は手粉をハケで落としを霧吹きしてから蒸すべきです

ある規模膨らみましたら弱火でじんわり蒸していきます。

大きな蒸気で蒸すとよく膨らみますが、そのまま蒸し続けるとキャパが大きくなりクオリティーが下りますし、変な食感になることが想定されます。

パワフルな蒸気で膨らませてから弱い蒸気でふんわり加熱するのがポイントだと思います。

蒸しタイミングは火力に左右されて、饅頭のスケールによってバラバラになってきますが、今回は蒸気が上がってから6分で正確に蒸すことをオススメします。

風土や蒸し器に左右されて異なっていますし、饅頭のスケールのせいで蒸し時間は異なることになります。

冷ましてから包装。饅頭シートを利用。

冷ますタイミングで扇風機やクーラーを用いると皮が硬くなるパーセンテージが存在するので自然に冷ますのが良いと思います。

⇒地明真希(パン職人)のwikiや年収と店の場所は!結婚やネット通販は?【セブンルール】

あんこ饅頭のカロリーはどうか!?

饅頭は小麦粉を練って実用化した皮を小豆の餡で包み蒸したお菓子。

国内の起源にあり、一部分は禅宗の僧と同時に渡来した林浄因と一緒に来たというデータがある。

禅宗のお茶と同時に食べる菓子として饅頭を活用した、そうだとしても元を正せば饅頭の組み立ては肉を利用しているのだが当時の国内では小豆の餡を代用した饅頭が比較検討される。

ここ数年の甘い饅頭と野菜を中心にした菜饅頭の二カテゴリーがあります。

ケーキの343カロリー/100gと照らし合わせると饅頭のカロリーは低いといえる。

約200カロリーほどです。

あんこ好きに限って言えばこの一切包まれていないあんこがビックリするほど人気があり甘さと食感と絶妙なバランスがキーポイントとなるんです。

見た目のフィーリングではなく、やはり味そのものが非常に重要だと言える。

⇒東真央の移動販売の場所は三重!大学や年収と結婚してるのか?姉もかわいい?【セブンルール】

中尾隆之の年収はどうなのか!?

彼は「旅行作家」と言う肩書きで活動されています。

オリジナルのトライに従った旅行記や観光データなどを、書籍やオンライン上で発信するのが旅行作家や旅行ライター。

ライターのケースでは、フリーライターと、会社の社員になる専属ライターとに分かれます。

特定の会社に加盟ぜす、旅行WEBページにレポートをアップして生活しているのはフリーの旅行ライター。

にいろんな地域を旅し、旅行経験や有益な旅先と考えられるものをアドバイスしております。

これと一緒のビジネス歴なしに書籍を出版するのはいたって不可能だと思いますが、webサイト上に関しての執筆なら、一定のスキルがあるとすれば考えている以上に門戸が開かれていると推定されます。

しかしながら、経験の浅い人のころはライターコミッションのみで食べていくのは単純ではないことを決意することが必要です。

オリジナルのブログ上で、ユニークな旅行体験や観光インフォメーションをアピールするのが旅行ブロガーではないでしょうか。

仕事は旅行作家やライターと似ていると推定しますが、ブログの特質はセールスの受注元なしに自分自身一人でトライできるということ。

文句なしにブログのギャランティだけで日常生活していくのは至難のワザですし、一定のギャランティがゲットできるようになるまでには時間を見ておかないといけません。

ブログの収益だけで食べている人間がいるのも現実で、100%の形で夢物語という理由ではないですが、新規のコミッション源もゲットしながら、長期的切り口でやり続けることが必要不可欠です。

と言う理由からさほどそこまで稼げないようにも思いますが一応メディアに出てくるまでの実績があるので管理人の推測では500~700万ぐらいではないか?

今後の活動に期待だ。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする