川原俊夫(ふくや)の妻や息子と長男は?生い立ちや正孝と年収は!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」に明太子で有名なふくやの創業者でもある川原俊夫さんと妻の千鶴子さんが特集されます。

川原俊夫さんの妻や、息子、長男などの生い立ちや現社長でもある川原正孝さんの年収などをピックアップして行きたいと思います。

川原俊夫さんは明太子の企業として「ふくや」を立ち上げ、地域貢献など多大な業務に携わってきました。

今回はそんな川原俊夫さんと川原正孝さんについて見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

川原俊夫の経歴や武勇伝は?

ここ数年の社長「川原正孝」さんの父なのだという、川原俊夫さんが『ふくや』を創業されたので、何はさておきそこからチェックしていこうと考えます。

川原俊夫さんは1913年生まれで、韓国釜山で育ち、満州電業企業のサラリーマンをされていたとささやかれています。

そこにご婦人なのだという千鶴子さんが嫁ぎ両立して暮らしていました。戦争が合致したため、川原俊夫さんは沖縄戦へ。

その後に敗戦となり、俊夫さんは沖縄から福岡へ、ご婦人の千鶴子さんは満州から同時進行で昭和21年に福岡へ帰ってきました。

この福岡に関しての再会は2年ぶりだったとささやかれています。

満州から引き揚げた後は、川原俊夫さんの兄の自宅でお世話になっていたと聞きましたが、長期間配慮になってはいられないと思い、ちょうど新聞で中洲マーケット入店の募集があり、婦人の千鶴子さんの望みで店舗を持つことになりました。

自分自身は、川原俊夫さんの方がショップをやるぞと設定したのだとイメージしていたのですが、嫁さんの意見に説得されて「ふくや」をスタートしたと考えられています。

マーケットに入居したのが昭和23年この日をふくやの創立記念日にしているに違いありません。

戦後の物に追われているタイミングで、やりたての頃はメインとして乾物等の食料品を取り揃えていたと考えられています。

その後2人の思い出の味、釜山で食べたタラコの味が忘れられず、あれを売れ人々の人気になると思ったと考えられています。

川原俊夫さん千鶴子さんの舌が頼りのタラコ構図が始まり、少しづつ改良を重ねながらできた第一弾は昭和24年にフィニッシュしたわけです。

これが記念行うべき博多明太子の誕生の日となります。

ただ、目下のところフィニッシュには至っていなかったのです。ビックリしますがまったくもって売れなかったそうです。

試行錯誤の連日がその後も続いたと考えられています。

川原俊夫さんは地域で生活しているボランティア活動をされており、その行動にしっかりと明太子を持参し、食べてもらっていたと囁かれています。そうするために、ジャッジや意見を熟知しその事情を導入し改良を重ねていきました。

まったくもって売れないのに、諦めなかったのですね。

その他には、意見を聞くスタイルが存在すること、まぎれもないと断言します。

地元では評判で知名度が上がっていったと言われます。それから、全国区へサクセスしたキーポイントは流通の向上や航空貨物の普及などお土産といった形で、気付く間もなく博多明太子は博多を代表とする味になりました。

スポンサードリンク

川原俊夫の妻・千鶴子とは?

川原俊夫さんの妻である千鶴子さんいわく、明太子は博多が生んだ日本中の味ですねと語っています。

亡くなられたご主人の俊夫さんとご婦人がこの味を産み出された。

お二人は博多の明太子の生みの親ですね。

博多の名物になってしまってびっくりしているとのことですが、川原俊夫さんも韓国の釜山に住んでいたのでそのことが大ヒットとなった明太子とのきっかけだと。

なので夫婦ではキムチはもちろん欠かすことのない貴重な食品でしたし、キムチからヒントを得たことも多かったそうですね。

そんなライフスタイルを2人でともにしていたから、明太子と言う看板商品を作ることができたと語っています。

⇒日本理化学工業の社長大山要蔵と息子の泰弘!知的障害者を雇う会社!【アンビリバボー】

川原俊夫の名言がスゴい!

まずは川原俊夫さんの名言を見ていただきたい。

運がいい人は、人のために生きている人だ。
人のために生きている人と付き合い、
運もついてきた。

明太子は普段のおかずだから
高く売ってはいけない。

人のために生きるとしてあるのは、自然に沿って生きることだと言えます。

これに関しては正確に、幸運を引き寄せることだと考えます。

自然界で目的とするべき夢も、誰かの幸運を体現化していくことですから、それと同じ様なトライをしていれば、やればやるだけ夢の達成に直接影響する現象に経験して、実現に近づいていくことだと考えますと語っています。

スポンサードリンク

ふくやの現在の社長でもある川原正孝とは?

生まれ:1950年3月18日(67歳)

出身:福岡県

学歴:甲南大学経営学部

高校と大学で空手に受持していたと言われています。

スタイルのよさは今もって感じますね。

空手に没頭していてカリキュラムにはまったくもって興味なかったんですって。

次いで川原俊夫社長がしたことは、独り占めにしなかったっていうことだと言えます。

注目度が出てきたので、広範囲にわたる人が福岡に展開してきて、明太子をチョイスするようになったので、卸してもらいたいという対談が来たんではないでしょうか。

その事情を断って、レシピをレクチャーしてあげたんです。

仕入れ先、仕入れ方、組み立て方など惜しげもなくレクチャーしてあげて、多種多様な人が製作できるようにしたんだと思います。

しかしながら、一点だけこだわっていました。

その理由は味となります。

これ以外は真似してもいいけど、味はその人オリジナルの味で競争してくれと言ってたと嘆かれています。

である故、今でも、「元祖明太子」あるいは「本家明太子」と言われるものはないんです。

プロ意識の高い考え方で、元祖だから売れるという主旨ではなくて、NO1においしいから売れると言われる信念をもってスタートしていたという事ではないでしょうか。

といったことは、ライバルを増やしつつも、オリジナルの味を進展させていったということです。

いまでも、その思考法は生きていて、「ふくや」さんが志望しているスタッフは、自分自身でグングン進化していける人を目論んでいるといわれていますね。

その思考法から、福岡が明太子の産地という形で知られて行って全国区になったと言う理由です。

担当直入に申し上げると、父親の川原俊夫は、現金販売しかしなかったので、数店舗しか営業しなかったそうです。

その間に、明太子を教えたこれ以外の会社は、東京進出とか、専門業者に進出とかして行って、一流法人になっていたんです。

そこに、川原正孝社長が入社して、店舗販売とか、通販、明太子以外のものの販売とかを導入て、大幅にしたそうですね。

⇒財田川事件の犯人は谷口繁義なのか!?賠償金や生い立ち!現場は?【アンビリバボー】

川原正孝の年収はどうなのか?

さて、関心を持っている川原正孝さんの収入ですが、 オープンになっていませんね。

ちなみにふくやの年商は150億円近くとなっていました。

資本金はふくやグループトータルで5億3,300万円といいます。

スタッフは629名となります。

上記の数値から社長の平均サラリーをみてみると、 おおむね3000万円くらいが普通です。

役員の人数に左右されて上下はするのですが、 数千万円はいってと言われますね。

川原正孝さんが目的とするふくやは 社員に関してはの「よい企業」なんであるとのことですよ。

ふくやで培ったスキルをエリアに還元して奮闘してほしいと 望んでいるとささやかれています。

地域貢献まで想定される人であるから 一流法人をサポートすることができるのでしょう。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする