石井夕紀(バイオリン)の経歴やwiki!結婚(旦那・彼氏)や体重と年収!【マツコの知らない世界】

「マツコの知らない世界」にバイオリン奏者の石井夕紀さんが登場です。

石井夕紀さんの今現在はバイオリン奏者として活躍されており、経歴やWIKI、結婚(旦那や彼氏)のことなどの詳細があまりありません。

石井夕紀さんの体重や年収なども気になりますが、経歴やWIKIがないところによるとまだあまり知名度が高くない事も推測されます。

マツコの知らない世界では、バイオリン奏者として出演するのではなく辛いものが大好きな食する女子として母親と共に出演されます。

今後はそんな石井夕紀さんの武勇伝について見て行きたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

石井夕紀の経歴やWIKI

名前:石井夕紀(いしい ゆうき)

生まれ:1980年9月14日

年齢:37歳

A型

出身:千葉県

学歴:尚美学園クラシック音楽科 卒業

千葉県出身で石井夕紀さんは小学生よりバイオリンを始め、尚美学園クラシック音楽科ヴァイオリン専攻にて4年のカリキュラムを体験して卒業。成婚や、オーケストラに演奏する傍らポップスも勉学し、ホテルのラウンジにおいてジャズ演奏をレギュラー出演。

もっと言うならコマーシャルレコーディングや、アーティストバック演奏に於いてライブ、テレビ出演等関与中。

過去に共演したアーティストはSMAP、山崎まさよし、コブクロ等他多数あり。

ピアノ、ヴァイオリン、マリンバの和ユニット「葵」という部分も行動中の他、音楽教室講師もして見受けられる。

石井夕紀さんの高校はチェックしてみたんではあるのですが、インフォメーションが存在しませんでした。

けれども、高校時代、石井夕紀さんはバイオリニストでは無く、美容師になりたかったとささやかれています。

尚美学園大学では、間違いのないようにバイオリン学び基本から徹底して学習していたそうだ。

石井夕紀さんは小学校からバイオリンを習いスタートしたとささやかれていますが、 ピアノとかのケースでは、近隣でも習っていた子とかもいたんではあるのですが、バイオリンをやるって相当すごいです。

その後も 大学を卒業した後、石井夕紀さんはクラッシック音楽に限定されず、ジャズなども学習したりして、バイオリンの幅を広げているとのことです。

そういった石井夕紀さんのバイオリンの行動が、数々の知名度のあるアーティストの人々との共演を達成されているんです。

今回、バイオリンではなく辛いもの好きのカテゴリーでマツコの知らない世界に登場しますから、何やら勿体無い感もしますが。

スポンサードリンク

石井夕紀の体重はいかに?

今現在の石井さんの体重はいかほどなのか?

マツコの知らない世界では、かなり辛いものが好きと言うことをアピールしていますので
相当な食事に関しては食べるほうではないか?

見た目も、ちょっとぽっちゃり体型なので普通に考えれば50キロ以上あるんだと思います。

下手をすると60キロ近くあるようにも見えますが、確実にそのへんのガリガリ君よりは重いでしょうね。

母親と一緒にマツコの知らない世界に出ていますがお母さんも辛いものが好きと言うことですので、どうもこのファミリーは辛いものを汗をかきながら食べては飲むといった食生活をしていると思います。

たしかに辛いものを真夏に食べると新陳代謝が上がり体にいいとされていますが、過剰の摂取は逆効果とも言われていますので、注意が必要でしょうね。

とにかく、何でも感でも辛い調味料を入れて食するのがこの親子のコンセプトだそうですので、今後の料理番組などのメディアで知名度が上がりそうですね。

⇒ベッキーの熱愛彼氏は片岡治大!馴れ初めや結婚と妊娠出産も!?

石井夕紀の彼氏や結婚はどうか?

石井夕紀さんには彼氏や結婚相手が存在するんでしょうか?

そこでチェックしてみたところ、石井夕紀さんのブログのケースで嫁入りはされていなかったですね 今年こそいいアナウンスが適うことになりますようにとブログで語っています。

バイオリン奏者と言う事で同じ音楽関係者の男性と気が合うのかなと思いましたが、

本人はいかほど思っているのか?

まあ~バイオリン奏者なんて稼いでいると思いますし、モテると思いますので交際している男性の1人ぐらいはいてる可能性が高いですね。

キャラ的にも男性が好むぽっちゃり系であり、オタクの男性が好む感じです。

とにかく、バイオリン好きにはたまらない女性であることは間違いないですね。

スポンサードリンク

石井夕紀の年収はハンパないのか!?

彼女はバイオリンの講師もされているとの事です。

ヴァイオリンの先生、また、以前よりヴァイオリンを習っておられる人も見受けられると考えます。

この先しばらく「ヴァイオリン教師と言われるお役回り」と言う仮定でお話していきたいと思います。

ヴァイオリン教師の中身を知ることで、講師のスタンスを熟知したり先生を選択する参考になっていくのではないかと想定されます。

「ヴァイオリンの先生」と言われると高尚なフィーリングが存在します。白亜の邸宅に住んで、ピアノのある大規模なレッスン室で、と言われるフィーリングでしょうか。

1つの教師にそれと同じ様な人が見受けられるので、そういったインプレッションを受けるのでしょう。

とは言え、広範囲にわたるヴァイオリン教師は決して裕福とはいえないライフスタイルなのが真実です。

例えば、月謝制の教室でどんなに最高の月謝を12,000円とし、生徒の人数を20人とするのです。

12,000円×20人=24万円。

ここから、必要経費が引かれます。

20人も生徒のいるヴァイオリン教室は既にうまく行っていると思われますが、それもあってようやく24万円です。

決して裕福とはいえません。正直に申し上げて生徒がいくつかの教室も多い状態だと聞きますし、一流教室所属の先生は手取りがもっともっと少額なのでしょう。

勿論の事、月謝の金額は多種多様ですし、演奏行動など他にもギャランティがあるかもしれないですね。

しかしながら、演奏活動による年収はオーケストラのエキストラなど不安定なサラリーがほとんどでなります。

これ以外には、レッスンも含めヴァイオリンのルーチンワークは肉体労働で、自分自身の働いたタイミングがギャランティに比例することが求められます。これに関してはビジネスとしてはさほど納得できる仕事などでは断じてありません。

楽器のランクアップはおろか、学習するための本も買えないし、自分自身の技術上達のためのレッスンを受講することもままならなくなってしまうのです。

演奏テクニックや育成のキャパシティーを磨くよりも、年収GETのため、今日この頃の生徒を囲い込みしたり、やめにくくするアレンジの方が重要になります。

これがほとんどのヴァイオリン教師の現実となります。なによりもまず経済的にそんなに気前の結構なメカニズムにできないのをお分かりになって頂ければと思われます。

ちなみにバイオリン奏者のコンサートの出演料は依頼者とのデータで決まるケースが普通ですね。 出演料は10~100万円の幅が存在すると言われます。

ちなみに一流バイオリニストの千住真理子さんは 1公演に付き50万円以上はもらっているでしょうね 1年で36公演発表されているとしたら、1800万円です。

コンサートのみならず30枚を超えるCD販売やテレビ出演、ラジオ放送番組など広範囲に及ぶ場面で快進撃されているので 2000万円を上回るサラリーはありそうです。

石井夕紀さんも本気でこのレベルまで目指して欲しいと思いますし、辛いものばかり食っている場合ではないと思います。

食ってる暇があれば、ドンドンチャレンジして世界を目指して欲しいと思います。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする