筒井宣政の娘(子供)は佳美!経歴や大学と年収は?医療器具開発が泣ける!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」に筒井宣政(つついのぶまさ)さんが特集されます。

筒井宣政さんは今現在、娘(子供)の筒井佳美さんの心臓病の為にある医療器具を開発しそれを娘の筒井佳美さんに活用しようと考えていました。

そんな筒井宣政さんの経歴や大学と年収などを見ていきたいと思いますが、娘の為に開発した医療器具とはどんな器具なのか?

今回はそんな筒井宣政さんの武勇伝などを見ていきたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

筒井宣政の経歴や大学はいかに?

本名:筒井宣政さん(つつい のぶまさ)

生まれ:1941年

出身:名古屋

職業:東海メディカルプロダクツ会長

学歴: 関西学院大学 経済学部卒業

筒井さんが医療メーカーをスタートしたのは、心臓疾患を抱えた娘を救いたいと言われる思いという理由で実践した。

不本意ながら手術は不可能とドクターから宣告されると考えられますが、人工心臓の開発解明を経験して、弱った心臓を一時的にサポートする医療器具「バルーンカテーテル」の国産品製作をスタート、1989年に完結させます。

筒井さんの娘は3年後に残念ながらこの世を去ってしまいますが、筒井さんが挑んだ進歩は広範囲にわたる命を救ってきました。

一流法人も二の足を踏む診療機器の発達に思い通りになったポイントに関連して、筒井さんは今後の医療界に可能性を感じる事となります。

筒井宣政さんの出身高校は、東海高校ですね。

大学は関西学院大学経済学部を卒業されているのです。

筒井さんの娘さんは1968年に誕生。

娘佳美さんは生まれつきの心臓病を持って生まれ、現代の医学には、生まれつきの心臓病を治す施術が不足して 娘さんが9歳の時点で「手術は行うことが出来ない」という内容を東大のドクターから宣告されると言えます。

それと同じ様な残酷な宣告のなかでも筒井さん夫婦はあきらめることなく 娘さんをサポートするために人工心臓の調査にトライし、8億円もの元金を投じられるも さらなる高レベルの元金が必須となり発展を諦めざるを得なくなります。

とは言っても、そういった夫婦の実利が身を結び のちに12万人もの命を救う医療器具 バルーンカテーテルの進歩に大成されると考えます。

日本国内では初の進歩と言う理由で、結局のところ誰もが認める快挙だったんですね。

筒井宣政は多額の借金があっても娘を助けようとした!

筒井宣政さんは、前会社を受け継いだときに、保証による借金が判明して思っている以上に大変だったそうですね。

詳細では、年商の何倍もの借金だったと言い、前会社というのは、ストローとかのプラスチック押出し成形加工を事業にしていました。

当時の売り上げは、年間4,000万~5,000万円ほどで、収益も、せいぜい200万円ぐらいでしたと言います。

借金は、企業に利益を出して、税金を払った残りの金で返済して行かなければならないわけとなります。把握しやすい計算でいくと、返済に72年はかかる計算だったと言います。

そういったとき、商社に勤務する友人から女性向きに塩化ビニル製の髪結いひもを製造すれば収益が出ると言う話に耳を傾き、そこから早速、自社の樹脂加工スキルを活用してサンプルをつくり、商社などに持ち込んだのですが、いずれにしても販売を引き受けてくれませんでした。

そのためマーケット開拓をしたわけです。広い範囲にわたるという考え方があったのですが、取り敢えず現地で引き受けてくれるところが見つかり、その後はこの髪結いひもが爆発的にヒットしたそうです。

そこから年間4,000万~5,000万円の売り上げを、1億2000万円ぐらいまでに上げ業績は回復し、何とか借金から解放する事ができたそうです。

とんでもないですね。

スポンサードリンク

筒井宣政の娘は筒井佳美!

筒井宣政さんの次女である佳美(よしみ)さんは、先天性の心臓疾患でした。

なんとしてでも手助けたいと国内の有名医療機関をまわるも、9歳の時点で「現代の医学では手術は不可能」との最終検査を宣告されてしまうのです。

それもあってもあきらめきれず海外での施術に望みを実践しますが、実質はアメリカでの手術も無理だと認識されます。

娘の手術ということで貯めていた費用、最初は心臓病を調査している機関に寄付を考えましたが、主治医にコンサルティングしたところ「人工心臓の検討をしてみたらどうでしょうか」と意外な助言を貰うことだと考えます。

現実的に人工心臓があるとすれば娘を助けられるかもしれないが素人に可能なのだろうかと言われるリスクはありました。

それでも「10年も研究を重ねれば期待できる人工心臓ができるかもしれない、もしできなくても、診査のサクセスに貢献ができるかもしれない。

それと同じ様なことにお金を使い切ればご両親はきめ細やかな納得ができるのではないか」と言われる主治医の言葉に医療の世界に踏み込むことを選択します。

人工心臓開発からバルーンカテーテルへ 医療に関しては全くの素人ながら一から研究を始め、医療用原料の研究会にも加入して人工心臓トレーニングをスタートするのです。

佳美さんは不本意ながら平成3年に亡くなりましたが、「娘に使うことでも安全な医療機器、カテーテルの進歩を」と言われる絶大なる思いは「娘の為」から「病を患っている方」という理由で変わり、そして現在では当方の創業の意思・企業理念の「一人でも多くの生命を救いたい」と言われる言葉に繋がっていると考えられます。

⇒川辺友之(ノービアノービオ)のWIKIや経歴と年収!借金や名言がハンパない!【ブラマヨ】

筒井宣政の医療器具開発には泣ける!

「また一人の命を救えるね」

これは佳美さんが残した言葉ですが、 バルーンカテーテルは平成元年に出ました。

そうは言っても治療用ではないこのバルーンカテーテルでは、重大な心臓病を患っていた佳美さんを救うことは困難でした。

とは言っても佳美さんは、両親が自分の病気を足掛かりに医療機器の成長にトライしてくれた事に、病を患っている方を救うカテーテルをフィニッシュさせたことを想像以上に喜んだに違いありません。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回は筒井宣政さんの素晴らしい経歴や功績を見ていきました。

娘の為にここまでできる父親も、中々今の時代はいないと思いますが、素晴らしい父親ですね。

残念ながら娘さんは亡くなってしまいましたが、きっと天国で喜んでいることは間違いないですね。筒井宣政さんの今後の活躍に期待ですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする