川辺友之(ノービアノービオ)のWIKIや経歴と年収!借金や名言がハンパない!【ブラマヨ】

「ブラマヨ」にノービアノービオの社長である川辺友之さんが特集されます。

WIKIがないので、詳しい経歴や年収、過去の借金生活や名言などをピックアップして行きたいと思います。

どうも。オレのトレンド!管理人のオレです!

今回は、スーツなどのフォーマルウエアなどを製造から販売を手掛ける会社「ノービアノービオ」を率いる川辺友之さんの壮絶人生を見ていきたいと思います。

ではでは早速。

スポンサードリンク

川辺友之のWIKIや経歴

94年に慶應義塾大学を卒業されて、その後は当時のダイエーに入社します。

2年後の96年にダイエーを退社されてから、埼玉県に活動の拠点を移し早稲田アカデミーの塾講師を始める。

この2年後には、地元の大阪にもどり家業であった紳士服関係の仕事に従事していきます。

ここから本格的にスーツやフォーマル関係の仕事に没頭するようになり本格的に業界に参入するようになりますね。

しかしながら、まだ業界の経験値も浅い川辺さんを襲ったのは多額の借金だったと言います。

この自体を重く受け止めた川辺さんは、当時快進撃を続けていた楽天の三木谷社長と出会い、人生が一変したと語っています。

そんな事もあってか2004年には自身の会社である「ノービアノービオ」を設立して、インターネットでスーツを売る戦略に切り替える。

その努力が実を結んだのか、その戦略は見事に大ヒットし今度は2号店を東京の南青山に出店するようになります。

これを機に、インターネット事業に乗り出した川辺さんは、アマゾン店なども展開し大阪谷町の紳士服縫製文化を引き継ぎ、大阪谷町に存在する自社の縫製工場でいかなる時も品質進化にトライし、適正価格で消費者に喜んで下さる紳士服を組立て続け、オンラインと直営のリアルショップにて、ユーザーに喜んでくださる接客アフターサービスにおいて販売しています。

川辺友之の過去は借金地獄だった!?

今現在では、事業に成功し多くの地域活性や社会貢献に注力していますが、今までの道のりはそんな簡単なものではなかったと川辺さんは語っています。

現在、自身でインターネットを活用したビジネスやクラウドファンティングなどに成功されていますが従来は大型店アパレルの製造メーカーという形で主として紳士礼服を縫製し、最盛期年商60億円を数えたましたが、一流クライアントの相次ぐ倒産の結果に従い損失は数十億円にに至るまで膨らみました。

彼は東京で就職後、大阪に戻り家業に戻るものの、当時の家業はどん底。

そういった状況を楽天市場の説明会で三木谷社長から掛けられた「スーツはインターネットで売れる」の一言に刺激を受け、ウェブ上の小売の世界に飛び込むことを覚悟したと言います。

WEBでの集客・販促を学び販促広告費を9割まで削減でき、実店舗の売上は2年で4倍にまで回復しました。

ここ数年、経営者などをメインにした講習会やセミナーなどを展開して時には全国を飛び回る事もあると言う。

さらには融資に頼らない元金入手メソッドという形でクラウドファンディングFAAVO大阪の運営にも乗り出す。大阪の中小企業・個人事業主を支援すべく自身も日々学んでいると言います。

従来アパレルメーカーが集積していた大阪・谷町で現在では縫製からこだわって紳士用フォーマルスーツの製造・販売を進行していることがNFLの川辺友之社長です。

元々、父が営む紳士用フォーマルスーツ製造卸の事業をどん底から立て直すことができたのは、家族や自身の強い覚悟があったこそだと言います。

スポンサードリンク

川辺友之の年収はいかに!?

元々父が生地を活用して紳士向けフォーマルスーツの製造卸に転じた事が事の発端です。

一流紳士服チェーンに卸している状態でしたが、やればやるほど拡大路線を歩み、業界2位の売上げクラスを誇るまでになっていました。

しかし、じわじわと勢いを失っていきます。

1998年に父の会社に入り、全く未知の状態で経理を担当して驚きました。借金、在庫の額が数十億円に膨れ上がっていて、なんじゃこりゃ、と。

卸売はいかなる時も多種多様な在庫を持っていなければならず、さらには買い取りのケースではないから多方面にわたって返品が存在します。

明けても暮れても消費者に振り回されているようなケースでした。2001年になると取引先の大手小売店が倒産して現実に元金繰りが厳しくなりました。

これを機に彼はネット事業に取り組む訳ですが、ネットであれば商圏など存在ぜずに全国の顧客を相手に出来ますし、大げさに言えば世界中を顧客にできる訳です。

この事に目を向けた川辺さんは、当時爆発的な成長を遂げていた楽天市場に出店して、そこから多くのユーザーを囲い込む事に成功したのです。

それからと言うもの、川辺さんの業績はグングンと上がり続け、なんと1月で月商1200万まで上がり続けました。

これを境に、彼はネットで商売できると確信し、今現在の成功に繋がっていますね。

そんな川辺さんの今現在の年収は少なくとも2000~3000万はあると思いますね。

川辺友之の名言がハンパない!

まさに地獄の借金生活から、見事不死鳥の様に復活した川辺さんですが、ここまでのサクセスストーリーの中には彼らしい名言が隠されています。

正に、川辺さんが言えば心に響くものばかりです。

開業直後の起業家は、ひとりで営業や経理など何役もこなさなくてはなりません。プレッシャーや不安も感じるでしょうし、辛い思いをすることだってある。そんなとき支えになるのが「熱意」です。熱意さえあれば、逆境でも踏ん張るエネルギーが生まれます。

結婚と同じで、起業も勢いが大事。

大きなリターンを得たいなら、ある程度のリスクを引き受ける必要があります。周囲の経営者を見渡しても、「借金してでもビジネスを拡大するのが当たり前」という人の方が、成功率が高いと感じます。

どの言葉も彼が言えば、名言として残りますね。

川辺さんの父親も、自ら事業を縮小し結婚式ビジネスを開始して「日本一安い結婚式場」と言うテーマで商売を始めました。

そうすると、それを知ったユーザーからの支持を受けスーツ業では手形がメインになって現金が中々得ることが出来なかったそうですが、結婚式ビジネスに変えてから先に現金が得れると言う事で軌道にのったようです。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

今回はノービアノービオの代表である川辺友之さんを見ていきました。

この様に、父親の会社から独立してインターネットで成功した川辺友之さんですが、やはり彼を支えたのは家族の存在である事は間違いないですね。

今では、嫁さんと子供に恵まれながら毎日が充実したライフスタイルを送っている事でしょう。

今後の活躍にも期待したいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする