セブンルール

片根淳子とお肉ジャパンの通販方法はFB?年収や旦那はいる!コスプレはガチ?

投稿日:

「セブンルール」にお肉ジャパンのオーナー片根淳子さんが特集されますが、コスプレが凛々しいのと年収や年齢、経歴プロフィールなどを見ていきたいと思います。

 

片根淳子のお店であるお肉ジャパンのお取り寄せや通販方法などはFacebookからしかできないなどと、SNSを使った取り寄せと通販方法などはあまり聞いた事がない。

 

結婚して旦那(夫)がすでにいてるみたいで、旦那の仕事の関係で新潟に住み着いたんだそう。

 

それらすべてを見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

片根淳子の経歴プロフィールやWIKI

片根さんは、なんとまあ元保険会社の従業員。

 

どんな事を足掛かりにお肉ジャパンのオーナーになったのでしょうか? 興味津々です。

 

1975年に群馬県に生まれ、大学卒業した後、一流企業保険会社の複合職として長年勤めます。

 

離職後、2016年に新潟市内で「お肉ジャパン」をオープンしていらい、“肉好きによる肉好きを目論んだ塊肉専門ショップ"を掲げて、牛肉を重点的にバラエティーに富んだ部分の塊肉をラインナップしている。

 

自分自身もいつでも肉を口に入れない日はないという程の肉好きで、過密スケジュールでワークする毎日を過ごしています。

 

雇われていた頃は、メンタル的なハードさがダブって退社。この事が重なって、サポートしてくれた母も永眠してしまった。

 

彼女いわく、「毎日何をしていいのかサッパリだった」と言う。

 

こう言ったある時、インターネット上のお取り寄せで自分がミスしてオーダーしてしまった塊肉に我が目を疑ったそうです。

 

この段階で感じた感覚がが忘れられずに心機一転。良い悪いありのままで、新潟と言う土地勘がない場所で「お肉ジャパン」をオープン、和牛をベースとした塊肉専門業者として、広範囲な肉を日替わりでセールスしています。

片根淳子のコスプレがガチだ!

ただただ肉をご賞味して完結するのではハッピーじゃないとオーナー片根淳子が自分自身でコスプレをして ゲストを堪能させていますね。

 

個性的なヘアーのがトレードマークの片根淳子はほんとうにバックアップの心がありサポート精神旺盛でありますね。

 

主要なイベントはステーキの大食いコンペティション。

 

数名の対抗者が、ガンガン運ばれてくるステーキを食べまくる。40分間でとりわけ多く口にした人が制覇だ。

 

サシ寄せる肉にもがき苦しんで口に入れる手が止まる対抗者も沢山いる中、チャンピオンになった若者の男性は1キロ以上を完食した。

 

とにかく、この男性は日常的に肉を人の倍は食べると言う!

オーディエンスの中央では、漫画のコスプレに身を包み、歌舞伎役者と勘違いするようなメイクアップをした彼女が大きな肉の固まりをちゃっちゃとさばいていました。

 

いずれにせよ肉を食べまくる「肉が如く」は6ヵ月ごとに開き、この度で3回目。

 

ただのんでご飯を食べるだけではなく、祭礼のインプレッションをエンジョイしてもらおうと、コスプレにもトライしている。

 

今度は25キロの肉をつぎ込み切った。

 

セレモニーは新潟駅近くで開かれ 40人以上がサークル、牛、豚、鶏と肉ディナーが一杯振舞われたようです。

このようなコスプレをするだけで、かなりチャレンジ精神旺盛と言うか、性格的に目立つのが好きなんでしょうな。

 

本当に自分自身も楽しんで毎日を過ごしている彼女の肉には魂が宿っています。

片根淳子とお肉ジャパンの通販方法や取り寄せはFacebookから?

“オンライン通販”が何かと言ったら「インフォメーションを利用したハイレベルなセールスプロモーション策が必要不可欠」とか、「サイトの開設に高い額のお金が必要」など、ある程度シビアなニュアンスをお持ちになるかもしれないですね。

 

しかし、彼女のお肉ジャパンは違います。

 

“Facebook”をうまく利用してコストをかけずに“サクッと”オンラインお取り寄せがうまく行っている専門ショップこそが彼女の店だ。

 

売り上げ高の中心は「個人対象通信販売」が元となっていてすが、公式サイトもオンラインPRも使わず、“SNSへのレビュー”のみで価値を高めているところが特色になります。

 

記事の投稿も3日に1回ほどの頻度で、アグレッシブに選び抜いた塊肉を単価1万円前後の「詰め合わせ」に換えて、スナップ撮影と同時にFacebookへUPします。

実践すると、コメントには、全国の至る所のフォロワーから着々とオーダー受付が寄せられ、2~3時間後にはほとんどの商品が品切れ状態と言えます。

 

ついでに申しますと、決済方法は振り込みか、代引きのみのやり方ですが、お肉ジャパンの「マニア」はその条件でも肉を購入する。

 

その原理原則は 何と言いましても1,900人を上回る「フォロワー」との“リレーション”でしょう。

 

オープンしてから3年足らずで、どういった具合にフォロワーをアップさせて来たのかといえば、「これと言った、ショップからのPR宣伝などは打っていない」というからものすごいです。

 

ただひとつアグレッシブにチャレンジしているのは「積み出し時に、クライアント様一人一人に対して手書きのコメントを同封し、ステップバイステップで感謝の意を案内していること」とのことです。

 

コンスタントな心掛けですが、フォロワーとの胸のうちのリレーションがレベルアップし、評判やPRがもたらされやすいタッチの関係性を築けてるんではないかと思います。

店 名:お肉ジャパン
住 所:新潟市中央区営所通1番町321
電 話:090-4538-4157、025-228-5429
営業時間:10:30~19:00
定休日:日曜日、祝日

⇒お肉ジャパンのFBはコチラ

お肉ジャパンはどんな塊肉にこだわっているのか?

アピールポイントは、ハイクオリティの国内産のブランド牛をメインに据えたデラックスな肉。

 

SNSやフェイスブックを使用する販売システムで、全国各地のファミリー層からの引き合いが終わりを見せないほどよく売れています。

 

国内でも有名な 佐賀牛や仙台牛、松阪牛を重点的にさまざまなエリアを日替わりで発売されています。

 

ポリシーは「お肉を通じて人を笑顔に」が彼女の心情。

 

ショップの中の冷蔵庫の中には、顔に見合ったキャパシティーの肉がギッシリつまり、2カ所以上のバリエーションの牛と交雑した交雑牛は取り扱わず、新鮮な和牛を重点的に買い付ける。

 

もちろん、ロースや肩肉、ヒレ肉などのいずれのゾーンが何キロ買い入れることができるかは、片根さんが4・5日間に1度仲買業者まで出向くプロセス次第。

 

しかしながらフェイスブックにその日ゲットした塊肉の写真を記載すると、ほぼその日のうち品切れとなるほどの人気状態だ。殆どがインターネットを経由してオーダーするクライアントです。

100パーセント肉料理をエンジョイするなら何と言っても新鮮な肉がイチオシ。

 

保存性が上昇して、言うほど安い金額で、ありとあらゆるクッキングに変幻自在。

 

ビジュアル的もゴージャスなローストビーフからジューシーでコクたっぷりのステーキまで、本場アメリカ風のビーフをエンジョイしたいと言うなら塊肉がオススメだ。

 

スライスした肉が山のようになりあっているケースでは、肉同士がへばり付いているスポットが黒くなっていることがある。

 

この状態はアクティブな肉であってももたらされることで、色の差異は肉に位置するミオグロビンという名の色素が元となるもの。

 

黒くなった箇所は肉が酸素にタッチしていなかったことで引き起こされる物理現象。

 

ある程度空気に接しさせて赤色に発色すりゃ、クォリティーに疑念を抱く理由はない。

 

ボリュームの大きな固まり肉は、1度で完食できないことも。2、3日の範囲内で食べるケースになると、空気感が入らないよう正確にラップでパッキングし冷蔵インストールを。

 

これとは別にアルミホイルでパッキングし冷凍保存すれば、ひと月は味をドカ~ンとダメにすることなく堪能することができる。

片根淳子の年収はいかに?

食肉店が何かと言ったらオーソドックスなスーパーじゃなくて良い肉がセッティングしてありグラムあたりでの量り売りが可能なためちょっとした食肉でもチョイスできるホントにユーザビリティの高いお店です。

 

しかし食肉店をオープンした場合様々なスタートするまでのセットアップが求められます。

 

さしあたってきっちりと食品衛生法許可をゲットすることが重要になりますし、肉をいじってセールスする場合には食品衛生のスーパーバイザーをとにかく常時一人は差し置く義務もあらわれてきます。

 

とりわけ食肉のケースでは、近年問題に陥った生食用の肉のセールスに関してはシビアな規制がありますので、不法行為とならないようにきちんと肉のデータ等を得ることも一人で開業するまでの下ごしらえとしては重要なファクターとなります。

 

食品衛生に伴う許認可というのは、食肉をセールスする店舗が考案され、それ以降立ち入り検査があってこそ承認が下りますので、スタートするまでのセッティングとしてクリーンな実態をキープできるショップの建設や改築が重要だと断言できます。

 

コストとしては、スタート資金として約500万円くらいはどんなに悪くてもなくては困ります。

 

これは食肉を取り扱っているための開示ケースや食肉を処理するための調理場器具、肉をストックしておく冷凍庫や冷蔵庫と言ったマシーンの代金だけに限らず、ショップの内装やエクステリアに絶対不可欠なコスト、衛生的な側面をキープすることに必要な器具のコストなどに100パーセントプラスされるお金です。

 

食肉の原価率につきましては0.7~0.8ぐらいではないかと考えますから、2割~3割方が利益となります。

 

そうは言っても肉をどんなふうなシステムでオーダーするかによっても買い付け金額はバラバラになってきますし、大量販売大量仕入れというようなスケールの大きいさなかに買い求めるであればリスクが伴います。

 

とにかく、計画的に物事を進めて行かないと確実に利益を取って行くのは容易ではない商売だと思いますので、彼女のような地道なSNS投稿であったり、イベント開催などの日頃クライアントに対する還元などを行って行くと信用を勝ち得ていくんだと思います。

 

そう考えれば、彼女のような個人ビジネスの場合は年収500万~600万円ほどで落ち着くんではないかと思います。まだオープンして3年目ですからね。

片根淳子と結婚や旦那(夫)や子供はいるのか?

旦那の本業の転勤で新潟に越してきた 片根さんはすでに結婚されているようです。

 

子供はクエスチョンですが、自分で独立して店を始めたとなると子供はいないんではないかと思います。

 

元々店を始めた理由が、 新潟では肉料理がメジャーではないことに疑問を持ち、「それなら自分が肉を広めよう」となったそうだ。

 

そして、 ハイクオリティなお肉の割り当てをプロショップでマスターし、そこからは自分の信念を貫くために独自の経営方法で今まで展開。

 

結果としてフェイスブックなどの集客に成功して、広告費を打つことなく毎日売れています。

 

今後も新潟で肉のエキスパートとして活躍して欲しいと思います。

関連記事は下をスクロールだ!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-セブンルール
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.