速報ニュース

【原因は何?】ホンダ爆発事故の出火元や現場は?野原鉄矢と熊谷竜児は大丈夫か?

投稿日:

ホンダ鈴鹿製作所で大規模な火災と爆発事故があったが、原因や出火元の現場はどうなっているのか調べていきたいと思います!

 

現場で仕事をしていた被害者の野原鉄矢と熊谷竜児は現在大丈夫なのか?

 

やけどをして重症だそうだが、今後の回復を一刻も早く願いたいです。

 

それでは今回は、本田鈴鹿製作所で起きた火災爆発事故の原因や現場の状況などをピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

ホンダ鈴鹿製作所で起きた火災事故の原因は何なのか?

まずは、公式での事故の状況を見ていきたいと思います。

14日午前、三重県鈴鹿市の本田技研工業の鈴鹿製作所で、通電の確認をしていた男性2人がやけどをし、1人は重傷です。

 

警察によりますと、14日午前9時15分ごろ、鈴鹿市平田町にある本田技研工業鈴鹿製作所の自動車の部品を加工する工場で、作業員が爆発音を聞き駆け付けたところ、別の場所で作業していた男性2人が倒れているのをみつけ、消防に通報しました。

 

2人は病院に運ばれましたが、21歳の男性が上半身にやけどをして重傷、27歳の男性も顔にやけどをしたということです。

 

2人は、停止中の溶鉱炉の点検で通電の確認をしていたということで、警察は、けがの状況から、作業中に何らかの原因で配電盤から火花が出たとみて、詳しく調べています。

今回の事故の原因としては、配電盤から火が出た可能性が高いのでいわゆるこれが飛び火して被害者2人に燃え移った可能性が極めて高いですね。

 

作業していた2人からすると、いきなり火が飛び散ってきたので相当ビビったでしょうね。

 

日頃から、機械の点検やチェックなどはやはり大事と思わせる今回の事故だが、いきなり配電盤から出火したのであれば何かしら古い配電盤だった可能性が高い。

 

ただ、作業員の2人が配電盤を点検していたと言う事から、日頃からチェックは行っていたんだろうと想定できる。

 

したがって、点検ミスではなくこの配電盤自体が相当年期が入り古いタイプだったのかもしれない。

 

とにかく、事故の原因に置いては古い配電盤から寿命に近づき、限界がきて不作動が起こり出火したのではないかと思います。

被害者野原鉄矢と熊谷竜児は大丈夫?

一番気になるのは、やはり被害者でもあるこの2人。

 

現場で倒れていたのはこの工場に勤務する野原鉄矢さん(21)と熊谷竜児さん(27)で、2人既にやけどをして重症だそうだ。

 

現場にいた2人は、設備の点検作業を行っていたらしく、事故直後にやけどにあったそうです。

 

すぐに応急処置をして今現在は緊急病院に運ばれて手当しています。

 

やけどは「熱傷」とよばれ、熱が原因の皮膚や粘膜のダメージを意味します。

 

軽いものをふくめるとごく普通の方もよく閲覧したり、耳にしたりしたことがあると言えますし、皮膚科でよくみるオーソドックスな症状です。

 

高温の物質が肌に一定時間以上タッチするとやけどとなるのです。

 

それなりに炎や破裂などの温度が高くてもやけどではあるけど、40-55度くらいのそこまで高温ではないものでもやけどになることがおきます。

 

素肌が薄っぺらい子供やお年寄りの方や大人でも深く寝込んでいるときにはそれなりに低い外の温度でも持続的に加熱されることで火傷となってしまいがちです。

 

こういうのって低温熱傷といったやけどと言えるもので痛々しいやけど過多が特殊的です。

 

火傷では直後から浮腫が見れますが、そのあともむくみやみずぶくれが3~4日程度移行します。

 

色んなところに火傷するとやけどのダメージの治療と同時に火傷による損害を完治させる為に点滴治療が欠かすことはできません。

 

さしあたって火傷の範囲内で考え付くのは、熱傷の範囲内が肌の15%の上を行くケースや火傷が2%よりも大きいケースになると入院してケアして貰うことが基本的法則です。

 

ついでに申しますと、これとは別に広い範囲にわたる火傷のケースでは熱傷ダメージになって生命に影響を及ぼすこともありますのでスケールの大きい医療機関で治療と感染治療をメインに据えた集中的なケアをスグサマ受けることが重要になります。

ホンダ鈴鹿製作所火災事故現場はどこ?

おそらく画像から解るように、このようなプラント内の現場で作業していた時に事故が発生したんだろう。

 

特定の現場は工場内と言う事ですが、ホンダ鈴鹿製作所は基本的に車を生産しているライン工場になるので、どこかのエリアの部署と言う事でしょう。

 

被害者の2人もどこかのエリアのラインに配属されているので、自分の持ち場から今回の事故が発生したんでしょうね。

ホンダ鈴鹿製作所とはどんなところ?

レースの街から色んな国と地域のカスタマーに鈴鹿製作所はハイスペックの商品を供給しています。

 

鈴鹿製作所は1960年に、国内3番目の工房としてオープンされました。

 

こちらでは世界各国のベストセラーカーのフィットやハイブリッドカーを作り上げています。 この他には、鈴鹿製作所だけに限らず本田の各製作所は日本国外28ヶ国の工房にコンテンツを供給し、現地供給されてるパーツとアジャストし、現地生産アクティビティーをフォローアップするでっかい役目をはたしています。

 

これ以外には、国外の工場へ技術サポートをするワークショップの立場での役割も引き受けています。

 

人とマシーンがみごとにマッチしたプロダクトライン。アバンギャルドな施設と人のテクノロジーからハイクオリティなくるまが出て来ます。

 

ハイレベルな自家用車を加工するため、鈴鹿製作所では精工にできた一番新しいマシーンをいろんな所にセットアップ。コストパフォーマンスがいいプロダクトラインで、エンジンから完成車にいたるまでのブレないプロダクトメカニズムをアジャストしています。

 

それから各プロセスにおいて、本田の基本スローガン『人間尊重』にあわせて、重量物のラインナップや、難姿勢作業と言われるものをロボットと交換するなど、行動しやすさに特化した工房です。

 

この他には『グローバルスタンダードライン』といったこのプロダクトラインでは、コンテンツ類のシステム化が図られ、多車種シャッフル生産と考えているマーケットと共に可塑性のあるプロダクトを可能としています。

 

最高で8モデルに応用できる対応力、生産プロセスに伴うCO2排出量20%カットを実現させています。

現在コロナで工場見学は休止中!

新型コロナウイルスの国内感染拡大を受けまして、クライアントへの感染拡大防止のために、工場見学中止期間をしばらくの間引き延ばししています。

 

さらに、工場見学再開のタイミングの目処が立たない事態になり、新規見学のオーダー受付もしばらくの間、ストップしている。

 

さらには、コロナウイルスが影響を及ぼして日本国内でクルマのセールスが苦しんでいることから、ホンダは埼玉県と三重県にある工場のプロダクトを一時停止しています。

 

この事から、生産計画を公開し鈴鹿製作所でも3日間、おのおの大量生産をストップすることになりました。 ホンダは現時点でパーツのキープが困難になったことから生産コントロールを規制し、工場ではプロダクトを慎重に行っています。

 

そうは言っても、日本国内のクルマのセールスが苦しんでいるため、来月もう一度生産コントロールを行い、工場で働くスタッフは、有給などでレスポンスすることにしています。

 

今回の事故でさらなる影響が出ないか心配です。

 

作業員の2人も早期回復を願うばかりです。

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-速報ニュース
-

Copyright© , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.