事件事故

八木雄一(ネット詐欺)の顔画像やFacebookとツイッター!動機や手口がエグい!

投稿日:

「GIFTプロジェクト」と偽り、ネットビジネスの詐欺で検挙された八木雄一と伊藤公一の顔画像やフェイスブック、ツイッターなどと犯行動機や手口などをピックアップして行きたいと思います。

 

八木雄一等は、ネット詐欺をしたとして、毎月10万円は必ず稼げるとして主に高齢者などを狙った詐欺手口をひて今回御用になりました。

スポンサードリンク

八木雄一(ネット詐欺師)の犯行動機や手口がヤバい!

まずは公式の発表です。

「毎月10万円を渡せる」と偽り、「GIFTプロジェクト」と名付けた企画の参加費として現金をだまし取ったとして、大阪府警生活経済課は25日までに、詐欺の疑いで住所不定、自営業八木雄一容疑者(31)、千葉県市川市の自営業伊藤公一容疑者(65)ら男女5人を逮捕した。インターネット上の動画で宣伝しており、同課は2017年4月以降の約1年間で全国の延べ約6800人から約9億2千万円を集めたとみている。生活経済課によると、伊藤容疑者が動画で「資産が約80億円あり、賛同してくれれば、私が運用して毎月10万円を渡せる」などと言って、企画の参加費約10万円を募っていた。出典https://headlines.yahoo.co.jp/

まず犯行動機として一番考えられるのが金銭目的の詐欺を行ったということですが、具体的にどのような手口をやり金銭を巻き上げたんでしょうか。

 

もちろん彼らはプロですから繊細な計画と最悪なシナリオを考えて計画おうち今回の事を実行したと思いますが基本的にネット詐欺に関することは申し込んできた利用者から個人情報やクレジットカードなどの情報を読み取りそこから金銭を巻き上げるということをやって行くと思います。

 

しかしながらやっている人物たちはプロですからここに仕掛けと言うか巧妙な罠が仕掛けられているわけであり、そのほとんどが被害者の身内や家族を名乗って攻撃を仕掛けてくるということです。

 

しかしながらこの手のオレオレ詐欺的な行為は今の時代は主流になっていて、かなりの規制が激しくなり取り締まりも強化されてきています。

 

にもかかわらずこのような被害が出るということは一定数でも信用するということでしょうか。

八木雄一の顔画像やフェイスブックとツイッターは?

さてここで八木雄一の顔画像や Facebook と Twitter などをピックアップしていきたいと思いますが、当然プロの詐欺師なわけですからこのようなアカウントを公開するようなことをネット上で行なっているとは思えません。

 

検索をかけてみたところアカウントがないのでどうやらやっていないのは確実と思われますし、情報を共有して詐欺などを行うプロですからやはり情報が漏れてしまうようなあかんと思っているはずがありません。

 

顔画像に関しても今後厳しい捜査当局の追求と取り調べが始まっていくと思いますので、起訴されて裁判になればその証拠としてどんどん公開されていくと思います。

 

公開が出次第早急に追記していきたいと思います。

スポンサードリンク

八木雄一と伊藤公一の関係は?

さてこの二人が一体どのような関係になっているのか非常に気になりますが、おそらくビジネス上の付き合いだと思いますが不可解な部分がなどとして残っていますがこの二人かなり年齢差があるわけです。

 

31歳と65歳という立場の二人なので親子の年齢差であっても何ら不思議はありませんが、おそらくビジネス上の付き合いだと思います。

 

30歳以上も年の差が離れたビジネス上の付き合いで交流を図っていたのかということになると思いますが、どちらにしてもこの二人は逮捕されていますので普段からも交流がありビジネスとしてのパートナー的存在だったのかもしれません。

スポンサードリンク

八木雄一と伊藤公一の今後や逮捕後はどうか?

さて今後は詐欺罪によって逮捕され起訴されることになっていくと思いますがここで詐欺罪とはどのような罪状なのかを詳しくピックアップしていきたいと思います。

 

この際上によって多くの捜査員は目撃者の情報や被害者等の関連することを追求して犯人を捜査線上に洗い出していく作業をまずを行っていきます。

 

詐欺罪の現行犯逮捕というのは比較的難しい部類に入ると思いますので多くのパターンが礼状を先にとり、そこから犯人の自宅周辺を捜索しながら帰宅するのを待って礼状を提出し通常逮捕という流れが多いです。

 

逮捕状などの形状によっては認可がおりるケースとおりないケースがあり、逮捕の必要性が裁判所から認められる場合、無条件で申請され発行されるということです。

 

八木雄一の今後や逮捕状の流れについてイメージして行きましたが詐欺罪に関しては、100%を相手に不利益を生じるものですから、もし自分がされたことをイメージして今後は留置所で身柄を拘束され起訴され裁判されてアンケツが降れば務所に入る可能性もありますので、シャバに出てきた時に今回の事件を大いに反省して罪を償い第二の人生を全うに頼んで欲しいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

他の関連記事は下から!

スポンサードリンク

-事件事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.