事件事故

小森勝弘(明和タクシー運転手)の顔画像や勤務先と経歴が!事故原因はボケ!?

更新日:

愛知県にある明和タクシーの運転手、小森勝弘が起こした事故で顔画像や経歴プロフィールと勤務先営業所はどこなんでしょうか?

 

小森勝弘が勤務する明和タクシーは、全国的にもメジャーな会社で、今回の事故原因や動機が何なのか非常に気になりますが、高齢だと言う事もあり、ボケていたのか?と言う事が推測されます。

 

なぜ小森勝弘のような高齢者が、タクシーを運転していたのかがミステリアスですが、その原因や真相と、フェイスブックやツイッターなどのSNSはやっていたのかをピックアップして行きたいと思います!

スポンサードリンク

小森勝弘の勤務先(明和タクシー運転手)営業所の場所はいかに!?

まず公式ではこのような発表です。

愛知県警中署は「明和タクシー」運転手の男(75)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。同署によると、タクシーは車止め石柱2本をなぎ倒して歩道に乗り上げ、歩行者をはねたという。

目撃者らによると、当時、ロータリーでは路上ライブが行われており、タクシーはその聴衆の中に突っ込んで歩行者やストリートミュージシャンをはねたという。目撃者の男性は「止まったと思ったらバックしてまた人をひいていた。開いていたドアから慌ててエンジンを切ったが、男性運転手は放心状態だった」と話した。別の男性は「ブレーキをかけずにロータリーに突っ込んできた」と驚いた様子で話した。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

 

明和タクシーは主に全国展開をしているタクシー会社でありますが今回の小森の勤務先は名古屋になると思います。

なぜこのようなイカれた事故を起こしたのかはその原因や動機が気になりますが今現在歩行者を跳ねたということで合計7人以上の重軽傷者がおり一人は重体ということになっています。

 

依然として近年では高齢者に対するドライバーの事故が多発しており今回もその象徴とも言える出来事だと思いますがこの小森の勤務先が名古屋のどこの明和タクシーの視点になるのかリサーチしていきたいと思います。

 

明和タクシーというのは目的に合わせて車種を選ぶことができるそうで主に顧客のクライアントや冠婚葬祭の予約などでうまるケースが多くその他にも観光や送迎に愛用されている老舗のタクシー会社であります。

 

会社のポリシーとしてもクライアントさんに満足いただけるサービスを提供していますというふうに理念をかけていますので多くの富裕層の顧客を持っており毎日のライフスタイルでも病院や介護施設などの送迎などにも多くの顧客が利用している。

 

タクシーだけではなくハイヤーの車種もありその利便性や送迎のエリアによって車種を使い分けたりクライアントからの要望によって豊富な車種を取り扱っています。

 

このような多くの顧客に支持されている会社であるのに今回の小森のような高齢者が適切に運転して本当に正しかったのか?ということが今回の事故によって追求されるでしょう。

 

小森の勤務先は名古屋の視点になると思いますが上記の画像の視点ではないかと推測します。

 

 Google 検索では「明和タクシー名古屋」というふうなキーワードで検索をかければ一目散で上記の視点が出てきましたのでおそらくこの勤務先に勤めていたと推測されます。

小森勝弘の顔画像や経歴プロフィールはどうか!?

ここで小森の顔画像や経歴プロフィールなどをピックアップしていきたいと思うんですが、今現在小森の顔画像は公開されていなく捜査当局の取り調べによって今後厳しく追及されていきますので公開されるのは時間の問題だと思います。

 

公開され次第すぐに追記していきたいと思います。

 

経歴プロフィールなどは長年明和タクシーで勤めていたのかは定かではありませんが、75歳という高齢になっているのにもかかわらず未だに現役のタクシーの運転手で勤務をされていたということは、よっぽど毎日の生活が経済的に厳しかったのか、年金だけではやっていけなかったのかという可能性が高いです。

 

明和タクシー側もなぜこのような高齢でいつボケるかもわからないような人材を雇っているのかが非常にミステリアスです。

 

確かに今の時代に人手不足はどのような業界でも怒っていると思いますが、明和タクシーもそれほど人手不足に深刻だった可能性もあります。

 

若手の人材が全く居なく会社の運転手の高齢化がどんどん進み、現場でタクシーを運転するのは高齢者しかいなくなってるのも実情であります。

 

しかしながら普通に考えたら75歳の年齢ですから子守自身が介護を受けてもおかしくないような年で、そのような人材が2にタクシーを運転しているわけですから考えられる要因はおそらくアクセルやブレーキの踏み間違いや普通にボケを生じたという可能性があります。

スポンサードリンク

小森勝弘とフェイスブックやツイッターは?

さてここで小森自身が Facebook や Twitter などの SNS をやっていたのかということなんですが、これだけの高齢者ですから当然スマホすら持っていない可能性も高く Facebook や Twitter など全く意味不明ではないでしょうか?

 

逆にこれだけの年齢で SNS をやっていた方がかなりすごいと思いますが、 Facebook で検索をかけてみるとトップに出てきますがこの小森とは全くの別人であります。

 

従ってソーシャルメディアは全くやっていないと思いますし、逆にやり方なんて全く分からないと思います。

小森勝弘の事故動機や原因と真相は?

高齢者による相次いでドライバーによる接触事故やひき逃げ事件なども多く近年は発生していますが、今回もそれに匹敵するような重大な事故だと思います。

 

基本的に義務としては高齢者は自らが免許の返納を行うように公安委員会が促していますがほとんどの高齢者は返納していないんではないでしょうか。

 

この子守りも自分の運転に自信があったのかは定かではありませんが75歳以上の高齢者に対しては自分が自覚している以上にリスキーな危険性が生じますのでその根本的な動悸や原因としては「ブレーキとアクセルを踏み間違えて事故を起こした」というような初歩的なミスが事故の原因につながっています。

 

一度そのような運転中に混乱状態に落ちてしまうと、本人もパニックになりメンタル面が正常に働かなくなって通常の運転が困難になってきます。

 

アクセルとブレーキを踏み間違えるなんてどう考えてもありえないミスだと思うんですが、彼らにとってはそれが普通に起こり得るのでどちらかといえば他の原因的に考えられる要因として

ボケ

操作ミス(アクセルとブレーキ間違い)

元々天然

このようなことが考えられるんではないでしょうか?

 

去年も交通事故のほとんどの年齢層が75歳以上のドライバーが約90%を占めるということで圧倒的に高齢者の事故が大半を占めています。

 

原因としては認知症であったり、元々車を運転するレベルに達していなかったというような初歩的なレベルがほとんどです。

 

本人は全く気づいていないのでこれを防止するには周囲の人間の教育や日頃のコミュニケーションがとても重要になってきますので、おそらく今回の小森でも会社内でこのような教育やコミュニケーションを受けていなかった 高いです。

 

今後は起訴されてどのような判決になるのかわかりませんが、被害者や遺族にはご冥福を祈る。

 

最後までご覧頂き本当にありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-事件事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.