事件事故

陣内大和(詐欺)の顔画像やFacebookと経歴がヤバい!ツイッターは?

投稿日:

タイの詐欺グループから強制送還された陣内大和の顔画像や、フェイスブック、ツイッターなどをピックアップして行きたいと思いますが経歴プロフィールなども相当ヤバそうな感じです。

 

陣内大和はタイの詐欺グループのボスとして、活動されていたそうですが、真相や正体は何者なんでしょうか?

 

陣内大和の過去の経歴プロフィールなども、おそらく詐欺歴が長く海外での経験もあるとこからスキルは高いものと見て間違いないと思います。

 

今回はそんな陣内大和の真祖に迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

陣内大和の経歴プロフィールや詐欺の真相は?

まず、公式ではこうです。

 

主犯格とみられる男が、日本へ強制送還された。詐欺の疑いで逮捕状が出ている陣内大和容疑者(30)は、警視庁の捜査員に付き添われて、タイから日本に強制送還された。12日朝、羽田空港に到着した際に逮捕される見通し。

陣内容疑者は、すでに逮捕された日本人詐欺グループ15人がアジトにしていた家の賃貸契約を結んでいたほか、タイ警察の調べには、15人の世話をしていたと認めている。警視庁は、陣内容疑者が中心的役割を担っていたとみて、全容解明を進める方針。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

タイから強制送還された陣内大和ですが今後の展開は日本の捜査当局で詐欺グループなどの実証見聞が行われると思いますが詐欺罪として起訴されるのはほぼ間違いないでしょう。

 

過去の経歴プロフィールなどをリサーチしてみると間違いなく海外で活動していたことが長くにわたって反映されておりなぜ隊などの海外で活動しているのかと予想すれば日本は取り締まりが厳しいし振り込み詐欺などの監視がここ何年かで非常に強化体制に入っており仕事をするにはかなり環境が整っていないということでタイなどのアジアで活動していたんではないでしょうか。

 

今現在中央アジア圏内でシンガポールやカザフスタンなどでこのような活動が急増しており日本人も加入してくるケースが多いです。

 

特にインターネットなどを使ってパソコン1台で仕事ができるわけであり電子マネーを使ったり海外の口座を利用してお金を送金するなどして非常に利便性もよく彼らにとってはすぐにでも証拠隠滅などを履かれて仕事がしやすい環境にあるんではないでしょうか。

 

今後の捜査にもよって陣内の判決が下ると思いますが主にたいなどの詐欺グループのボス的な役割を伴っていたと断定されており日本に強制送還後逮捕して取り調べに入ると思われます。

スポンサードリンク

陣内大和の顔画像やフェイスブック・ツイッターは?

陣内の顔画像や Facebook と Twitter などのソーシャルサービス関連はもちろん仕事をする上でインターネットに強いと思われるのでこれらのツールはあくまで作業を行う仕事上で使っていたんではないでしょうか。

 

あくまで詐欺師なのでプライベートでソーシャルサービスは絶対に使わないと思いますし海外でも日本人の詐欺のような犯罪行為が急増している中これらのツールやスマートフォンなどを使った情報漏れを絶対に彼らは未然に防いでると思います。

 

詐欺グループのメンバーとして行動を行うには役割分担が彼らにはあると言われており主に「かけ子」と呼ばれている任務を行うメンバーがいるようだ。

 

どういうことかというといわゆる中央アジアや東南アジアのような物価が安い国で短期間でも高収入が得られるという広告に魅力を持ち彼らの仲間に入ると「かけ子」にさせられるそうです。

 

簡単に言えば雑用などの仕事を行う下っ端のことです。

 

このように甘い言葉に誘われて詐欺グループのメンバーになってもあくまでその報酬は幹部たちがほとんどを取って行くので下っ端にわたる報酬というのは微々たるものだと言われています。

 

陣内もグループのボスとして君臨していたので彼がほとんど報酬の大半を受け取っていたんではないでしょうか。

スポンサードリンク

陣内大和と詐欺グループの正体は?

さてここに来て陣内と自分が手下として指示を出していた詐欺グループなどの真相や招待などを暴いていきたいと思いますが、実際に以前もタイなどで詐欺グループが検挙されている事件が発生されておりこれと関連するかどうかは今のところ一致していません。

 

しかしながら陣内と過去に検挙されたこのグループの因果関係は少なくともあったと思いますし同じ業界で仕事をしているわけですから何らかの協力の試合はあったんではないでしょうか?

 

今現在このような体位で活動する日本人詐欺グループはアジトと判明するような経過をたどり主にメインとする仕事は振り込め詐欺などを活用しインターネット経由でお金を送金させるという巧妙な手口です。

 

しかしながら彼らのメンバーのほとんどの共通点は借金を抱えたような債務者だったということが明らかになっており詐欺を行った時はやはり金に困っていたということでしょう。

 

そんな金に困ったような彼らが詐欺グループのメンバーに入りターゲットに電話をかけるようなことをしてお金を稼いだと言うことが判明されておりこれがいわゆる「かけ子」の仕事であろう。

 

このように今現在は日本人詐欺グループもアジア圏内で活動する動きが活発化しておりたいの警察当局もその辺の取り締まりを強化しているわけであり今回の陣内の謙虚でもすでに3か月以上の張り込みやパソコンや it 機器などをすべて押収して検挙まで相当な時間を要したと言われています。

 

今後は日本に強制送還されそこから厳しい追及と取り調べが始まって行くと思いますので、これで海外の詐欺グループは一挙に撲滅したとは言い難いですが、取り締まりを その割合を減らしていくことは可能でしょう。

 

今後の判決に注目していきたいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他の気になる関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-事件事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.