プロフェッショナル

和田行男の年齢WIKIと嫁(妻・子供)はどうか!年収や介護のカリスマ!【プロフェッショナル】

投稿日:

「プロフェッショナル」に認知性介護のプロフェッショナル和田行男が特集されますが、年齢や経歴プロフィールなどのWIKIと、結婚して嫁(妻)、子供などはいてるんでしょうか?

 

和田行男さんの年収、介護士のカリスマとして活躍する和田行男さんの今現在のライフスタイルに迫ってみたいと思います。

スポンサードリンク

和田行男のWIKI年齢は?生い立ちは?

もともと和田さんは認知症の介護士になろうとはあまり思っていなかったらしく学業を卒業してからは電車の修理屋さんで働いていたと言われています。

 

年齢は今現在64歳です。

 

 JR の修理士などをやっていたらしく認知症介護とは全く畑違いの仕事をしていたのにも関わらずなぜ介護士というジャンルを選んだんでしょうか。

 

こ今日は四国の高知生まれだということでそこから関西の大阪で生活をするようになり80年代にこの業界に飛び込んできたと言われていますが介護士になろうとしたそのきっかけは一体何なんでしょうか?

 

ずっと JR の仕事をしていたので何か人の役に立ちたいとか人との繋がりを意識し始めて介護や福祉に興味を抱いたと思いますがまさにジャンルが違いすぎるので周囲の人が驚いたんではないでしょうか。

 

きっかけはどうであれやはりこのような仕事に就く人たちのほとんどが人の役に立つことがしたいという前提があると思うのでずっと JR で電車の修理工などをやっているよりかは人生一回きりだと決断し人ともっと関わるような仕事に目覚めたと思います。

 

そして今現在は大起エンゼルヘルプと呼ばれる介護会社で役職に就き多くの方の信頼を得て認知症介護のスペシャリストとして活躍しています。

 

この施設は主に福祉や介護をメインとするサポート業務を行っている施設でもあり認知症患者の日頃の生活を援助するのはもちろんですが、このような対象の患者等を以下に毎日楽しく暮らしていただけるように誠心誠意関わっている施設だということです

 

今はこの施設で彼自身統括部長や地域エリアの総括を行い絶大な信頼を得ています。

スポンサードリンク

和田行男の勤務先大起エンゼルヘルプとは?

一般的な介護施設とは全くコンセプトが異なることを理念として経営されているそうですが患者さんの部屋には名前も表札も全くないということで、自らの意思で学び気づいてもらうためにこのような取り組みをやっているそうです。

 

しかも基本的には自由奔放になんでもやってもらうということを理念として行っているみたいで施設自体に鍵もかかっていなければ自由に出入りができあまり縛り付けるようなことをやっていないということです。

 

真夜中に雪への出入りが自由ということはそれなりにリスクも生じると思いますがあくまでそれがこの施設の最大のコンセプトだということで門限時間や決まり事を多く設定してしまうとそれだけで患者さんのメンタルが隔離されているということになってしまい逆にストレスを抱えたりイライラして毎日が楽しくないということになってしまうと思います。

 

そのような狙いもあり和田さんは基本的に何でも自分の判断で自由にやってもらうということを日頃から心がけているということです。

 

普段の食生活なども全て自分のことは自分でやっていくというものが基本路線でありあくまで人に頼って依存するような人間になってしまうと何もかもが嫌になってしまい人にすがるような生き方になってしまうので自分から動いて何でもやっていくということを自由と位置づけているということです。

 

普段の中でも彼はこのようなことを言います。

「人間って何がすてきって、自分の意思を行動に移せることってどれほど素敵か。。。その人間にとって一番すてきなことを奪ったらあかん。できるだけのことを守る、守り手にならないかんと思っている」

と語ります。

 

その中でも一人一人丁寧に楽しいライフワークが送れるように基本的にはスタッフたちがサポートをして支援を行っている中で細かいところまで目が届かなくなるとリスクや弊害が起きるのでその辺をどう改善していくかが今後の課題だと語ります。

スポンサードリンク

和田行男は嫁(妻・子供)はいるのか?

ではここで和田さん自身のプライベートはどのような感じなんでしょうか?

 

今現在結婚して嫁さんや子供はいてるのかというところが気になりますが年齢も年齢なのでご結婚はされているようで子供も四人いてるということです。

 

詳しい詳細などは本人のブログ記事などで乗っていますが自身も四人の子供を育てながら認知症患者と向き合うような日々は本当に大変だと思いますがこれも彼が望んだ人生だと思いますので生きがいを感じながら日々仕事に向き合っていることでしょう。

 

妻は専業主婦なのかどうかはわかりませんが彼を日頃からサポートしていることは間違いないと思いますので夫婦共々人との関わりを非常に大事にしているんではないでしょうか。

和田行男の評判は最高のようだ


ここで和田さん自身の評判や口コミというものは業界的にもかなりの信頼性が高く上々の評判だということです。

 

彼と接した認知症患者は人生が変わる人も多く、これはけして大げさに言っているのではなく毎日が暗く何もやる気が起こらなかった人が彼と関係性を築けば毎日が楽しく笑顔になったという人がほとんどです。

 

まさに人の心をつかむプロだということで業界的にもカリスマ的な人気を誇っている和田さんですが基本的には何を言っても理解してくれないのが認知症患者の特徴でありますが、それを相手の心をつかみ動かしていく心理テクニックなども豊富に持っているんでしょう。

 

それらを培うには長年の経験と現場の体験が必要になってきますので、彼曰く認知症患者の仕事は心のリハビリ師だと語っています。

 

彼と接することで人生を取り戻し毎日が Happy になれる人が増えれば彼自身もこれ以上ない仕事ですしそれが生きがいだと思います。

スポンサードリンク

和田行男の年収は安いのか!?

一般的にはこのような介護職の従業員などはやはり3系と言われている分野でもありきつい汚い危険ともいわれるジャンルの一種なのであまり若者が飛び込んでくる業界ではないと思います。

 

それプラス給料が安いとぼやく人も多いですし社会の見方も離職率は非常に高いし人手不足も深刻な業界だと言われています。

 

確かに今の若者が介護職などに興味を持ち自らの意思で飛び込んでくる若者は非常に少ないと思いますし人手不足が深刻になるのも当たり前だと思います。

 

現代社会の若者とかはやはりクリエイティブな仕事に憧れを持ちますし、華やかなかっこいい仕事を選ぶ人が圧倒的に多いのでこのような仕事はどちらかというとあまり人気がないのかもしれません。

 

従業員の平均月収も20万円弱ぐらいでとてもではないが食べて行くだけでも精一杯の仕事だと思います。

 

年収が安い割に国家資格を取らないとなかなか評価してもらえない仕事でもあるし、資格を取ったからといって高年収を入れるわけではありません。

 

施設を経営しているオーナーもなかなか従業員の給料を上げることは困難なことだと思いますし、それらを改善していかない限り人手不足は永久に続くテーマだと思います。

 

こうして考えていくと従業員の年収を上げてこの業界を活性化させていくためには経営を安定させて患者を増やし売上を伸ばしていくしか方法がありません。

 

ただ認知症患者などのクライアントは自分が認知症になりたくてなる人なんて一人もいませんので結果論として認知症になってしまったという方が施設に入ってくるわけですのでそう簡単にクライアントが年々増えるような津久見のビジネスではありません。

 

おそらく和田さんも役職で統括マネージャーとして業務を行っていますがそれほど高年収を得ているというわけではないのかもしれません。

 

業界でも有名でこのようなメディアにも出演されるぐらい業界では名前が知れてると思いますので間違いなく認知症介護界では高給取りの部類に入ると思いますが、それでも一般サラリーマンより少し多いぐらいだと思います。

 

ただ彼自身お金がたくさん欲しいとか高年収を得たいとかということはあまり考えていないと思いますので、そもそもお金をたくさん稼ぎたいのであればこのような業界に参入してこないでしょうしお金より人との関わりや役に立つことをやりたいということを生きがいにしてると思いますので、年収的には500万から600万円ぐらいだと思います。

 

今後も業界を盛り立てて若い人たちが喜んで参入してくるようなビジネスに変えていってほしいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-プロフェッショナル
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.