速報ニュース

ファクサイ(2019台風15号)今後の進路や米軍とたまごが!対策はコレ!

更新日:

ファクサイと言う2019年度の台風15号が発生しましたが、このファクサイの今後の進路と米軍、卵の状態などを今後のためにリサーチして行きたいと思います。

 

2019年はいくつもの台風が来ましたが、また15号のファクサイが出現しており、最新の今後の進路や米軍の予想、たまごの中心部分などもどれぐらいのパワーを持っているのか、分析して行かなけば、被害が拡大して対策などが得れない可能性も無きにしもあらずです。

 

ですので、今回はこの辺のところをピックアップして行きたいと思います!

スポンサードリンク

2019台風15号のファクサイはハンパない?

公式の発表では、このようになっています。

気象庁によると5日午後3時、南鳥島近海で発達中の熱帯低気圧が台風15号になった。

ラオス語で女性の名前を意味する「ファクサイ」と名づけられた15号の中心気圧は1002ヘクトパスカル、中心付近の最大風速18メートル、最大瞬間風速は25メートル、時速20キロで北西に進んでいる。

台風は次第に発達を続けながら、あさって7日には小笠原諸島の父島付近に到達して暴風域を伴い、8日には本州にかなり接近し、上陸する可能性があると予想される。週末にかけて台風の動向と気象状況に注意してほしい。

出典https://www.hazardlab.jp

今回の2019年台風15号であるファクサイはいったいどのような進路ではが日本に襲ってくるんでしょうか?

 

一応気象庁などの詳細では北西から北東へと進路を変えてゆっくりと日本列島や三陸沖に温度を低温として進んでいて日本列島の本州に最も接近してくるのが8日頃だと考えられています。

 

一応そのパワーなんですが過去の台風のようにとんでもない被害を及ぼすような中心の卵は今のところ存在していなくどちらかと言うとゆっくりと前進してきている台風のタイプでもあり直撃すればとんでもない被害を被るといったタイプの台風ではなさそうだ。

 

ただそうは言っても甘く見ていてはしっぺ返しを食らうのが台風やゲリラ豪雨であって自然災害などの恐ろしさは我々日本人は痛いほど痛感していると思う。

 

なので決してそのパワーを侮ってはいけないしどちらかと言えば急に中心の卵の力が強くなり激しい暴風域や雷雨などが予想されることもあり早め早めのケアや対策というものを行っていた方が賢明である。

 

このようなことから特に今週末には最新の情報をいち早く入手し台風に備えておく必要があると思います。

 

基本的に台風の表示は140ノット以上で表示されることが多く今までの過去の事例として超大型で猛烈な台風は年に2、3回発生していることが日本では多いことがわかっています。

スポンサードリンク

ファクサイ(2019台風15号)今後の最新進路はどうか!?


最新の情報によりますと今現在台風15号は南朝島付近で温帯低気圧に変化をさせながら中心のヘクトパスカルは1000を超え最大瞬間風速は約18 Mと推定されています。

 

 今後の進路の予想なんですが最新の現場では東海地方の辺りを北に進みその後西に進路を変えて関東や東北地方にエリアを変えるよそうだと言われています。

 

従って関西や東海地方などに接近する可能性は低いと思われますが、そうは言っても台風なのでいつどこで診療変えて行ってくるか分かりませんので常に情報だけはインプットして今後のライフスタイルに役立てていただきたいと思います。

 

過去の体験や経験から台風のタイプは大型と超大型の二つのカテゴリーに分けられますがそれぞれこのような名器をする時には国が風速が15メートル以上の暴風域に入った時や半径が700 km 以上だと大型の部類に分けられます。

 

今回のファクサイではこれだけのデータは今のところ出ていないので大型でもなければ超大型でもないタイプだと分類されていますが今後の進路や低気圧の影響を受けて急に大型に変わる可能性もありますので注意が必要です。

 

基本的に風速が15メートル以上の場合は台風の部類に分ければ平均的な風速だと言われていますので ファクサイではこれぐらいのパワーが予測されます。

スポンサードリンク

ファクサイは米軍とたまごも今後の進路を見立てている!

さてここでファクサイの米軍での進路予想も検討されているということで米軍はどのような見立てを立てているんでしょうか?

 

日本の気象庁と米軍が予測を立てるしんどエリアは若干違うと言われていますので今後の対策を行う人に関しては興味があると思います。

 

米軍の予想を見てみるとピークとされる8日の朝には東海地方の南部まで接近する可能性があると予測を立てているようでどちらかといえば国気象庁が発表しているコストはやや西のエリアを通ると米軍は仮説を立てています。

 

ただどちらにしても接近してくるエリアは似たような感じなのでそれほど大差ないとは思いますが一番ピークに被害が出る可能性が高い東海地方のエリアは十分警戒する可能性が高いです。

 

そもそも日本がなぜ台風が多い国なのかと言うと日本の周辺にある海水の温度が26°以上になっておりこれが台風を引き起こす海面水温とほとんど一致しているからです。

 

基本的に台風が起こる海面温度は27°からと言われており日本の周辺の海水温度が26°以上となっているので非常に日本というエリアは台風が起こりやすいわけです。

 

特に近年は日本だけではなく地球全体が温暖化の影響を受けていますのでどんどん日本だけに限らず世界の海水の温度が上昇しているためであり今後も台風やゲリラ豪雨などが多く発生する可能性があります。

 

日本の気象庁だけではなくて米軍などの情報なども今後も参考にしながら自然災害の対策を行っていていただきたいと思います。

スポンサードリンク

ファクサイの被害対策はどうすればいい?

さてここでファクサイに関する対策などを行っていきたい方のためにピックアップしていきたいと思います。

 

基本的に夏から秋にかけては台風意外にも地震や洪水などの自然災害が起こりやすい時期に来ており今がまさにそのピークの時期だと言えます。

 

基本的に台風がモロに直撃している時点では外に出るのは超危険でリスクがあります。

 

そんな中今回の台風のように事前に来るとわかっているわけですから対策をしておくことが非常に重要になってきます。

 

特に家の窓のロックをしっかりとかけておくことはもちろん可能であればベニヤ板などを窓に貼り強風などでガラスが割れないように対策を心がけておくことも重要です。

 

その他には外に置いてある植物や鉢植えなどが飛ばされるリスクがありますので基本的に軽いものは強風で飛ばされないようにしっかりと固定しておくことが重要です。

 

可能であればそのようなものは家に保管して飛ばされないようにしておくことも一つの対策です。

 

一個人としての対策も停電などに備えて懐中電灯やろうそくなどを用意し周りが見えなくなってもすぐに対処できるように心がけておきましょう。

 

その他にもライフラインが停止し電気や水道ガスなどが全て台風の影響を受けてストップしてしまった時に食料や水などを確保しておきスマートフォンなどの電源もたっぷりと補充しておく必要があります。

 

事前に避難勧告が出された時には避難できる場所を 認識しておく必要があります。

 

常に最新の情報をキャッチし交通機関が動いているのか?もしくは道路状況や台風の進路状況などを確認しながら行動を行ってください。

 

今週末がピークだと言われていますので早めの帰宅や早めの防災対策を心がけて自分の身は自分で守るようにしていきましょう。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

 

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-速報ニュース
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.