事件事故

マービンヒーメイヤーは英雄?家族やブルドーザーとその後の動機や真相!【キルドーザー事件】

投稿日:

「キルドーザー事件、殺人ブルドーザー」の犯人とされるマービンヒーメイヤーは英雄なのか?と言う噂がありますが、家族やその後の動機や真相はまだ謎な部分が数多くあります。

 

キルドーザー事件の原因は、犯人とされるマービンヒーメイヤーの怒りのブルドーザーが炸裂した事が発端ですが、なぜ彼はそこまで怒りが爆発したんでしょうか?

 

その原因や真相はどうやらキルドーザー事件に関係する市長や街にあったようです。今回はそのへんの謎めいた事をリサーチして行きたいと思います。

スポンサードリンク

キルドーザー事件(ブルドーザー)の動機や真相は?

ニックネーム「ポリスカム」ポリスが調査に手を付け始めたファーストインプレッションで、オートマティックに映像化が機能し、現在までどんな事情があろうともキャッチすることがが不可能だった深刻事件の陣頭が、ビックリするほどの近い距離で映像が収められている。

 

山脈を目指すナチュラルなとりどりのストリートグランビーに位置するグランド郡警察署。

 

そうした背景がありますから案内してもらったVTRには、ストリートがぶっ壊される“恐ろしく大きいバケモノ”のルックスが見なされていた。

 

経つか経たないかに、いたるところのトラップが開けられその化け物が町中を縦横無尽にパフォーマンス、のべつ幕無しに一般住居を引き裂いている。

 

一心不乱になって対応しようとするが、厚い定石でカバーされたバケモノは、さまざまな弾丸にも、びくとも打ち切る。一番最後に、ガス建屋の破滅に向けたと考えられるバケモノ。

 

こんな状況では、建屋に特有の撃滅はもちろんの事、バーストに見舞われる大惨事の原因になってしまうとのことです。

 

この恐ろしく大きい化け物は、後に「キルドーザー」と称され、今も昔もストリートの面々に決定的を収めていた。

 

しかもこれは1人の男が根拠になって実現されたものになりました。

スポンサードリンク

キルドーザー事件の犯人はマービンヒーメイヤーでかなりサイコパス!

ある事件をひき起こしてしまったのは、クルマ修理業をマネジメントしていたマービン・ヒーメイヤー。

 

彼の工房の横にコンクリート工房を組み立てる市のプランニングに、セールス妨害や見晴らしが壊れるとの事情で反対行動をスタートさせたのが事の引き金となって始めた。

 

それにも関わらず公判には敗れ、そのエリアの新聞社にはレジスタンスをブーイングするニュースを記載され、知らない間に婚約者やチームメイトも個別になっていったというわけです。

 

それらの他にも市の抜き打ち診査に対して業務停止指示を下され、父が生涯を終えるなど、押し寄せる不遇がマービンを追走していったというわけです。

 

ストリートに悪意の見られるダディー、ブルドーザーを変換して潰滅をやりまくる彼は、 このようにしてリベンジのためにと考えて、プログラムを開始する。

マービンヒーメイヤーは英雄?だがキレたらやばかった!

習慣的におっとりしている人の多くは、胸の内にフラストレーションで一杯になるものです。

 

マービンにつきましてもそれは除外することはできず、ただの一度でもカチンと来ると、おいそれとはに怖い人だったのです。

 

それに加えて、お金にはハードルが高い顔を見せていたのであります。

 

近所の人とは、マービンの工場でのマフラー改修の出来に行って対立、決済を打ち消してより、マービンから現在まで強要されていたと公言しているのです。

 

マービンは、神は己というシロモノを「キルドーザー」で街並みに反撃しようとすれば構成したのだ、と犯行メッセージで口にしました。

 

それ以外だと、私自らがこのような内容の圧力が降りかかるポジションが生じるように、一人暮らしのコンディション、ファミリーのいない状態の現実を作り出したのだ、ということも申しました。

 

キルドーザーがどうしてなのかガンガン行ったのは、リレーションのコンクリート工房。工房の敷地内に停めてあった貨物自動車を引き撃ち破って、その状態で工場のバリアーに突き刺しました。

 

これ以外だと、ワークショップの外壁を壊滅。

 

前の年にでき上がったばかりのコンクリート工房は、キルドーザーのヒットによって手の打ちようがないビジュアルに変り果てたのです。

 

その先は接触するライブラリーを引き裂きました。

スポンサードリンク

マービンヒーメイヤーの家族や結婚相手(彼女)は?

実はマービンヒーメイヤーには家族がいて父親は他界してしまい、母親は謎のままです。

 

彼自身、真面目に整備工場を経営していると、市が突然環境を悪化させた根源にあるのは今回の事件の概要ですが、その影響で父親が他界したのかはわかりませんが、少なくとも当時交際していた彼女とも縁を切った事にあるのはこの事件が影響していると言っても過言ではない。

キルドーザー事件のその後と今現在は?

事件後、何種類もの損害をひき起こしてしまったが、ストリートのユーザーから自家用車修理のテクニックを買われ心頼み寄せられていたこと、それに加えてただの一人も死人が確認されなかったお陰で、彼のメンタリティに関しては同情の余地的な意見もたびたびで小耳にはさんだ。

 

犠牲となった人を出さなかった事というものに関しては、意味の無いマグレでは無く、彼が被害者を作り出さないように気を使っていたと見るパーソンもいた。

 

彼を英雄扱いする人間までいた。

 

ついでに申しますと「キルドーザー」とでもいうべき呼び名は雑誌のマガジンである「キルドーザー 」がパイオニアであり、もってこいのネーミングである。

 

今現在は2005年に細分化され、スクラップにある。

 

この大事件での被害者は彼オンリーだけだった。

 

英雄なのか、ただのサイコパス野郎なのかは、紙一重ですが、彼の気持ちもわからなくはないし、元々の原因は彼がこのような事件を望んだことではないので、同情の余地はあるかもしれないと個人的には思う。

 

まだ、彼自身健在なので今後の人生を全うに生きて欲しいと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-事件事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.