事件事故

田中久貴(母親死体遺棄)と里枝の顔画像やフェイスブックが!現場や動機は?

投稿日:

田中久貴が母親の里枝さんの死体遺棄してそのまま放置していた事件で、顔画像とフェイスブックなどの詳細をみて行きたいと思います。

 

田中久貴は日頃から引きこもりだった事が判明しており、母親の里枝さんをなぜ遺棄したのかが謎めいています。

 

田中久貴が今回母親遺棄に通じる現場の住所や動機は何なのか?また、なぜ引きこもりで自宅にいたにもかかわらず母親をそのまま放置したのか?

 

この辺をピックアップして行きたいと思います。

スポンサードリンク

田中久貴の母親遺棄事件の原因や動機は?

まず、公式ではこうです。

自称・無職の田中久貴容疑者(46)は去年7月ごろ、千葉県東金市の自宅に母親の里枝さん(当時83)の遺体を遺棄した疑いが持たれています。警察によりますと、今月、市の職員から「2年前くらいから連絡が取れない人がいる」などと相談があり、事件が発覚しました。田中容疑者と里枝さんはこの家に2人で暮らしていたとみられ、里枝さんの遺体は居間の椅子に座ったままの状態で見つかったということです。田中容疑者は「去年7月に死んでいるのを見つけた」「放置してしまった」と容疑を認めています。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

そもそも死体遺棄とは、人が亡くなられた後、火葬などの様なタスクを背負わずにほったらかしにすることだと考えます。

 

法で防止されており、有罪判決を享受したケースになると懲役が科せられるのです。

 

法律上は、見棄てたケースも遺棄と位置付けて見なされ、罰せられます。

 

これからお知らせするように、遺骨を見放した男性の人が遺棄容疑で現行犯逮捕されたパターンなどもあるのではないかと思います。

 

自然葬と同じくこれをシビアーでコントロールする決まった法律はないかと存じます。

 

死体の活用の仕方は、埋葬法で以下のように言い表わされているでしょうけど、一人で行なわれたデリカシーある散骨という実態で現行犯逮捕されたときには現在の状況ではないと断言します。

 

埋葬はその反対には、墓地とは異なるフィールドに、これを行ってはいけない。

 

散骨というものに関しては、法務省でも『社会の中での習俗と位置付けて宗教的モチベーションなどをキープするターゲットだからこそ、葬送に役に立つデリカシーの時点で掛けられる限り気にする必要はない』という個人的な意見が確認できます。

 

クリアーに違法性が認定されるものにおいては、死体遺棄罪で罰せられます。

 

犠牲となった人をまともに悼むことなく一切関知しない死体遺棄は、なんと言うか命を軽視した仕業と言えるではないかと考えます。

スポンサードリンク

田中久貴は引きこもりのサイコパス野郎だった!?

スクールや勤務場所など、懇意にしている人とうまくなじめずに家から出なくなるシーンです。

 

一つの例としてオーバーなDVや、勤務場所でメインの仕事がギクシャクして周りの人にストレスをもたらしてしまった、などを含んだポイントがあるということも考えられます。

 

とりわけ高等学校入学や職務履歴など、今までにはなかったネットワークで日々を過ごして行くニーズを迫られたときに、過去の経済状態との隔たりに一杯一杯になってしまう人出が多いです。

 

近所になじむことが下手くそな人だとすればなお一層、ライフスタイルへのフィットに経験を必要とするんだよね。

 

それらのうちDVやメインの仕事が思い通りにいかないなどのトリガーが一緒に起こると、もうわが家から出たくないという感情の高ぶりがきつくなります。

 

子ども世代が学びの場にいかなくなり、あるがまま引きこもりが伴ってしまうタイミングです。

 

学校恐怖症が生まれる原因は、勉強の遅れ、教員と合わないなど、子ども世代のジェネレーションやパーソナリティーによってバラバラになってきます。

 

通常であれば進学のシーンでは復帰することもできちゃいますが、学習についていけない、またDVられるかもしれないというフラストレーションから、ニートを続けてしまいますという子ども世代はわずかではないのです。

 

ふさわしい道を構築して挙げることができるような環境条件づくりに努力して期待した勤務先に雇い入れできなかった、急きょ内定をキャンセルされてしまったなど、雇用活動がギクシャクしてオタクになる人もいるのです。

 

雇用はライフステージにおいて果てしなく広がる決定ポイントとなってしまうから覚えきれないくらい面談をして貰うことは結構いるのです。

 

モチベーションが入っている分、ミスってしまったタイミングの断念が強く、オタクに結び付いてしまうかもしれません。

 

雇用活動に一生懸命な人はマジな事例が多く「自らの一生涯はどうなるんだろう……」とネガティブ思考に陥るんですよね。

 

一生懸命なキャラクターなので引きこもりから新たなステージに進みたいと考慮しつつも、英気を失ってしまったぶんギャップがあたってしまったと想定して、アクションを起こさず引きこもる声もよく耳にするでしょう。

 

まあ、結局母親の死体をそのまま見過ごしていたという事は、何かしらサイコパス野郎だったという事ですね。

田中久貴の顔画像やフェイスブックは?

今現在顔画像やフェイスブックなどと、母親の詳細も謎のところですが、捜査状況によってこれから公開されていくと思います。

 

あくまでも、引きこもりでニート野郎なのでフェイスブックやツイッターなどのSNSは必ずやっていると思ったんですが、ネット上には出てこないですね。

 

オタクなら絶対にスマホは持っていると思いますし、SNSは得意分野だと思いますのであると判断したんですが、今のところは特定できていません。

田中久貴の母親遺棄事件の現場は?

現場は千葉県東金市なので、このへんは住宅が密集されてるエリアですので、まさか近所の人は近くで死体遺棄があるとは夢にも思わないでしょうね(笑

 

今後の捜査で田中久貴の詳細は明らかになって来ますが、一体どのような経歴プロフィールや過去があったのかは、新しい情報が入り次第すぐに追記していきます。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-事件事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.