事件事故

榎本達夫(金づち)と妻(嫁)の顔画像やフェイスブックは?経歴や住所も!

投稿日:

榎本達夫が金づちで妻(嫁)を葬ろうとして、未遂の件で身柄確保された事件で金づちでボコボコにして頭を最低でも6回は叩きつけたという事です。

 

榎本達夫が金づちでボコった事は疑いのない事実ですが、妻との顔画像やFacebookなどは公開されているんでしょうか?

 

榎本達夫の経歴プロフィールや住所などの現場をみて行きたいと思います。

スポンサードリンク

榎本達夫が金づちで妻(嫁)をボっコボコ!ヤバすぎる!

まず公式ではこうです。

妻を金づちで殴って殺害しようとしたとして、神奈川県警浦賀署は30日、殺人未遂の疑いで、同県横須賀市長沢の無職、榎本達夫容疑者(79)を逮捕した。「やろうとしたが、やれななかった」と容疑を認めている。

逮捕容疑は同日午前10時10分ごろ、自宅マンションのリビングで、椅子に座っていた妻の笙子さん(78)の後頭部を金づちで5、6回殴ったとしたとしている。

同署によると、夫妻は2人暮らし。榎本容疑者は「(他人に売った)土地のことで妻ともめていた。妻を殺して自分も死のうと思った」と供述しており、無理心中を図ったとみられる。殴った直後に、榎本容疑者自身が119番通報して事件が発覚。駆けつけた同署員が榎本容疑者の身柄を確保した。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

つまりは、嫁と土地売買での不信感から揉めて喧嘩になった線が高いですね。

 

でも、この世から抹殺しなければならないほど、悪意が妻に対してあったのかは相当な土地絡みだと思いますので、お互いに取って何ともトラブルがあったんでしょうね。

 

世間でも一般的に土地絡みの紛争は身内でも起きますが、今回のこの夫婦のケースではどのようなものだったんでしょうか?

スポンサードリンク

榎本達夫と妻(嫁)は土地で喧嘩していた?

プライスで土地のセドリが可能だとしても、将来的にバイヤーとの間でデメリットが起こるのはブロックしたいものです。

 

トラブルが原因で違約収めなければなら無くなったり、協定手付金の倍の価格を支払わされる結果になったりすることも。

 

土地取引時に可能性が考えられるデメリットや、考慮しなければいけないことはどういったことがあるでしょうか?

 

ベーシックなことではありますが、土地取引が発生するのはオーナーに限ります。不動産登記簿に持ち主の名目が記録されているので、見定めておくことをおすすめします。

 

継承した壌土を買ってもらう際には特に気をつける必要があります。

 

引き継ぎ登記が実施されているかどうかを見極めることを肝に銘じて。

 

壌土のボーダーラインが確実になっていることも重要事項だと断定できます。

 

立地のどの部分を譲渡するのか、隠さず全部示されてないと、後々メチャクチャになる原因になります。

 

測量と言えるものをリクエストし、カウントしてもらうことだ。

榎本達夫と妻(嫁)の顔画像やフェイスブックなどは?現場は?

今のところ榎本達夫や妻の顔画像やフェイスブックなどは公開されていませんが、フェイスブックに関してはもう年も年なのでSNSなどは意味不明だと思います。

 

逆に70超えてんの年齢でフェイスブックやツイッターを使いこなしていれば逆に凄いかなと。。笑

 

現場住所などは神奈川横須賀市長沢だと思いますので、周辺はごく普通の住居エリアですね。まあ、今回の事件で周辺住民の方々は相当驚いたんではないか?

スポンサードリンク

榎本達夫と妻(嫁)は土地の財産を持っていた!?

相続資産を2箇所以上の相続人で境界線を引くには、「現物区分」「代償区分」「換価区分」「シェア」の4つのメソッドが見受けられます。

 

ひとつひとつポジティブな部分とネガティブな部分が見られるため、フレキシブルに区分して利用することが大事になります。

 

どんなことより不動産が添加された相続資産はゴタゴタに見舞われやすいので、開始するにあたり継承人が改善案をこの夫婦はしておかなかったのか?

 

壌土などの不動産に関係するデータベースは取引に不利になるというわけでも、現実的なことを異見することです。

 

あとになって分かると、デメリットが発症することになってしまいます。

 

売買締結した際の契約書にはセーフティーで確認することも、めんどうなことを回避することを狙ったことです。

 

手付金といったケース、契約物件のエリア、マンションローン審査完了日、取引完了日、物件委任し日、記載ぶりなどについて対比させてみるとともに、はっきりしていない科目があればきわめて小さな点でも、一歩一歩チェックしわからない箇所が掛からないようにやっていなければ酷い目に会う。

 

バイヤーが受け渡し日を急ピッチで進めてほしいとしても、テキトーに応じてはダメなのです。

 

契約事実を許可なく変更すれば、取り引きの効力が停止してしまったら元も子もないので我々も注意しましょう。

 

まあ、とにかく嫁の頭をかち割らなくて良かったんではないか?

 

妻を道連れにするとは、何ともけしからんオヤジだが、あの世に行くんであれば己だけ行って欲しい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-事件事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.