スゴい人

シンガポールで海外住み込みリゾキャバ嬢の年齢や時給(給料・収入)がスゴい!【レディース有吉】

投稿日:

「レディース有吉」にシンガポールでの住み込みでリゾキャバクラ嬢が、急増しているようで海外でのリゾートキャバクラ嬢の年齢とか、時給などの給料(収入)などはどれぐらい稼いでいるんでしょうか?

 

そもそも、シンガポールで住み込みとして働くリゾートキャバクラ嬢はどんな活動をされているのか気になります。

 

年齢制限があるのか?はたまた年収や給料はどれぐらい日本と違うのか?

 

この辺は、今現在これから海外に住み込みでキャバ嬢をして働こうと考えている若い子には気になると思いますので、今回はそのへんのピックアップして行きたいと思います!

スポンサードリンク

シンガポールで海外住み込みリゾキャバ嬢とはなに?

 そもそもシンガポールで活動するリゾートキャバクラというのは女性限定のサービス業と言われておりニックネームがリゾキャバとも呼ばれています。

 

日本で働いているキャバクラとは全く異なっておりその点は接客の待遇であったり収入の待遇が日本では考えられないようなポイントだと言われています。

 

接客の詳細などはよく日本でも有名なキャバクラの客層は30代から60代の男性を相手にする業種なんですがシンガポールに関しては40代から50代のおっさんを相手にするのが非常にメインだそうです。

 

そこからおっさんに対してブランデーやウイスキーなどを作って行ったり楽しい会話などをしておっさんに気に入られるとプレゼントやチップなどをもらえるということであり彼女たちにとってはいかにおっさんに気に入られるかが盲点であります。

 

気に入られるとそこから同伴やメール営業などをかけてより指名客として売上を上げていくのが基本的なルートでありますがこれはよく日本でも使われているテクニックです。

 

ただリゾートキャバクラ嬢に関してはあくまで現地の人間ではありませんのでシンガポールと日本の文化の違いに最初は戸惑うかもしれません。

 

リゾートキャバクラなので女性メインのお話をしていますが男性が現場に入って仕事をするようなホールスタッフなどは基本的に募集が少ないようで男性は対象外となる事が多いです。

 

媚薬この辺のことはマツコ会議などでも話題になっておりシンガポールだけではなくてインドネシア家マレーシアなどでも人気のあるリゾートキャバクラのアルバイトは現時点でも高い人気を得ています。

 

そのほとんどがビザを取得していることが前提になりますが現地のお店に関してはビザをしっかりと提示して 意外と少ないと噂されています。

 

現地で働いている日本人キャバクラ嬢もそのほとんどが労働ビザなど持っていないという人が多いようでこの辺がどうもグレーなのかブラックなのかはわかりませんがシンガポールという国自体がその辺の規制があまり緩いかもしれません。

スポンサードリンク

シンガポールで海外住み込みリゾキャバ嬢の時給や給料(収入・年収)は?

ではそこで現地で働く彼女等の受給や給料もしくは収入などは一体どれぐらい稼いでいるのかが一番の盲点ではないでしょうか?

 

基本的なメイン給料の相場は時給1500円から3000円程度で募集をかけているお店が多いようでこれに関して言えば日本のキャバクラ嬢も大体これくらいの相場だと思われますのでほとんどの違いは無いように感じます。

 

ただ指名が多いキャバ嬢や人気がある女の子に関しては当然お店側も時給アップをしていき彼女たちに対してのモチベーションを上げるのは当然のことで人気が高く指名が多いこの度は月収60万円から80万円ぐらい稼ぐ子も存在しており月収100万円も当然夢ではありません。

 

シンガポールと国内を比べてみたらあまり収入の差は大してないと思うんですがではなぜわざわざ海外のシンガポールなどに行って積み込みをして働いているんでしょうか?

 

その謎は生活費にあると言われています。

 

要は住み込みなので生活費とか家賃とか光熱費とかが全くかからないわけであって収入以外の経費がかかってこないのでその辺が日本とは全く違うところです。

 

しかも住み込みといっても古臭いアパートやボロいアパートに住み込みをしているわけではなくほとんどが日本と比べると高級マンションや高級賃貸なので住むことが可能になりここが全くゼロ円になるわけですからお金も稼げて高級マンションにも住めて最高の環境になりここを目指す若い子が多いということです。

 

人気が高く売れっ子になってくると現地の資産家や会社の経営者の人間と結婚する人も中には行けるようでまさに玉の輿の人生を手に入れることができるチャンスもあるということです。

 

出稼ぎと考えたら最高に良い環境だとは思いますがあくまでも長期間ずっと年齢を重ねてやっていけるビジネスではないのは確かであり年齢が来ておばちゃんになった時に全くキャリアとしてスキルや能力を積むことができないのでその辺がリゾキャバのでメリットだと言えます。

 

ただお金を稼ぐということだけにフォーカスすれば最高の環境なのは間違いありませんし自分の外見や身なりによって現地のお金持ちと結婚できる可能性はあるのでその辺の人生のチャンスを掴みたいと思っている女の子であればチャレンジしてもいいと思います。

スポンサードリンク

 

シンガポールで海外住み込みリゾキャバ嬢の年齢制限はあるの!?

シンガポールのリゾバはやはり若い年齢ということがあり20代前半がメインになってきますが中には30代前半から後半の人もたまにいます。

 

やはり男性も若い子だけではなくて熟女が好きな男性もいますので年齢的には様々なタイプが設定されていますが限界はやはり三十代後半になってくると思います。

 

40代とかになってくるとキャバクラの世界では相当熟女のレベルに入りますので基本的に若い女性が好きな男性の意欲を満たすことはできません。

 

キャバ嬢の仕事はとにかく男性から好かれることをしなければいけないのでどれだけ気を引けるかや、ごまをすれるかを触れるかというところが勝負どころになります。

 

日本のキャバクラやクラブなどではたまに30代後半の女性が在籍しているところがありますがやはりそのようなお店は熟女好きな男をターゲットにしていますので若い男性客はほとんど来ないでしょう。

 

エリアや地域によっては熟女キャバクラというような熟女好きな男の集まりのキャバクラが今現在増えていることもありますがシンガポールのようなエリアではやはり若い女の子をターゲットとした店舗が多いので熟女のような店舗はあまり流行らない傾向があります。

 

なのでシンガポールに行って出稼ぎをしたい女の子は年齢が若いうちにチャレンジするのがベストだと思います。

砂田真由子(シンガポールキャバ嬢ママ)が有名!

シンガポールで活躍する日本人キャバクラママと言えば、この人!砂田真由子は今現在シンガポールでキャバクラ店を経営する凄腕オーナーだ。

 

以前、マツコ会議でも紹介されていたが、今でも数店舗の経営に携わり多くのキャバクラ嬢を管理して売上を上げている。

 

彼女のような女性を目指す若者も多くいるはずだ。

 

このように、シンガポールで夢を見て一攫千金を狙う若者は今後も増えて行くと思いますので、発展途上国のシンガポールには今後要チェックです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-スゴい人
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.