速報ニュース

茨城八千代町の大里功事件の犯人顔画像とフェイスブックが!?動機や現場は?

投稿日:

茨城八千代町で大里功さんが亡くなった事件で、犯人の顔画像やフェイスブックなどを見ていきたいと思いますが、犯行動機や現場の詳細はどうなんでしょうか?

 

大里功さんだけではなく、家族である妻(嫁)なども亡くなっていることから、発見者は大里功の子供(息子)であることが判明。

 

八千代町の事件で、大里功さん家族に対する犯人の顔画像とフェイスブックなどが気になります。動機などの詳しい事をリサーチして行きたいと思います。

スポンサードリンク

茨城八千代町の大里功事件は?

まず公式ではこうです。

茨城県八千代町の住宅で、高齢の夫婦が何者かに刺され、夫が死亡しました。警察が殺人事件として捜査しています。

午前3時過ぎ、八千代町平塚にある住宅で、男性(42)から「物音がして母屋に行ったら、両親が倒れていた」と119番通報がありました。

警察が駆けつけると、この家に住む無職の大里功さん(76)が胸などを抑えて倒れていました。警察によりますと大里さんは搬送先の病院で死亡が確認されました。妻(73)も重傷です。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

なぜ、このような田舎暮らしの高齢者夫婦が狙われたんでしょうか?

 

複数の動機や原因が考えられますが、そもそもお金目当てなのか?それとも、他に大里功夫婦に恨みでもあったんでしょうか?

スポンサードリンク

犯人の犯行動機や現場は?

キャッシュ目当ての物取りかもしれない?

 

次男がすぐに捜査当局に通報してるみたいです。

 

二番目の子は、同じ敷地内の別棟で居住していたとのことですが、でっかいノイズやうめき声やわめき声というものをリスニングしたかもね?

 

ここへ来て、警察署から原因を質問を受けていることと考えていいでしょう。

 

八千代町は南西にある町。 特産品は収穫高日本一で評価の高い。

 

平地という事態を受けて、土砂崩れなどの災害などといったパーセンテージが小さい。

 

それに加えてのロケーションであるので、ベースもタフである。

 

お年寄りの被害に巻き込まれるレートの高めのロケーションは戸建て住宅。

 

高齢化社会は、全国各地コミュニティのマイナスに結び付き、どんなことより洗練された都会につきましては「隣人の外見が一切無い」というネットワークのコミュニティーができており、それこそが悪行者に限って言えば狙いが容易な周辺状況とのことです。

 

農村部に関しましてもティーンエイジャーばかり大都会に出てしまい、小さな子とお年寄りだけといった村が急増しています。

 

隣人の顔は良く熟知していても、皆以前からのルーティンで「キーをかけない」無防備な実態に見舞われています。

 

「カギを閉めてると留守だと認識するからかけない」となってしまうセオリーもあり、今日まで安全でしたから何年たっても安全だと行った無防備さに犯罪者はつけ込みましょう。

 

手に取るように窃盗犯にとっては「国内全土の田舎は泥棒パラダイス」と吹き捲くる者もございます。

 

シニアをもくろんだ犯罪ロートルの危険をカウントする上での重要なワードは「無防備」「興味を示さない」「一人きり」という側面を持っています。

スポンサードリンク

犯人の顔画像やフェイスブックは?

今のところ、犯行に関する顔画像やFacebookなどは公開されていませんが時間の問題でしょう。

 

シニアに特化した悪業というのは、この何年かで「オレオレ詐欺」といったもの振り込め詐欺やブラックリフォーム、年金詐欺、ブラック商法などが見受けられます。

 

とりわけ詐欺損害額のベースには「ひとりぼっち」があり、ダメージを受けた高齢者の方は「フレンドリーにサポートや助言をしてくれた」「家族と同じようにヒアリングしてくれた」と犯人を報告しており、常日頃より社会から分割され一人きりであるところに犯罪者がつけ込んでいることが把握できるでしょう。

 

年老いた多くが地域やキャッシュなどのマネーを一定レベル以上持っており、そしてそのメンテナンスに至る迄の無防備となっているとのことです。詐欺被害と想定できるものでは感知症のおばあちゃんですが、それとは別であっても結論付けるための根拠のない噂話が見えないように、そのため犯罪被害に遭っている事例がほとんどではないでしょうか。

 

それ以外だと、何かデメリットが降りかかってもぶっちゃける人が間近にいないため泣き寝入りの状態でということも影響してます。

 

、生命の危機に晒されるようなアクシデントになっている割合も高いです。

 

自然災害や孤独死だったりとかもおばあちゃんを取り巻くリスクがあります。

 

高齢者の事故防止を習得するためには、「無防備」「ひとりぼっち」「敬遠」が出ないようにすることが求められ、全国各地ネットワークのリバイバル、お隣さんとの親睦の深い仲間付き合いが絶対要求されるものというわけです。

 

地域全域での事件を抑制する考え方の高揚や犯罪を起こさないデータベースのオープンも重要事項だと断定できます。

 

一刻も早く解決してもらいたいものです。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-速報ニュース
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.