速報ニュース

神戸の弘道会発砲事件の犯人顔画像とFacebookが!名前や年齢と原因はなに?

更新日:

神戸の山口組系弘道会で発砲があった件で犯人の顔画像などやフェイスブックや名前、年齢などはいかほど何でしょうか?

 

神戸の現場も特定したのでリサーチして行きたいと思います。

 

神戸では有名な弘道会ですが、この度銃撃と発砲が起こった事で、現場は騒然としています。

 

事件の原因や犯人の逃走経路などは、今現在捜査当局で調べていますが、時間と共に犯人のFacebookや顔画像などは、特定されそうです。

 

この辺を急ピッチで調べて行きたいと思います。

スポンサードリンク

神戸弘道会発砲(銃撃)事件の原因や概要は?

まずは、公式での発表です。

21日、神戸市の指定暴力団「山口組」系の事務所の前で、男性組員が拳銃で撃たれた事件で、犯行の一部始終を防犯カメラがとらえていました。

軽乗用車が事務所前の駐車場に停車すると、すぐにバイクが近寄ってきて横付けすると、突然、車に向かって発砲し、走り去ります。

21日午後6時すぎ、神戸市中央区の指定暴力団六代目山口組「弘道会」の事務所の前で、50代の男性組員が腹や腕などを拳銃で6発ほど撃たれ、意識不明の重体です。

警察によりますと、男性組員が運転する軽乗用車をバイクが尾行している様子が防犯カメラに映っていたということです。

現場は山陽新幹線、JR新神戸駅のおよそ100メートル北にある住宅街です。

出典https://headlines.yahoo.co.jp/

神戸の弘道会の本拠地でメンバーが撃たれた情景であります。

 

犯人はエスケープ中で、組員同士の抵抗の姿勢を示す悪行じゃないかとみなされているはずです。

 

組織個々の抗争とでもいうべきはめになりそうですよ。

 

捜査本部はプランニングされた悪行とみて、近場にある事件を抑制するカメラVTRをリサーチするなどして確かめている。

 

捜査スタッフに聞き入っていると、舞台はストリートに面して建っていて、ショッピングから帰ってきた男の人達がオフィスに停車。降り立つ直前に撃たれた確率が高く、自動車の中でケガしていた。

 

体中に打たれたと言い、数箇所にに当たって命の危険がある。

 

犯人はヘルメットルックスで全く顔が見えないようにしており、ためらうことなく逃亡した。

 

事件は神戸市内の立地で、捜査本部は抗争の傾向が高いとみています。

スポンサードリンク

神戸の弘道会発砲事件ネット上の反応は?

スポンサードリンク

神戸の弘道会発砲事件の現場は?

事件のステージは、 兵庫県神戸市中央区熊内町9丁目2番界隈で、弘道会の本拠地と確認されているに違いありません。

 

今だったら、この界隈は奥に入った路地裏とも言うべき場所ですから、どちらかといえば物静かな場所でもあります。

 

このような現場でいきなり銃撃戦が始まれば、近隣住民は相当ビビるでしょうね。

 

犯人の経歴やプロフィールなどの人物像や勤務先、年齢、名前などは特定されていません。

 

今のところ、逮捕もされていなくて、バイクで逃走中といったところ。

犯人の顔画像やFacebookと名前などと年齢は?

この辺の項目は今のところ、捜査当局が追跡中ですので正式な情報はまだ出ていませんが、時間と共に特定されるのはもはや間違いありません。

 

まず、バイクの車種や防犯カメラでの解析はもちろんですが、その他にも犯人の特徴や体型、クセなどを徹底的に追求して、同じ勢力での犯行なのか?も今後の捜査で明らかになってくるでしょう。

 

防犯カメラの映像では、ぱっと見体型は痩せ型かなと思いますので、敵対勢力での犯行は間違いないと思われますので、弘道会とガチでやりあってきた組織を割り出し、後は、時間の問題かなと思われます。

 

この辺は、新しい情報が入りやすい次第すぐに追記していきますので、もうしばらくお待ち下さい。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-速報ニュース
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.