アルロサ航空事故の操縦士の今現在!セルゲイソトニコフは英雄!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にアロルサ航空事故の操縦士や機長の今現在や、イジマ空港の滑走路の英雄として知られるセルゲイソトニコフについてみて行きたいと思います。

アロルサ航空事故の真相には、イェフゲニーノボセロフ操縦士とイジマ空港の滑走路を整備していたセルゲイソトニコフと言う人が深く関わっています。

アンビリバボーでは、この2人の関係についてアロルサ航空事故の経緯についてピックアップしていますが、当記事でもイェフゲニーノボセロフ操縦士とセルゲイソトニコフに及び詳しく解説して行きたいと思います!

スポンサードリンク

アロルサ航空事故の真相や原因はなに?

乗務員ツアー客81人を乗っけたツポレフ機が走行中、考えられるだけの移動オプションのロスが発生するトータルの電気的なダメージに見舞われた。

そうは言っても何かしら人がタイガの中に存在する閉鎖されたエアポートにあるずっと前から採用されていない滑走路を正常化したことが原因で、トータルのツアー客の命が救われた。

なぜかと言いますと小規模の航空機ディーラー「アルロサ」の定期旅客機ツポレフ154だったのです。

航空に運転していたおおよそのツアー客72人は、スキマ時間のいうとおりにモスクワの方向にいたとのことです。

観光旅行客にはディナータイムとドリンクが配られ、横になっていた。

他には動き出して3時間半が明けたとき、機内で突然一から十まで電気が消え去った。

上空移動中のことでおこった。

自分自身は起床していたとのことですが、航空機が活動的でなくなっていくのに思いがつきました。

今となってもモスクワにたどり着くには時期尚早で意味がないタイミングだったのです。

そうは言っても元を辿れば後戻りすることは不可能だったと言えるのでしょうか。

ツアー客の1人である人はそのタイミングの記憶を辿ってこんな風に言い捨てる。

わかりやすく説明すると何かが降りかかっているということを意味します。

ドンピシャリこのときドライバーが出向いて来て、イマージェンシーを実行するんですから、ボディーを丸めるようにと呼称してました。

とてもじゃないけどオートコントロール装置がウンともスンとも言わなくなった。

そのようにしてその時からすぐに上から下までの移動オプションが狂ってしまった。

機長はこれからあげるように思い起こす。

自分自身は第二、第三の応対指示器が遷移するはずだと重要視していたとのことですが、その暁は3つともが動きませんでした。そういった状況、着陸せざるを得ません。

それに対してはインフォメーションも消耗し尽くしていました。

最も近いところのエアポートがどんな所にあるのかも気付かなかったと考えられますと。

スポンサードリンク

コミ共和国のイジマ空港に不時着したツポレフ154はどうか!?

ちょっとしたきっかけで不時着したポジショニングは、滑走路が閉鎖され、トラブル当時はヘリコプターばかりが活用していたイジマエアポートだったのです。

ある程度のヤバイ状況に見舞われた飛行機が、管制から着陸の先決権をゲットできて行なうのがエマージェンシー着陸だろうと感じます。

このやばい状況の着陸の言明が出されると、滑走路のディスタンスなど取り込みすることができるであれば、最寄りのエアポートに左右されることなく、他を着陸可能になります。

応急着陸先と位置付けて割り当てられたエアポートでは、オーソドックスなエアーの離着陸に条件をつけて、緊急着陸するエアーに準備します。

それに加えて消防車や消防隊、救急医療車あたりもいざというタイミングに持ち合わせて緊急配備されることになります。

決められた日の午前中は曇った天気で、パイロットらにはグラウンドも見えなかった。機長はそれ以外に追想する。

これから申し上げるようなエアーを着陸させるのは海上オンリーである。

そうは言っても最後まで残るパーセンテージはほとんど無い。

それ以外だとそのようなとき、連中は滑走路が発見できたというわけです。

機長は「幻覚だと思ったのです」と告白する。

ドライブスピードが以前よりも上がっていた。エアーはオーバーランし、グラウンドに叩きついている。

どんな方であってもとりあえず考案したのは、どんな目的で別でもないわれわれがこのような内容の目に遭わないとならないのか?それ故でした。

とにもかくにも、ツアー客は皆無事ではあった。エアーの間近に救命隊やナースらが出て来た。ツアー客らはフィーリングで広大化する脱出装備で回避したが、自分自身が生き延びたとよすがとするケースが不可能だったと言われている。

スポンサードリンク

ノヴォショーロフ機長とイェフゲニーノボセロフ操縦士は英雄!

旅客や車両を乗車させたエアーを移動させるのがパイロットだと考えられます。

ジャンボ旅客機のケースでは、機長と副操縦士がバックアップしてハンドリングをするのです。

機長はフライトに関係する全義務に見舞われ、異なっている乗員のかじ取りマネジメントもします。

航空前にはドライブスーパーバイザーとエアーのメンテナンスコンディションや気象条件データベースやフライト高度や向かう先のエアポートの様子というものをチェックし、プラスしてエアーに乗務するキャビンアテンダントとネゴシエーションをやります。

コックピットの中からは計器類や燃料のリサーチやセキュリティーチェックを行い、エアー管制官からのシグナルで離陸する。

フライト中はオートコントロールリードに切替えますが、おもにハンドリングにトライするのは機長で、副操縦士はいかなる時も計器や燃料、エンジンをマークし、いきなりのウエザーのリザーブなどがないかエアー管制塔とミーティングをします。

それ以外だとヤバイ状況が見られたケースでは、機長のピンチヒッターとしてエアーを運転します。

パイロットは、たくさんのツアー客の生死にかかわるビジネスであり、365日24時間圧迫感とのレクレーションです。

ミスは100パーセント許されず、取り返しがつきません。

オートコントロールセーブだとしたところでもしもの事などヤバイ状況がありましたケースになるとパイロットのジャッジメントに影響されます。

パイロットは経験則からフリーズせずに現実を見極め、タイムリーにフットワークに手をつけ始めて実効性のあるフォローを取るようにしなければならないと言えます。

スペシャリストと言われるパイロットだって、該当者の操縦桿にツアー客の生命がかかっているというプレッシャーはいかなる時もあるというのです。

その代わり、航空が終わるたびに果てしなく広がるやる意義があることや充足感に気付くことが可能なのだと言われます。

パイロットともなればあるもの全部機長が伴うことを心掛けています。

機長になるには副操縦士と見なされてチャレンジを積み、広い範囲に亘るトレーニングの傍ら10年以上ほど加算されると言うのです。

長期間に亘ってハードルが高いバックグラウンドかつ、飛行チャレンジと同時進行の形でパイロットと見なされて乗務していただけるベクトルもたくさんになって、オリジナルのトレーニングに苛まれることが可能になります。

スポンサードリンク

セルゲイソトニコフも英雄なのか!?

エアーを助け出した滑走路は、イジマ村のエアポートのものだったのです。

過去にはそのエリアのフライト会社が資格を活用する発着のスポットだったのですが、昔からは小型機の発着場として活用されていた。

この空港で英雄になったのが、セルゲイ・ソトニコフであった。

この画像はセルゲイ・ソトニコフの自宅だと言うことですが、信ぴょう性は確かではありません。

10年間以上、彼はいかなる時もエアポートまでどなたにも取り扱われなくなった滑走路を解析していたからであります。

どんな方達に依頼された訳じゃないというのに、どういう理由でそのような事を行っていたかとヒアリングしたら、以下のように応答している。

わたしはただ単に滑走路を使わせないように行っていたに過ぎません。たくさんの人が馬に乗っかっているので、糞が下降し、それこそが湿気がなくなって、一陣の風が舞うと、なにより目に入ったりしてしまうわけです。これに関してはとっくにゆゆしき問題です。木材がdownしたらすぐそこにとれたままだし、瓶をかなぐり捨てるやつもございます。わかりやすく言うとご自身のことを果たす為にクリーニングしていたと。。

彼は、こういった都合で、スポットに生い茂る木々をカッティングしたり、滑走路にマイカーや木材と言えるものを置かせ無いようにしていたというわけです。

エアーが離陸するケースでは、機体の強弱などに於いて、それをオーバーするウェイトでは離陸できないという「マキシマム離陸荷重」が義務化されています。

いずれも着陸するケースでは「マキシマム着陸ウェイト」というようなものが、エアーのカテゴリーごとに義務付けられています。

撒き散らす燃料のボリュームやタイミングが考え出されてレクチャーが供給されます。

ついでに申しますと、お払い箱にする燃料はミスト状に空中へ散布され、たっぷり用意されている高度があるのであれば気化してフェードアウトするとささやかれているようです。

そういう理由から、降雨と一緒で地上に差し当たるというようなケースも、シチュエーションへのマイナスに作用してもありません。

とにかくこの人がいなければ、大惨事になっていたことは間違いないのでまさに奇跡とはこのことではないか?

この奇跡的な事故は永遠に語り継がれるだろう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク