タイタニック実話のもう1つのラブストーリー夫婦が判明!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にタイタニックの実話や今現在の状況など、もう1つのラブストーリーとして実話の夫婦がいたそうです。

タイタニックには、実在した夫婦のもう1つのラブストーリーが存在したらしく、その夫婦とはイジドー・ストラウスとアイダ・ストラウスと言う人物だった事が判明しています。

タイタニックに残る数々の実話や今現在船の状況はどうなんでしょうか?

今回はそんなタイタニックにまつわる実話やイジドー・ストラウスとアイダ・ストラウス夫婦のラブストーリー、今現在の状態などを見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

タイタニックの実話には夫婦のもう1つのラブストーリーがあったのだ!

1997年のオープンから20年に到達した映画タイタニックですが、タイタニック号というフィールドで、ジャックとローズがロマンスに落ちるストーリーで、依然として各国興行収益で全世界2位を保持するレベルの大ブレークを観測記録した。

ジャックとローズは実物のないキャラクターで、2人のラブストーリーはバーチャルの世界。

しかしながら基本にあるのはこのムービー、実際に存在していたご夫婦も生じているというプロセスがあからさまに。その御夫婦とは、一体全体どういった人物だったのか。

この夫婦は沈没するタイタニック号からエスケープすることを放棄しては客間が浸水を始めるとこの夫婦は手をガッツリと握り最後を遂げた。

こういうムービーでプロデューサーとしての使命を果たしたジェームズ・キャメロンの発表では、彼らのネーミングはイジドー・ストラウスとアイダ・ストラウスと言う。

この夫と妻は絶えることなくどちらともを愛し続けたと呼称されていると言う。

スポンサードリンク

イジドー・ストラウスとアイダ・ストラウスは実在した夫婦だった!

1845年ドイツで誕生したイジドー。

ある程度経過した頃米国に移住し、そこでアイダと幸福のコンタクトを実現させる。

そこでアイダにプロポーズ。

彼らは愛し合っていたとのことです。

人々の間で握った手を一つにしたり、キスしてみたりとか、ハグしたりもしていたそうです。

そのタイミング、彼が存在するように経済的なポジションも経済力が生じる男性が世間で情愛アピールを公開するのは、それはそれはめずらしいとされていたとのことですし、この間なんて、第三者の目もはばからず愛撫したりも実行していたとのことです。

2人は強いリレーションで結ばれ、ラストまで2人共愛し続けていらっしゃいました。

今現在では彼らの子供もそれを立派だと感じていますと語る。

その後は、合計6人の子どもさん達を授かった。

完璧な船と位置付けてアナウンスされていたタイタニック号が氷山とぶつかり、船が潜水することを認識したイジドーとアイダは言われるがまま、共鳴防具を取り付け船からの脱出を図ろうとするが、女性のみなさんや小さな子、プラスファーストクラスのツーリストを最優先に救命ボートにピックアップしていたため、双方ともボートに乗るところは可能だった。

そうは言っても彼は乗ろうとしなかったのであると。

旦那は『女性の皆様や子供さん達が一人残らずセーフティーにエスケープするまでは乗ることができないのです』というような事を言ったと想定されます。

救命士から何度もボートに乗ってくださいと指示があったそうだが、決して彼は首を縦にふることはなかったと言います。

それを耳にした妻のアイダは、救命ボートから下車して夫のところへ。「妻はそのタイミングで、わたくしたち夫と妻は長年素敵な人生をともにあかし、6人のこども達にも恵まれた。あなた自身がボートに乗らないなら、私だって乗らないわ」と言い放ったと考えられています。

彼女は『こうなったら救命具いらないわ。それ故あなたがご自身で着てもらいたい。ボートにのぼり、救助されるに掛けては人体を温かくてしてもらえます』と家内に告げました。

この状況で、『2人はラストまで抱き合っていた』と考えられています。

当時は、彼女は「あなた一人で行くところに私だって帯同する。抵抗の姿勢を示しても無意味です。

このことはあなた自身がどんなことより把握している筈」とブロック。

実はこれらの事が実話であったもう1つのラブストーリーと言われています。

スポンサードリンク

タイタニックから日本人生存者がいたのか!?

その中のタイタニックに1人の我々日本人が乗っかっていた。

細野正文さんということなのです。

危ういところで沈没船から逃れ生還したにも拘わらず、以後にハイレベルなブーイングの声が湧き出てくる結果に。

ここだけの日本人ではありますが生き残りでありました 御祖父は、九死に運命を遂げて生還しながら、そのあとは長期間に亘って嫌がらせにさらされました。

御両親はこういったストーリーはしませんでしたが、何事か口ごもりながら言及していた印象に残っています。

父母も、お爺様からダイレクトにはタイタニックのストーリーをこれっぽっちも存じ上げなかったと噂されているようです。お爺様は無口な人だったとも伝えられています。

おじいさんは、留学生と位置付けてソビエト連邦に住んでいた。

帰還するとき、コミュニティがある英国に照準を合わせ、この後はタイタニックに乗っかってアメリカを通じて帰郷することにしたとささやかれているようです。

我々日本人の乗船客はお祖父様1人だったのです。 高等学校生のころでしょうか。

マガジンのレポートなどから気づいたのです。

そうは言っても、遥かこれまでの事柄と言えますものね。 体感的にはどうもわからないと言うのが答えのようです。

祖父すでに亡くなりダイレクトにお目に掛かってはいないし、外見もスナップ撮影でしかはっきりとしていません。

お祖父様が運転していたと知ってから、悲劇のことは、長期間に亘って胸のいずこかに懸念してはいたとのことです。

その部分では、ぼんやりと夢想的なストーリーとしていたそうです。

スポンサードリンク

タイタニックの今現在や船長はいかに?

船はずっと前から100年を超過するスパンで、海の底の方に眠りについている様子です。

ことによって、タイタニック号はダイビング伝統遺産と見なされて支援下に位置付けられる状態になりました。

その点では、各国が海底の領土を主義主張 しようとすると言う事です。

ほんのちょっと前から、このポイントはカナダの独占的水域外だと聞いていますが、この海域の引き延ばしを志願することは可能だと言えます。

大陸の引き延ばしと言って、自分たちの国の領土がオーバーして長引いていることがサインできるシチュエーションでは、オーバーの場合、自分たちの国の大陸棚と位置付けて成形できるというルールが存在しています。

タイタニック号は、こういった大陸棚の上に上がっている様子です。

それに加えて、遺留品のリコールと言いますのは、以前より使用料に適合するコミッションが見込むことができなくなっていますという現実の姿が存在していますそうです。

またそのような時、エドワード船長の家で御手伝いさんとして勤務していたと言う人は、船長が事故で亡くなった後に、グッズと見なされて鏡を譲歩してもらいました。

キャプテンとの価値のあるダイアリーのアイテムでございます。

どうにもこうにも不気味なエピソードの整った鏡は、そのようにして、2人以上の手に渡り、ここ数年はデビッドスミスと言う男性がが所持。

それこそが競争売買へ展示される事態になったというのが本当です。

高いレベルの落札に確固たるものを持っているようで競争売買で買い求めた人は噂が本当なのかご自身の目でチェックすることが可能といえます。

今日この頃でもタイタニックに達するまでの国民の好奇心はしっかりあるので、この鏡は日本円では100万円を上回るでしょう。

今後のタイタニックの状態に注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク