鎌田幸作の住所や家族と犯行動機は?認知性かサイコパス野郎か!?

刃物男の鎌田幸作が死亡した事件で、住所、家族(嫁・妻・子供)などと犯行動機などが今後も捜査によって明らかになってきます。

鎌田幸作の犯行動機は認知性の疑いもあると見ていいと思いますが、現場が住所とかなり近いことから家族や子供などは存在するのかも気になります。

鎌田幸作が認知性でなければ、ただのサイコパス野郎なのか?と言う事も明らかになってくると思います。

早速行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

鎌田幸作の顔画像と住所や家族などはどうか?

ネーミング:鎌田 幸作(かまた こうさく)
年齢:68歳
住所さいたま市見沼区大和田町

ではここでまずそもそもなぜこの男が凶器を持って倒れていたということなんですが普通に道路に転がって刃物を持ったまま倒れているなんて正気とは思えません。

何かトラブルがあって狂気を持ち出し争った形跡などがあってそのダメージによって道路に倒れていたということなんでしょうか?

とにかく謎が深い今回のこの事件ですがそもそもの発端はこの男が手に興味を持ちながら警察官に突進して襲いにかかったということですがそこから警官が身の危険を感じこの男に発砲し死亡したということです。

何らかの形跡がなければ手に刃物を持ちながら外に出るということなどは一般常識から考えてあり得ないことだと思いますので何か自宅で家族間の喧嘩やトラブルなどがありその腹いせに殺意が生じてしまったのか。

警察官の対応も十分適切だったと思いますしここで拳銃を発砲しなければ自分が刺されてやられていた可能性もあることからおそらくメンタル的な何か障害がある人物だと思います。

普通だったら警官が威嚇射撃を行った時点で撃たれると思い普通なら突進をやめると思いますけどもこの男は突撃したいったわけですから何か障害があった可能性が高いです。

今のところ発砲で死亡が確認されていますので今後の操作によってはこの男の家族事情や住所子供などいるのかそして今現在どのような生活を送っていたのかというところを詳細に調べていくと思います。

住所に関しては さいたま市見沼区大和田町ということが判明していますので近所に住んでいる人からすれば恐怖で眠れなかったんではないでしょうか。

今回の警察官による発泡によりまた社会で論議がされると思いますが十分適切だった判断だと思いますしなんだか問題はないと思います。

これで逆に問題だということになれば警察なんてやってられないと思いますし刃物を持って突撃してくる男の対抗は自分が拳銃を所持しているわけですからそれを使うのは当たり前の話だと思います。

つまり正当防衛が十分に成り立つわけでありこれを批判するのはあくまで頭がおかしいんではないかと思います。

鎌田幸作が突進した犯行現場はどこ?

肝心な事件が起きた現場は一体どこなんでしょうか?

おそらく犯人の近所のすぐ近くで観光が行われたということでさいたま市見沼区大和田町一丁目の道路と断定していますので男が住んでいたエリアと目と鼻の先だということです。

最初の発見は近所の人間だと思われている人物に対して男が倒れているというタイプをが警察にあったらしくそこから手に凶器を手にした蒲田が路上に倒れていたこともあり警察がこれを対処しようとしたところ突進してきたということでしょうか。

どちらにしても鎌田幸作は警察による通報の前にすでに誰かをあやめている可能性が高く倒れていたということは何かしら自分で自殺でもしようと考えていた可能性もあります。

スポンサードリンク

鎌田幸作の住所や家族(嫁・妻・子供)はどうなの?

まずここで整理しておきたいところが男の住所は先ほども言ったようにさいたま市見沼区大和田町という風に判明していますのでここから先は年齢が68歳ということで無職ということでしょうか。

年齢も年齢なので年金生活をしていたことが推測されますし定年退職されて家で毎日やることがなくストレスが溜まっていたという見方もあります。

恒例という年齢のことから家族がいたことや子供の存在などはまだはっきりしていませんが世間一般的に考えると嫁や子供などは存在していた可能性も高く場合によっては離婚などを経験していたことも考えられます。

とにかく普通の人間では考えられないほどのライフスタイルを送っていたことも予測され何かの弾みで殺意を覚え爆発したという見方もあるんではないでしょうか。

スポンサードリンク

鎌田幸作は認知症かただのサイコパス野郎なのか?

普通の人間ではないことは明らかなんですがそもそも犯行動機は一体何なのかというところに焦点を当てていきたいと思いますが一番高齢者として考えられることが認知症ではないかと思います。

そもそも警官が発砲する前に警告を促し一発空に向けて拳銃を発射していることからこの威嚇に対しても全く反応がなくむしろ逆に刃物を持って突進してきたわけですから相当な殺意と憎しみなどがあったんではないでしょうか。

このようなことから男の精神状態が不安定で普通でないことが判明すれば認知症だった可能性も非常に高くアルツハイマーなどの病気を抱えていたことも考えられます。

一番多い認知症の例でアルツハイマー型の病気が40代の年齢から発症されると言われており徐々に脳の中に正常と判断できないような不安定なメンタルブロックがかかり瞬間的に正しい事や誤ったことへの判断が年齢とともに鈍ってくると言われています。

特に高齢になってくると物忘れや記録的な障害が脳の中で発生してしまいこれが重症化になれば幻想や妄想を抱き自分にとって不利なことやリスキーだと思ったことは全て暴言や暴力などで解決してしまうという精神状態になってしまうそうです。

確かに今回の犯行でも激しい恨みや憎しみによって目の前の警官が一般人なのか警察官なのかの判断の識別さえ当時のタイミングでは認識できなかった可能性がありやはり精神不安定な状態でメンタル的に何か障害を持っていたことが考えられます。

もしこのような症状が一切なく脳の中も正常に働いていたの ただのサイコパス野郎です。

今現在お得は死亡が確認されているので今後の会合などによってその辺が証明されると思いますがとにかく今回の事件で発砲した警察官によるメンタル的な低下も懸念されると思います。

事実として人一人殺めてしまったわけですから警察官の方のメンタルの方が心配されるでしょう。

早急な事件解明に向けて全力をあげてほしいと思います。

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク