事件事故

アマンダルイス事件の真相と子供(息子)が!今現在と犯人がサイコパス!【アメリカ7歳少女溺死事件】

投稿日:

「ワールド犯罪ミステリー」のアマンダルイス事件の真相と子供(息子)などを見ていきたいと思います。

 

アマンダルイス事件の今現在と、犯人でもあるアマンダルイスの娘が当時アメリカのフロリダ州で7歳のときに溺死したと言うことで、その証人としてアマンダルイスの子供が証言すると言う大胆極まりない事件に発展しています。

 

そんなアメリカフロリダ州7歳少女溺死事件の重要人物である、アマンダルイス事件の真相と今現在などを追ってみたいと思います!

スポンサードリンク

アマンダルイス事件の真相や陰謀は?

2007年の8月にアメリカのフロリダ州で衝撃的な事故とも思われる事件が発生しました。

 

何でもアマンダルイスという一人の母親の娘であるエイドリアナの様子が何か変なのです。

 

探ってみると娘がプールに落ち水死体で発見されたという前代未聞の事故が発生したのです。

 

起きた当初は事故だと誰しもが疑わなかったのですがなんとリサーチしていくうちに事件という事に発展ししかも結論から言えばその犯人が母親のままんで売るということで衝撃的な事件として全米で語り継がれています。

 

どういうことかというと当時現場は母親のアマンダルイスと娘とそして彼女の息子でもある AJ も現場にいて普通にプールを楽しんでいたそうです。

 

このプールで7歳の娘が窒息死したのか原因が未だ謎でありますがとにかく息をしていないということで病院に緊急搬送され治療を受けたがその後死亡が確認されました。

 

この不可解な出来事によって警察の捜索が始まったわけですが当初は事故と思われていましたが息子の AJ が「ママがお姉ちゃんを殺した!」という風な証言をしそこから事件へと発展していたわけです。

つまりは自分の息子に犯罪の証人にされたアマンダルイスはまったくとんでもない人生を歩むことになりその後はストーリーが語られています。

 

警察のその後の創作活動の中でアマンダルイスと息子の AJ の証言が全く異なっていることにより完全に事件として警察も取り調べを始めなぜ息子が姉を殺したのが母親だと確証したのでしょうか?

 

裁判でも息子の証言は母親のアマンダルイスが娘の顔を強引にプールの中で沈め最終的に覚えさせて窒息死させたと息子はその姿をきっちり捉えれていたそうです。

 

しかしながら当然母親のアマンダも引き下がることはなく「あくまで根拠がない」と反論し自分の息子と戦わざるを得ない何とも不思議な裁判になったということです。

 

しかも当時娘が入っていたプールというのはコンクリートのプールではなくゴム状のプールだということでそのようなタイプの中で自分の娘の顔を壁に当てダメージを負わせ最終的に後頭部に傷ができているということで、この傷はゴム状のプールでは絶対にできないと反論しています。

 

完全に双方の意見が食い違ってるが言え母親も完全に殺害を指定しており、たとえこの事件が無罪として処理されていてもこの母親と息子の絆は完全に崩壊している今後になっているんではないでしょうか。

スポンサードリンク

アマンダルイスの子供(息子)がスゴい!

まず何がこの事件で衝撃的かと言うと、自分の母親を殺人犯に確信した息子のAJではないでしょうか?

 

そもそもなぜアマンダルイスが娘をプールに押し付け窒息死させたような行為に出たんでしょうか?

 

これにはかなり奥が深く最初は娘に「プールの中に小さい虫がいるからとってきて」という風に頼んだそうです。

 

これを受けた娘は取りに行くのが嫌だとこばみ、にそれに腹を立てたアマンダルイスは娘の顔を水中に押し付け窒息死させたのではないかという噂があります。

 

そのことを目撃していた息子が完全に母親を犯人だと断定し裁判で証言したということになります。

 

しかしながら裁判ではアマンダルイスが娘に対する暴行を普段から加えていたというような証拠がはっきりと認識されており、毎日の生活から娘に対する育児や教育に悩んでいたんではないでしょうか。

 

これによって娘のことを恨んでいたもしくはメンタル的に腹が立っていたということが確証され今回の窒息死もそれにつながる重大な証拠と裏付けられその後アマンダルイスは娘殺害の容疑で逮捕されています。

 

それにしてもこの息子の勇気ある証言や真実だけ語る正義感は非常にやばいんではないでしょうか。

 

まだ十歳にも満たない幼い子供がこれだけのことを法廷で語れるわけですから大人になったらとんでもない人間になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

アマンダルイスの今現在はいかに?

さてここに来て殺人罪で逮捕されたまま寝るいつも今現在は一体どうなってるんでしょうか。

裁判の結果では殺人罪と虐待などの容疑で判決は終身刑を言い渡され今もなおフロリダ州の刑務所で罪を償っています。

 

自分が産んだ子供に対して犯人と断定させられたその惨めな人生は相当自分自身悔やんでいると思いますしなぜ子供を産んだのかという本質の部分まで考えさせられる事件ではないでしょうか。

 

全米でも当時は衝撃的な事件として話題になっていましたし今の世の中を象徴するような家族の育児や子どもの子育てに対する悩みなどが全面的に打ち上げられた悲しい事件ではないでしょうか。

 

ただ一部にはアマンダヌネスを支持する声もあるようで7歳の女の子がプールで溺死するとはなかなか考えにくいというような意見も当時はあったようで、普段から娘とはあまり関係が良くなかったというものが裏付けられて逮捕されたという部分もあるのでそれだけではあまりにも証拠が不十分という見方がアマンダルイス支持者にはあったようであくまで終身刑は重すぎるという見方も一理あったそうです。

 

専門家の概要から行ってもゴム状のプールで顔面を強打するということはあまり考えにくいし窒息死させているのなら何らかの抵抗が絶対にあるはずなのでそれを目撃していた息子は何も助けなかったということなんでしょうか?このようにいろんな謎や不可解なことが未だに語り継がれておりその真相は明らかになっていません。

アマンダルイス事件の裁判はどうなった?

殺人罪で逮捕された時アマンダルイスは断固として容疑を否定し無罪を訴えてきました。

しかしながら裁判での検察側の主張により娘を殺害する動機が十分にあったと着床しているが故に事件当時には自作自演ではないかというアマンダルイスの行動も不可解に裁判の材料としてあげていました。

 

しかも普段のライフスタイルから娘の育児に対して相当悩んでいたそうで家庭環境などが非常に影響している事件だと考え近所の友人に「娘の愛し方が分からない」というようなことで悩んでいたと言います。

 

このように検察側は彼女が娘を殺害したという殺意を証拠として主張しておりこれによって裁判が有利になり娘を殺害する動機へと発展していきました。

 

息子に対しても教育方針などが義理の父なるからことごとく指摘される前に家だったようでストレスなども相当たまりメンタル的にまいっていたのではないでしょうかという推測が成り立ちます。

 

当然息子は法廷で真実を貫き母親を殺人罪として表現しているわけですからこの体の中でも感情が芽生えて涙を流していたそうです。

 

裁判は彼女の終身刑が確定し今後シャバはに出てくることはないですが息子が大人へと成長した時にどういう思いで母親にせいしていくのかというところを思い返される人生を歩むんではないでしょうか。

 

とにかく双方が今後の残りの人生を自分の生き方に納得できるライフスタイルを歩んで欲しいと思います。

 

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

 

 

関連記事は下をスクロール!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-事件事故
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.