ガビシュルの今現在は骨肉腫でバレリーナ!家族(父母親)と彼氏など!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」にガビシュルと言う骨肉腫のバレリーナが出ますが、今現在の活動や家族などの父親母親はどんな人なんでしょうか?

ガビシュルの彼氏関係や、なぜ骨肉腫になってしまいそれでもバレリーナを続けているのか?

ガビシュルの骨肉腫は足を切断せざるを得ないぐらいまで深刻になったそうですが、切断してまでも今現在でもバレリーナとして生きる彼女のストーリーを追ってみました。

スポンサードリンク

ガビシュルは骨肉腫だった!?経歴プロフィールなどは?

ネーミング:ガビシュル

年齢:16歳

出身:アメリカ

ガビシュルの本名はGabi Shull(ガビ・シュル)と言います。

今現在はアメリカのミズーリ州で生活を送っています。

年齢は16歳の少女で彼女が足に病気が患っていると察知したのはまだ9歳にも満たない時にリンクの上でスケートを楽しんでいる時だと言われています。

最初はそれほど重症になるとは想像もしていなかったそうで膝に痛みが生じてそこから病院に通いだしたと言われています。

そこで医師から診断されたのは骨肉腫という足の病気だったそうです。

彼女は幼少期からバレエダンサーとして将来はプロになることを今見たそうですがこのように医師から足の病気と診断されたことによって今後の活動ができなくなると思っていたそうです。

そこから日に日に足の状態が悪化していくことを彼女本人も気づいて来て医師からは関空のところに人工透析を入れるように指示を受けましたが彼女はそれを断固と拒否してなんと切断するという決断に至ったわけです。

男性と違って女性ですから当然将来にかかわることでし自分の体の一部をなくしてしまうということは女性にとって辛いにもかかわらずなぜ彼女はこのような決断したのか ?

切断した後はもちろん人工的に足を埋め込んで行くんですが当然見た目は全く切断しているなどわからない状態ですがそれよりも本人が一番辛いのではないでしょうか?

しかも足の一部を切断しているわけですから当然限界を超えた運動等はできないでしょうし常に足を気にして生活していかなければなりません。

そんなことになっては当然バレリーナとしての夢は諦めなければいけないですし彼女にとっては将来的にプロのバレリーナになることが夢見ていたわけですからそれが一番彼女にとってメンタル的にやられたんではないでしょうか。

ただここでまた彼女の強い理念と決意が表沙汰になったことでこのような足のハンデを背負っているのにもかかわらず足を切断した状態でプロのバレリーナとして目指したわけです。

相当なメンタルの持ち主ではないでしょうか?

スポンサードリンク

そもそも骨肉腫とはなんぞや?

そもそもこの病気とは一体どのような病気なんでしょうか?

日本でもよく名前は取り沙汰されていますが映画やドラマにでもこの病気はストーリーとしてよく出てきます。

日本では発症率が年間的におよそ200人ぐらいと言われておりそれほどメディアに出てくる病気ではありませんが主に10代からの若い年齢の方が発症しやすく基本的に形や上半身に発症することが多い病気でもあるそうです。

基本的に治療法は抗がん剤がメインになるそうですが最初にレントゲンを撮って骨の内部の状態を知りそこから放射線などを使って治療をしていくそうですがこの放射線治療はあまり役立たないと言われています。

今回の彼女みたいに足を切断しないでも治療することは十分に可能ですがそういう意味でも石は人工透析を彼女に勧めていたわけでそれを拒否した彼女もまた何かしら理由があったのかもしれません。

主に骨の病気なんですがこの日以外でも必ず体中の骨髄が弱っていると非常に発症しやすい病気でもあり若者がメインで発症しますが当然高齢者にも例外ではありません。

か半身においては腰から下の骨盤などに腫瘍がたまりやすく10代以下の小児にも発症すると言われています。

今現在の医療では骨軟部腫瘍科、腫瘍内科が最先端の機器を使いそこから治療法などの研究を積み重ね治療にあたっております。

スポンサードリンク

ガビシュルの今現在はバレリーナ?活動は?

彼女の今現在の活動は足を切断したにもかかわらず現役でプロのバレリーナを目指して踊り続けています。

なぜここまでのことができるのかといえばやはり将来自分の夢を叶えるための強い決意とポリシーではないでしょうか?

しかもバレリーナと言う専門的な分野に特化しているわけではなくてそこから自分の個性に合わせたヒップホップやリズミカルなジャズなどのダンスもミックスさせて踊りを極めようと自分の好きなことをして夢を叶えるため活動しています。

そして自分が足を切断したという病にかかったことを体験談として「THE truth 365」という団体のメンバーとして夢を与え続けています。

彼女のように同じ病気に犯されて足にハンデを抱える子どもは世界に沢山いますのでそのような人に向けて彼女は踊り続け情報を発信し続けているのではないでしょうか?

SNS などにも彼女に共感するような声がたくさんあり彼女を追ってバレエダンスを始めた子供もたくさんいます。

そう考えると今後は彼女自身が模範となり多くの現役のバレリーナの子供たちに勇気を与え多少のハンデがあろうとも彼女も足を切断したにもかかわらず踊り続けているのですから相当な影響を及ぼすことは間違いありません。

是非とも全世界に情報を発信し続け自分の体験や経験談から来る壁を乗り越えたストーリーを伝え続けて欲しいものです。

ガビシュルの家族や父親母親と彼氏などは?

ここで気になるのがガビシュルの家族関係や両親などは何をされている人なんでしょうか?

自分の娘が足を切断したわけですから当然そのショックは大きかったと思いますが今となっては彼女のバレエダンサーとしての活動を応援しているのは間違いないでしょう。

最初は踊れるようになるまでかなりのリハビリを頑張ってきたと思いますし入院生活の支えになったのは全て両親のサポートがあったからに違いありません。

彼女自身も16歳という思春期の時期に入っているわけですから当然今後は恋人などの存在もあるようですし大人になれば結婚して子供を産んで幸せな家庭を築くことも想定されます。

そうなると今後はより一層両親のサポートが必要になってくると思いますしそのような環境下で生まれ育ったことは非常に彼女自身幸運だったではないでしょうか。

彼女が今後どのように羽ばたいていくのか非常に興味がありますし注目していきたいと思います。

最後までご覧いただきまして本当に有難うございました。

その他の関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク