アメリカ同時多発テロ事件の政府存続計画とは?日本でもあった!?【テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース】

「テレビ史を揺るがせた100の重大ニュース」にアメリカ同時多発テロ事件の政府存続計画の真相や真実、謎が公開されます。日本でもその政府依存計画があったみたいです。

アメリカ同時多発テロ事件は全世界を揺るがす大事件の1つとして、今現在も語り継がれていますが、その中でも今回のテーマでもある政府存続計画とは一体なんでしょうか?

日本でも政府存続計画と言うものが存在していたそうですが、そもそもどういう計画なんでしょうか?

その真相や真実謎を解明すべく、細かい部分までピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもアメリカ同時多発テロ事件はなぜ起きた?

アメリカ同時多発テロ事件は皆さんもご存知の通り2001年の9月11日旅客機がハイジャックされ2機の旅客機がアメリカの中心街であるニューヨークのマンハッタン世界貿易センタービルの最上階にぶっこみ多くの犠牲者を出したテロ事件です。

そしてもう一機の旅客機はアメリカの心臓部ともいえる国防総省のペンタゴンに突っ込みこちらも多くの犠牲者を出したものです。

そもそもなぜこの事件が起きたのかと言うと対アメリカを表していたテログループアルカイダの最高指導者ウサマビンラディンを筆頭にした組織がアメリカへ攻撃を仕掛ける要因となったポイントです。

これによってアメリカもアルカイダを筆頭にウサマビンラディンを拘束する前提にこれらの組織をテロの首謀者とみなし群を引き入れて大々的な掃討作戦を決行。

そしてそのビンラディンが潜伏していたアフガニスタンやパキスタンをメインとする大規模な掃討作戦やビンラディン本人の身柄を確保するためにアフガニスタンに空爆を開始。

これがきっかけとなりアメリカ対アルカイダの軍事対決が始まった。

同時多発テロ事件における旅客機を操縦していた中東人のモハメドアタは事件前にアメリカに入国し念入りな飛行機の操縦訓練を行っていたという噂もある。

しかものモハメドアタ筆頭に旅客機を操縦していたハイジャック犯はかなりのスキルや能力に長けており相当なエリートと言われていた。

当初2機の旅客機が世界貿易センタービルとペンタゴンの突入で自爆したと公開されていますが4機がハイジャックされそのうちの2機はテロ攻撃に失敗している。

アメリカ同時多発テロ事件の真相は?

当初世界貿易センタービルに突っ込んだ旅客機は乗員乗客42名を乗せて離陸後数時間後に最上階に突っ込んだ。

この時の道中の状態なんだが旅客機の機内から管制塔へハイジャックされたことを通報され旅客機の機内は完全にハイジャック犯に包囲され占領されていた。

ハイジャック犯は進路を変え推測になるがホワイトハウスが標的になっていたという噂もある。

進路を変え旅客機の進む方向ではなくワシントンへ向かうことを管制官に報告している。

乗客の中には機内連絡を傍聴したり、携帯電話からの外部との接触連絡で何らかの形によるハイジャックによる旅客機が乗っ取られたと推測し事件の概要が自爆テロだと確信した乗客がハイジャック犯との戦いと旅客機の奪還に乗り出したとも言われている。

しかしながらその数分後に旅客機は猛スピードで世界貿易センタービルに突っ込み乗員乗客全てが死亡したと報告されている。

ハイジャックされた旅客機の全ては国内線でアメリカ全土の所要都市に向かう予定の便だったことが判明しておりそれらのことから燃料などの予備タンクを満タンに搭載していたと言われている。

当時プライベートを楽しんでいたブッシュ大統領は事件の概要を担当官から伺い緊急事態とみなして大統領府に戻った。

この時に初めてアメリカ、ソ連の冷戦時代以降初の政府存続計画が発令されブッシュ大統領をはじめとする国の安全を第一に優先するべく一般人に向けて避難を命じるように発令したと言われている。

これに基づきアメリカ連邦捜査局、アメリカ中央情報局は国内の民間航空の閉鎖並びにアメリカの領空内での緊急機以外による民間機の通過領域は一切禁止されアメリカ国内の領空内を民間機が飛ぶことは この時点で強制的にできない配慮となった。

この事件後さらに地上へのテロ攻撃が予想されることも推定されていたことであり領空だけではなく民間道路なども取り締まりが一層厳しくなった。

これによりアメリカ国内の航空会社も甚大な経営の影響を受け、一般人が飛行機に乗る恐怖に陥ったため経営が大きくマイナスに傾きこの事件後数社の航空会社が倒産に陥られた。

事件を中東をメインとするウサマビンラディン掃討作戦に乗り出したアメリカ軍はウサマビンラディンの潜伏していると思われるアフガニスタンに引き落としの交渉を求めたがアフガニスタンはこれを拒否。

よってアメリカ軍がアフガニスタンでの空爆を開始しウサマビンラディン掃討作戦に乗り出したと思われる

スポンサードリンク

アメリカ同時多発テロ事件の政府存続計画とはなんぞや?

そもそも政府存続計画とは一体何なのか?

この事件をきっかけに冷戦時代以降となる政府存続計画を発令したブッシュ大統領ではあったが、その後の掃討作戦による効果が入っていられたのかその後にアメリカの大規模テロは結構されていない。

唯一言えるのであればボストンでのマラソン中への爆破テロであろう。

アメリカにおいて核や軍事攻撃による国家の壊滅的なダメージにおいて自国の存続を図る機密計画と言われている。

主な詳細は諜報活動により行われるものがメインになるので我々一般人では到底計り知ることはできない。

世界各国にはあらゆる情報部員が存在していて、世界中のスパイ活動や機密な情報を探るためにこのような政府存続計画と呼ばれる物が存在している。

主にアメリカの FBI や CIA、 ロシアの KGB 、イスラエルのモサド、 イギリスの Mi 6なども世界有名なスパイ機関で名を轟かせている。

アフガニスタンでの掃討作戦もこれらの情報機関と念密に情報交換し合いウサマビンラディンの潜伏先やテロの実行犯並びにテロの詳細活動なども念入りに情報を掴んでいたと言われている。

イスラエルとイギリスは同盟国なので主に情報収集の受け渡しを念入りにしていたと思われる。

ロシアの KGB に関して同盟国ではないので例外だろう。

政府存続計画の主なプロセスは政府の高官や軍の頭側をまとめて国発動権を指揮する役割があったと言われている。

噂ではアメリカとソ連は核戦争の手前まで行った唯一の2国であり、その時もこの政府存続計画が発令され自国を防衛するためにアメリカはこの計画を行なったと言われている。

仮にその時に核戦争が起こったとしてもアメリカはこの政府存続計画を発令中に敵対国に対して十分な戦力と軍事力を保有し同レベル以上に戦っていけるぐらいの存在だったと言われている。

今現在は合衆国緊急事態管理庁の管理下で政府存続計画が保有されています。

最後までご覧いただきましてありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク