林孝一(林真須美息子長男)の今現在や結婚は?生い立ちと手紙とは?

今回は林孝一(林真須美息子長男)の経歴WIKIプロフィールや生い立ちと林真須美が息子に送った手紙などを検証していきたいと思います。

林孝一(林真須美息子長男) は和歌山カレー事件の犯人でもある林真須美の息子として生まれてきました。

今現在どんな活動してどんな仕事をしているのか結婚や嫁子供などはいてるのか?

林孝一(林真須美息子長男) が母親でもある林真須美のことを今現在はどう思っているのか?

息子や 家族のことなどがなかなか情報がないので今回はその辺についてピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

林孝一(林真須美息子長男)の経歴プロフィールや生い立ち!

林孝一のインプレッションはほぼほぼないんですが母親が事件を起こしてからは息子にも甚大なメンタル的なショックや嫌がらせがあったようだ。

この事件の後に母親である林真須美が世の中の話題をさらい息子や家族でもある林孝一は相当ないじめや嫌がらせが周囲からあったようです。

それは甚大な毎日のライフスタイルにも支障をきたすぐらい相当なメンタル的な嫌がらせがあったということです。

このような毎日が徐々に頻繁に起こってきて彼自身も相当なメンタル的な異常が現れて鬱寸前までいったと言われています。

なんせ母親である林真須美がこのような世の中を震撼させるような事件を起こしたことをきっかけにその背景には当然 息子である彼がその砲火を浴びるのは 気の毒である。

中には学校内で母親をネタにされたり家には嫌がらせの電話があったり、信じられないことに家に火をつけられたこともあったそうだ。

このようなことに彼は必死に変わりは出せず感情を内面にしまって相当な我慢をしていたと思う。

これら全て母親の事件がきっかけとなり彼の人生が狂ったと言っても過言ではないので彼自身相当実の母親を恨んでることになろう。

ただ月日が経って彼の本心を辿った時に母親が裁判で無実を訴えていたことに対して彼は母親のその言葉を信じてずっと生活をしていたと言う。

つまり彼自身がここまで甚大なメンタル的な被害を受けているのにも関わらずそこまで母親を恨んでいない裏付けなのか?

ここまで甚大な事件を起こした母親ですらその言葉を信じるというのは、やはり親子の愛情がないとこのような言葉は出てこないと思う。

スポンサードリンク

林孝一(林真須美息子長男)の今現在はどうか?

さてここに来て林孝一の今現在の活動は何をしているのか?

今現在の仕事や結婚や嫁子供はいているのか?

リサーチしたところなんでもトラックの運転業をやっているという情報がえれた。

実家が和歌山県なので和歌山県内でトラックの運転業を行っているのかは不明だが和歌山県内でも複数の運送業があるのでどこで働いているのかは特定できない。

ただ産業廃棄物のトラック運転手をしているということは確かなので和歌山県以外でもどこかの産業廃棄物処理会社で勤めている可能性は極めて大きい。

そして結婚しているのかどうかなんだが 以前交際していた女性はいたようです。

ちなみにですが事件当初長女は二十歳だった頃に子供の妊娠をしていたという情報があり長女に関しては結婚して子供を授かっている可能性が極めて大きい。

ただやはりこのような事件があった背景の後では長女の旦那がどう思うかによって今現在継続して幸せな家庭を築いているのかもしくは離婚をしている可能性もある。

長男の林孝一に関しては今のところ結婚して子供がいるのかどうかはまったく謎である。

ただはっきりしているのは産業廃棄物処理会社でトラック運転手をしているということだけである。

子供は親をチョイスする選ぶことはできないと言われていますがこのような重大事件の犯人の家族岩場子供ということでこれからも母親が犯した重大な罪によってその人生を歩むことになるのは極めて苦しいと思いますし辛い人生が続いていくと思います。

私だったら親を恨み親と子の縁は一生を断ち切って自分の人生を歩んでいくと思います。

スポンサードリンク

林真須美から息子林孝一への手紙とは・・・?

各メディアでも林真須美から息子の林孝一への手紙がどういう内容だったのかが非常に焦点となっています。

手紙の拝啓から見ると娘は一生懸命母親の林真須美をサポートしていたと言います。

林真須美が逮捕された後は息子や娘も医療施設に保護されそこで生活をしていたと言います。

世間からは殺人犯の子供という風にみなされ外に出ただけでも周りからの厳しい目は嫌がらせに寄って精神的に追い込まれて言ったわけです。

当然マスコミにも追われ各メディアにも注目の的となりそんな毎日から必死に逃げる生活を強いられていたわけですから当然ストレスなども相当たまり、病んでいた毎日だったと言う。

そんな中でも必死に子供達は母親を援護していたと言います。

そして子供達は母親の無実を毎日のように信じ切って外部からの圧力に耐えていたと言います。

当然裁判では林真須美は無実を訴え自分は何もしていないと主張し続けてました。

結局事件は無罪になり林真須美は死刑という形で罪を償ったわけですが、ここまで信じさせた子供たちのことを考えると本当に薄っぺらい母親だったのかなというのが私の正直な感想でもあります。

やはり子どもや親は自分の身内の真実を信じるわけですから、そこまで嘘をついていた林真須美のことを考えると本当にこの子供達は気の毒でしか言いようがない。

なぜ林真須美がこのような事件を犯したのかはいろんな魂胆が考えられますが保険金を奪うためとか普通に世の中が嫌になったとか毎日のストレスで鬱憤を晴らしたいとかそんな自己中心的な考え方で罪もないような人の命を奪ったのであればとんでもない悪魔としか言いようがない。

自分の身勝手な犯行で自分の息子いや娘の人生を狂わしたのであれば相当な馬鹿親としか言いようがない。

子供達は養護施設で保護されその中でいじめが毎日のようにあったことは明白ですが周囲の人間からもポイズンというニックネームが付けられ精神的に病んでいたことであろう。

そんな母親であっても今現在も 息子は母親の事を信じたいと言っていた。

どうしてここまで息子の感情が恨みへと動かないのか?

やはり親子の縁なのか?

林孝一(林真須美息子長男)は結婚して嫁(妻)や子供はどうか?

今現在林孝一は結婚して嫁や子供は健在なのか?

なんでも彼の過去を全て受け入れて結婚を決意した女性が一人いたという噂がある。

彼はその時に結婚相手に母親の事を全く告げようとはせず母親は事故で死んだという風に話したと言う。

つまり過去の事件に対する母親の行った罪や自分が嫌がらせを受けてきた過去などは一切表には出せずにすべてを隠してこの結婚相手と二人で生きていく覚悟を取ったそうだ。

しかし結婚相手の両親が全てを隠そうとする彼に不信を抱き彼自身も嘘を突き通すことに限界を感じたそうだ。

そのような背景があったので結婚相手の両親からは彼の母親の経緯や家庭を知り そこから自分の娘を殺人犯の息子と結婚させるわけにはいかないというふうな経歴があったのでその後の結婚はキャンセルとなったそうだ。

やはり自分の身内が何らか事件を犯した殺人犯であればその息子や娘にも火の粉が降り渡り子供の人生までも狂わせてしまうことになるということを林真須美はしっかりと受け止めてほしい。

自分一人がやったことに対する悪意が自分の身内もしくは周りの人間までも全てが不幸にさせてしまうということに対して社会的責任と代償というものを重く受け止めてあの世で勉強してほしい。

林孝一に対しては林真須美は死刑になる前に刑務所で息子に対して「体にだけは気をつけて自分の人生を生きていきなさい」と告げたようです。

そして息子に対して大きく手を振って罪を償ったと言います。

林孝一が今後も社会復帰して、大きく成長して行くことを願います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク