山上浩の経歴と結婚(嫁・子供)や年収が!生い立ちと勤務先は最後の砦!【情熱大陸】

「情熱大陸」に医師の山上浩さんが特集されますが、彼の経歴プロフィールや結婚して嫁(妻)と子供の家族などはどうなんでしょうか?

医師で今現在活躍される山上浩さんの年収や勤務先の病院などはどこでどんなオペレーションを行っているのか?

山上浩さんのポリシーには経歴プロフィール意外にすごい理念を持ち日々医師として戦っています。

今回はそんな山上浩さんの伝説を見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

山上浩のスゴい経歴プロフィール!

ネーミング:山上浩(やまがみひろし)

生まれ:1979年

出身:福井県

学歴:福井大学

ここへ来て40歳。余暇活動は山登りやロードワークなど。

福井キャンパス医学部で、自身の不正脈が出現したことを通じて、スタート時期は循環器内科に照準を合わせていたそうで、キャンパス卒業後には内科医と見なされて仕事に従事するようになりました。

そうは言っても、当直職務中に内科医と位置付けて実践できるタイミングが他のドクターと対比すると実践できるシーンが制限されていることをひしひしと感じます。

この理由によって、内科医から救急医に転向したみたいです。

個人個人で病を患っている方に実践できるポイントが少ないからと、簡単ではないポイントうごめく救急医に転向するなんてスゴい。

救急医療救命メインでは驚いてしまいますが受け容れクライアント数が日本一を公言している様子です。

救命救急医療では、病人がとても一杯いたり、処置できるドクターがいなかったり、ベッドの全体数が十分ではなかったりで、至急にもかかわらず受け容れ依頼をブロックする他ないランクから、受け容れ先が選定できない、言い換えれば「たらい回し」がしょっちゅう発生することが差し障りが生じているかと思います。

実際にたらい回しという事態を受けて、ケアが遅れたなどと考えられるやり切れないインフォメーションもしばしばころがっています。

TV番組ドラマ等々でも、これを採用されることが多くよく知られている局面ですね。

医療機関や救急救命士の方があれもこれも悪いって言われる通りはないといえるでしょう。

たらい回しの最も大きい背景にあるのはクリニック側の受け容れシステムが合致していないこと。

原則的にはスタイルがコーディネイトされていないと、どうあがいても甘んじて受け入れることなど出来ないし、仮に半強制的に言われた通りにやって、処置がブレーキをかけられてしまったら、むしろ病人にとっても悪いです。

標準的であると、受け容れが難しいときには、ブロックをすることが通常の流れですが、湘南鎌倉救命救急センターはこの部分が異なっています。

彼のポリシーに、「何が何でも拒否しない」「運ばれてきたクライアントは100%応じる」というような考え方があるのではないでしょうか。

このコンセプトの下、新生児から高齢者の方まで、どなたであろうと来たところで支持するという、カツカツのタイミングをセッティングしてあると考えられます。

クリニックのことだって、病室や処置室の日々の生活、いろんな地域とのアライアンスを密にして、医療機関全体で1つとなる組織を構成するのです。

その要因はお世辞無しでパーフェクト。

施設内でいがみ合い、脇のリレーションがゼロの医療施設も、ドラマに左右されることなく現実の上であると言うのに、湘南鎌倉救命救急センターはそう言った何の意味もない医療機関とは異なっているに違いありません。

それ以外だと彼のミッションは病室のリザーブもあるのです。

一つの例として、処置室やICUや病室などのスペース実情を見に行ったり、どことどちらの病室をリニューアルして、医療従事者やドクターの従業員をどうポジショニングするか、そういうことのジャッジメントでさえ短時間を争う事態の中で実施して行くのです。

スポンサードリンク

山上浩の年収や勤務先はどこ?

勤務ドクターとは、医療施設に勤務しているドクターということを意味します。

開業医とはかけ離れていて、個人個人でクリニックをオープンしてないため、一部の大学や、病院のお医者さんとして業務につくことになります。

広範囲の科があるため、どんなことよりメジャーではないものはないといえるでしょう。

大学医療施設の医局に勤務した場合と病院に勤務したシーンではより、一定水準所得のバラつきが付いて回るようですが、どうであっても科のリーダーになるレベルにはほとんどのケースでは1200万~1500万レベルに収入は落ち着くといわれている様子です。

ドクターはいわずとしれて、一定レベル年収が高レベルなルーティンワークだと言ってもいいでしょう。

勤務医師はハードワークといわれます。ベッドに入る時間がない可能性も大きいと考えられています。

何と言っても緊急外来診療などは横になる時間が2時間といった系のものになることが附いてくると想定できます。

現在ではドクター不足により、いなかではドクターを理想的な処遇で人材募集を出すところもあると噂されています。

アベレージ年収がハイレベルな勤務ドクターの業種では、自分で開業するとそれに見合ったサラリーが大幅な上昇しますが、勤務医と言う意味ではまず科のリーダーになれば一定レベルの年収プラスがあるということも考えられます。

やり始めた時は勤務医の使命を果たして、マネージメントできるネットワークやキャパシティーができてきて一人でオープンにいたるドクターが多いとささやかれているようです。

開業医になってくればものすごい収入が受け取りますが、基本にあるのはマネージメントの力も欠かすことができないため一定以上の頑張りは必須です。

もっと言うならやはり一定水準所得がハイレベルなので、ポジションが増加します。

「医師」は国家資格ということで、「国家試験」にパスして医籍申請を済んだものにライセンスが受け取ります。

ドクターになってくればそのぶん、所得と位置づけがコミッションで来ますのでドクターに方向転換する方は、それ相応の決意で進むことが必要です。

彼のケースでも開業医ではないため、およそ1500~2000万ほどの年収だと思います。

山上浩に家族(嫁・妻・子供)は健在なのか?

山上浩さんは近頃では結婚されていて、嫁と子供の4人ファミリーで過ごしています。

救急救命のドクターといえば、テレビ番組などを閲覧しても休みも医療機関に呼び出されて勤務、ライフステージがビジネスと勘違いするようなイメージがとてもじゃないが強いだろうと感じます。

可能性として病を患っている方のポジションとしてはクリニックにドクターが多くいてもらったほうが何かと便利ですが、そのドクター自身もホモサピエンスなのであるということが絶対必要です。

山上浩さんは勤務以外のプライベートで過ごすタイミングなどの家庭の事情もものすごく重点とするよう重きを置いているとのことです。

そうしないと、病人にやんわりとするメンタル的な空きスペースが出づらいからという。

個性的な精神とからだが疲労困憊している時に周りの人にも愛情を込めてというのはとてもじゃないがハードルが高すぎることだと断定できます。

こういう風にして割り当てられた壮健のルールに従って病人にとってよりよい社会環境づくりをすることも求められる見立てだと思いますね。

時間に追われている仲でもファミリーの仲に重きを置く山上浩さんのいるファミリーはさぞかし思い遣りのあるファミリーである可能性が高いです。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク