スカンジナビア航空751便墜落事故の真相と原因は点検ミスか!機長の今現在は?【生死を分けたその瞬間】

「生死を分けたその瞬間」にスカンジナビア航空751便墜落事故の真相や原因を見ていきたいと思います。

スカンジナビア航空751便墜落事故の原因は点検ミスによるものだと言われていますが、その謎や機長の今現在などはどうなっているんでしょうか?

スカンジナビア航空751便墜落事故からかなりの歳月が経過していますが、未だにその真相などの細かい部分は隠れたままです。

今回はそのへんの事についてピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

そもそもスカンジナビア航空751便墜落事故とは?

デンマークの首都コペンハーゲンからリトアニアの観光スポットに対してスタートしたが、着陸アタッチメントに異常動作がリサーチでき、応急着陸してた。

当初の発表では、着陸が終わった後に右が異常を起こしたが、ツアー客乗務員52人は何の問題もなくとされていたとされる。

ただその後の重ねた同型がオールボーに着陸するケース、恒常的なアクシデントが見られた。

右エンジンと右翼が引火したけれど、負傷者を受けず、消化動作はスピーディーに実施された。

それに加えて離陸の直ぐ後にテクニック的ダメージを見つけ出し、後戻りしていると言い放つ。

スカンジナビア航空751便墜落事故の原因がエグかった!

離陸から数秒でエンジンから奇想天外なノイズ音と バイブレーションがもたらされているのに感知します。

なぜかと言えばすごい量のスノーと氷の破片を吸い入れたことが原因で、エンジンが規定通りにウンともスンともいわなくな ったことなのでした。

これに勘付いたパイロットは推力を絞り込むべきですが、自動推力持続ユニットが作動しレバーから握りこぶしを離したとたん、強制的にエンジン推力は 高くなります。

あの時は自動推力持続ユニットのことをパイロットに心得ていなかったと想定されます。

離陸から第1エンジンも規則正しく稼動しなくなり、機内には煙異臭が立ちにじませてきてしまいます。

時間をもって両エンジンがストップ。

墜落に向かっての時間が2分そこそこしかない中、機長もコクピットに駆け付けバックアップしますが 機能はもどりません。

そういう訳で機長はエアポートから平原に機体を 緊急事態の着陸をに導くことにしてみたのです。

不時着のダメージにより機体が3つにバラバラになる 大破となっていました。

そうは言っても100名に見合った負傷者は現れましたが、超人的に犠牲となった人を発しませんでした。

ぶつかりによる機体のスピードダウン、スノーでカバーされてた土壌が衝撃吸収材を向かえた。

エアポートが近かったためにあれよあれよという間に レスキューができた事項がポイントだと考えられています。

その日までに屋外の外気温が0度内と とてもじゃないがスノーが 溶けにくい周辺環境でそれ相当の 機体は この状態で 外に 捨て置いて見受けられました。

それから後に エンジン 周りの羽がが メタル製で 気温には デリケートで 冷やされ そこへ 白雪や 氷が 積もり ダンゴ状態になるが すぐ後で 4~5時間 後には 解けて そいつが 離陸と プラスして 吸い込 まれた こと とされていた。

けれども なぜ 積もった タイミングに 通常であれば 緩和させるが この時は 見つけられたのかこれに関しては 作業担当者の リサーチ ミス の状況であった。

その他には 極限までが なぜ このような内容の ちっぽけな スノーなどが 混じった だけで スケールの大きい エンジンが ストップ までに おもむいたのか?

そこの部分は マニュ アルの リード ミスが トータル でありました。

どうしてなのか あのタイミングに 恐れずに言うと 「形式」 とでもいうべき ヤバイ状況 に限って 嫌でも エンジンに 燃料を 産み出して 上乗せ させる そう言った アバンギャルドな メカニズム が取り付け されて いたけれども 機長 なぞに 企業 事例が 通常であれば 活用 しない に限って トレーニングの時に それ以外に マニュアル操作などの 状況に なかった と考えられています。

スポンサードリンク

スカンジナビア航空751は今現在や機長の今現在は!?

一見すると そのタイミングの 機体名は インプットから 解禁された と言うものの スカンジナビア航空751便 事態は 残され 依然として 運転に 活用 されて いるではないかと考えます。

しかしながら スタートがインターナショナルが 行方をくらまして デンマークのコペン ハーゲンからワルシャワ の ベクトルに チェンジ されたと噂されています。

それ以外だと 間違いなく 依然として そういった場合の 乗員のが 衰え知らずで 職場復帰 されて いた と考えられています。

それこそが操縦士と機長 だったのです。

そうだとしたら なぜ機長は ストップしたのか?基本にあるのは 一人残らず メインキャスト ではありますが これ 以降は 機体の 合法性が うすれ 不安を覚えているに違いない。

まだ今現在でも当時の機長が勤務されているのが、驚くばかりだ。

今後はこのような事故は絶対にあってはならない。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク