ゴクメンタニス(オランダ襲撃事件犯人)の顔画像や生い立ち!テロか!?

オランダの襲撃事件で犯人がゴクメンタニスだと判明し、その顔画像や生い立ちなどを見ていきたいと思います。

ゴクメンタニスの犯人顔画像が公開され、今回の事件がテロなのかただの襲撃事件なのかはまだ謎ですが、トルコ人だと言う事でテロの可能性も否定できない。

ゴクメンタニスがテロリストなのか、そうでないのかは今度の捜査で明確になると思いますが、今回はその顔画像や生い立ちなどを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

ゴクメンタニス(オランダ襲撃事件犯人)は元々性的暴行の変態ヤローだった!

まず公式ではこう発表されている。

オランダ・ユトレヒトの路面電車内で起きた発砲事件で、ゴクメンタニス容疑者を逮捕したと発表した。事件では3人が死亡。当局はテロの可能性があるとの見解を示している。

ユトレヒト警察署長は記者会見で、「容疑者が逮捕されたとの通知を受けた」と明らかにした。警察はこれに先立ち、トルコ生まれのゴクメン・タニス容疑者の行方を捜索中だと公表し、同容疑者の写真を公開していた。

オランダの首相は、テロ攻撃の可能性は「排除できない」と述べ、オランダは「不寛容を決して認めない」と表明。ユトレヒト市長はツイッターへの投稿で、「テロ攻撃であったという見地から対応している」と述べた。

ザーネン市長とユトレヒト警察によると、事件では3人が死亡。負傷者は当初9人とされていたが、後に5人に訂正された。オランダメディアは目撃者の話として、銃撃の標的となったのは女性1人とその女性を助けようとした人々とみられると報道。オランダ放送協会によると、タニス容疑者は2週間前、性的暴行事件をめぐり裁判所に出頭していた

元々性的な変態ヤローの可能性が高く、この事件の前にも性的なトラブルで裁判所に出入りしていたと言う。

そもそも性的暴行とは、女の人達に対する性的暴行の75%は、被害に遭った人のネットワークによるものだ。

被害を受けた人がメンズにあたっては、マーダーがご友人になってくれば80.9%に影響する。

このデータは政府機関がまとめ上げたエリア内の最新データベースではないでしょうか。

女の人達に対する性的暴行事案のうち、相手から性的暴行を受け取った人のパーセンテージは、6%~11%ではあった。

相手から性的暴行をもらったレビューだ。 自分自身がリクエストしないときに体をタッチされても、男の人との関係では「至極当然のこと」だと甘んじて受け入れるように陥ってしまった。

ロマンスのなかで、「事実上のコンセンサス」が発見出来たことは「ほとんどのケースまったく現れなかった」と見なされる女性も存在する。

相手の性的欲求をただの一度でも満たせなかったら、それをはっきりと満たせる第三者に彼を奪取される。

そう気にしなければならないと教育されていたのであります。

とてもじゃないが嫌なのに、彼を受けてしまうことが1回や2回ではありません。

彼が満足させられない日が2日か3日続けて起きたら、彼が縁を切りたいという印象があってしまうかもしれない?

意外なものとして、 「ノー」と言い切るのが不安であったばかりと、「何としてでも不快な感覚」になる性的行為を受け容れたこともあった。

意見の合致なんてなく、止めてくれるときも確認できれば、そうじゃないときも残存していたと言い放つ。

穴が開くほど「いやだ」と呼称して、止めるように求め、押しのけようとした。

しかしながら、抵抗の姿勢を示すと「不感症」と言われる。

まさにそれが2人の相関関係に負の要因となってを与え、「フラストレーションを生む」と責められたお悩み事も多発している。

スポンサードリンク

ゴクメンタニス(オランダ襲撃事件犯人)の顔画像や生い立ち!

まずゴクメンタニスの顔画像は公開されていて、まさしくトルコ人らしき風潮です。

生い立ちなどはトルコ出身と言うことから自国でも相次いでテロなどが発生しイスラム国などと因果関係はあるのか?

トルコ政権がイスラム国に関しては空からの攻撃を開始したことが言及される。

ISというのは、はっきり申し上げてトルコ人のIS加入者がトルコ人とクルド人の分断をターゲットにして特化したテロであるとか外国人ツーリストを想定したテロがたくさんある。

テロの拡散はトラベル業や通貨交換などに於いても巨額な悪影響を及ぼす。

トルコとの抗争はこの何年かでエスカレートしており、ISとクルド推進力の根絶やしを計算に入れたトルコ軍のプランニングも衰えを見せない。

その影響を受けてこれから先もトルコでテロに取り組むと考えられます。

これに関するテロをアライアンスを組んでどういったやり方で事前に回避することが出来るのか、トルコのテロ改善案に国際社会は期待を迎え入れています。

ゴクメンタニス(オランダ襲撃事件犯人)はトルコ人テロリストなのか!?

ゴクメンタニスがトルコ人であることは判明しているが今回の事件でテロリストとの関係はあるのか?

ほんのちょっと前から、トルコではエモーショナルなテロ事件が後を絶たない。

治安関係悪化のバックグラウンドとしては、政治的な混乱や時間を要するシリアとの対立が存在している。

ISに介入する爆破テロでは、100人オーバーがお亡くなりになっている。

それに加えて、トルコからの隔絶独立に方向転換するクルディスタン雇用者ネットワークとトルコ政府とのぶつかりもエスカレートし続ける。

政権政党、IS勢力の一種としては一体全体どのような緊張状態があるつもりなのか。

トルコ政権はパーフェクトなバックアップをしなかった。

このこと自体がクルド人の憎しみに火をつけた。

クルド人が多種多様に住むストリートディヤルバクルで、ISに関わっているバースト事件に結び付き、クルド人とトルコ政府もの間のストレスは一層高まった。

ナショナリズムにとって圧迫だと思っている一方、34%はプレッシャーとは感じることが出来ていないことも確実になった。

残るは19%の固定観念は不明確なままです。

事件の早期解明に期待したい。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク