立花淳一の今現在や嫁(妻)は佳代子?五月みどりと離婚不倫!年収がヤバい!【爆報フライデー】

「爆報フライデー」に立花淳一さんの今現在や嫁(妻)などについてピックアップしています。

立花淳一さんの今現在は何ともカラオケ講師だと言うことですが、五月みどりとの離婚や不倫関係が取りざたされています。

立花淳一さんが今現在結婚した嫁(妻)が佳代子と名乗る女性とも噂がありますが、本当なんでしょうか?

カラオケ講師の年収など立花淳一さんの気になるトピックを見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

立花淳一の今現在はカラオケ講師!?

立花淳一さんが30代の時点で今現在のご婦人とされる佳代子さんと3回目の婚礼をされてここ数年に至ります。

佳代子さんは、大阪のカラオケ店の経営者で、立花さんはそれのショップのリピーターだったというのがコンタクトを取るトリガーであったといわれているようです。

佳代子さんとの結婚をタイミングに立花淳一さんは関西にアクティビティーのフィールドを据え置いたようで、一時期吉本興行で働いていたこともありまして、演歌ミュージシャンとして営業していたとのことです。

とは言え想像した通りに売れなかったと言われているようです。

今日この頃の立花淳一さんは演歌ミュージシャンの取り組みもしながら、カラオケのインストラクターも行っており、レクチャー価格は1週間一回でひと月に5000円。

教えた子さんは60代の女性の皆様が大部分だと言えます。

立花淳一さんという特性がありますから、往々にして教えた子さんの女の人達たちを手の腹で引っくり返すように稽古されているかも知れません。

何をおいてもかなりのプレイボーイだから。

スポンサードリンク

立花淳一の嫁(妻)は五月みどりで今現在は佳代子?

20歳も年上のシンガー五月みどりと成婚。

そうは言っても、立花の何度も起きるアバンチュールが問題視されて、たかだか1年で離別。

マスメディアからはアバンチュール病とでもいうべきレーベルが貼られた。

ハンサムボーイで演歌シンガーのフィーリングは地に下降し、表ステージからカタチを消した。

五月みどりと縁を切った立花淳一は現時点でカラオケのインストラクターに転換。

五月みどりと別れて3年後、年下の一般夫人と再婚するも またアバンチュールが理由で3年で離別。

そうしてから34歳の時点で最近のご婦人佳代子さんと3回目の成婚。

ご婦人はスナックの経営をしており、世代的に自身に後がないという事から、スタートした時は自己抑制していたとささやかれているようです。

その一方で、立花淳一の押し寄せるいつわりの恋に持ちこたえられなかったということでしょうか?

離別に結び付いてるのです。

別れが確約されてから、立花淳一さんが五月みどりさんのマイホームを出るときに、移転の作業中に立花さんがよろけてしまい骨折をされたと聞いていますが、この際には五月さんが立花さんの看病をみて上げていたと噂されています。

現実的に、立花淳一さんは五月みどりさんのヒモと考えられるというプロセスが認識できると思います。

もっと言うならこのところから立花さんは世間一般から「浮気男」の付票をはられじわじわと芸能界から居なくなっていったとのことです。

五月みどりさんとゴールインしたタイミングに他の女性がいたなどと、ひど過ぎる。

スポンサードリンク

立花淳一は離婚や不倫のギネス級プレイボーイ!

五月みどりはそういった状況をこう正常化する。

歌の上手な元気なコということが最初に感じたイメージ。

サウンドがびっくりしましたと意見を言う。

つきあいに取り組んでできるだけ早く「結婚したい」と婚礼を申し込まれたのですよ。

しかしながら3回目、それに加えて20才も年下という意味は、どう考えたってリアル社会が気がかりになりました。

そうは言っても彼の御両親もうなずいてくれたし、純粋で一途な人だと考えていたこともあって、次こそって。

その一方でフタを開いてみると、ブライダル当日中に彼のレディーストラブルがリークされたり、それ以後もお家に女の人を連れ込んだり。

あ~、お手上げ状態だなって。

案の定もう結婚なんて存在しないと考えますよね。

というのも次もバイバイしたら4回目。籍も入れませんと。

ただ噂ではこのような説もある。

五月みどりが立花淳一と離婚したのは、立花淳一が一緒にお風呂に入りたがったが入ってもらえず、浮気をしたという。

これに関しては、最初から立花淳一の女がいたというのが五月みどりの主張ですが、
多分事実でしょう。当時47歳と26歳では無理も無い 。

リアルな世の中においてのアバンチュールはご家庭内のゴタゴタなど、何種類ものジレンマがもたらされかねない。

そこの部分、それとは別に、このロマンスフィーリングをネタにした文学やミュージック、ムービーなどアート作品においては名作という事例も少なくなく、我が国の歌謡界にとりましても、いっぱい存在する名曲が芽生えている。

なぜかと言えば、苦境の中でも愛情を貫こうとするポイントで、ある意味では“共感”ということも出来るのではないでしょうか。

禁斷だからこそ出現する切なさや、やるせなさ、見過ごせないことが要因で出現してくる燃えたぎるラブ、それに加えてそれを間近で感想を抱く現状にある人間の狂やジェラシーなど、広い範囲に亘る自然な心理がリアリティを持って描き出されております。

もっと言うなら、苦境であってもラブを貫こうとする事柄で、ある面では“究極”ともいえるであろう。

そんな理由から、シンパシーを感じ取る人が多いと想定されます。

立花淳一の今現在の年収はどうか!?

カラオケインストラクターとして生計を立てる立花淳一だがジャンルはボイストレーナーになるんでしょうか?

ミュージックセミナーで業務につくボイストレーナーの時給は人材公募サイトなどを利用して確認してみると1時間の賃金1500円レベルのシンガーのボイストレーナーだと言えますがプロフェショナルのシンガーのボイストレーナーともなりますと、楽曲事務所や芸能プロダクションと既に契約中のミュージシャンや声楽家や作曲家がたくさんあるとささやかれているようです。

プロ意識の高いシンガーのボイストレーニングは実習が数万円レベルになるとのことで、もしも講義が2万円でひと月に15レッスンを取り仕切るボイス指導員であるのなら360万円が収入ということになります。

うまく行ったり行かなかったりなので一定レベルを出すのは困難ですが往々にして個人経営という考え方なので個人個人で切りひらいていくことが要求されます。

ボイス指導員のメインの仕事はプロ意識の高いミュージシャンからカラオケマニアまで、いろいろな人にボイス実習を行うことが必要となります。

専門のシンガーのは当然の事声優やアナやナレーターに発音メソッドや、声区のチェンジや腹式ブレスや喉を介してのサウンドの広げ方というものを教授します。

クラシックチックな声楽家といった系のものに指揮するケースになるとファルパッケージとされる裏声の広げ方や、ビブラートと見なされるバイブレーションやハミングと見られている鼻歌を始めとしたレクチャーもトライします。

ボイス指導員の収入も当たり外れでこの何年かでよくメディアに出演する最高ランクのボイス指導員になってくれば所得1000万円オーバーを売り上げていることもできないことはありません。

その部分ではとは言えカラオケマニアに単独でボイスレッスンをするボイス指導員だと、収入が1000万円を圧倒することはほとんどないと断言します。

とは言っても専門的なオペラシンガーやクラシックミュージシャンにすえて快進撃しながらサイドビジネスとしてボイス指導員をする人もおりますので、メインの仕事と重ねあわせると所得が1000万円を越すことはゼロではないかもしれないです。

今後の活躍に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク