バーファイブ(大阪ミナミ)発砲事件の犯人顔画像やFacebook!逃走経路は?

大阪ミナミの繁華街で「バーファイブ」と言うバーで発砲事件が発生。

犯人の顔画像やフェイスブックなどのSNS、逃走経路などはどうか?

当時、店のスタッフから血を流して倒れている人間がいると警察に通報。

捜査員が現場に直行すると、2名の男が倒れているのを警官が見つけ、応急処置をとったところ発砲され今現在重体の模様だ。

警察の調べでは、犯人の特徴は30代ほどで身長はそんなに高くはなく髪の毛も短い短髪だったと言う。

この辺は大阪の中心街でもあり、よく外国人などの事件も多発する。

今回の発砲事件の犯人も外国人か日本人かは今のところ不明だが、今後の警察の捜査で事件の解明が進む。

スポンサードリンク

大阪ミナミのバーファイブで発砲事件が発生!

まずは公式の発表ではこうだ。

大阪市中央区宗右衛門町2「バーファイブ」の男性従業員から「人が倒れている」と119番があった。救急隊が駆けつけたところ、店の男性従業員が頭から血を流して倒れていた。頭部を拳銃で撃たれたとみられる。消防によると、病院に搬送されたが、意識不明の重体。ほかに腹部を撃たれたとみられる男性客もおり、意識不明の重体という。

う~む。

またこのような事件が発生か、と言うのが率直な意見。

今回の犯人の動機は単純に金目当てなのか、それとも人間関係のもつれなのかは今のところ不明だが、どちらにしても重大な事件なのは間違いない。

それにしても大阪ミナミのど真ん中で、大それたことをやったなと言う感じ。

「徒歩で逃げた」と公式では発表されているので、かなり余裕だな。

普通、走って逃げるだろ!と思うが本当に歩いて逃げたとなると相当余裕をかましている犯人だと言える。

バーファイブ発砲事件の犯人の顔画像やフェイスブックは?

まず公式の発表ではこうだ。

府警の発表では、現場には拳銃1丁が残され、犯人とみられる男が逃走中。男は30歳代ぐらいで身長は1メートル60ほど。黒の短髪で、グレーの長袖Tシャツに、長ズボン姿だったという。

う~む。

かなり小柄な犯人だと思うが、一体どんな動機なのか気になります。

今のところ犯人の顔画像やフェイスブックなどは公になっていないが、日本の警察はかなりレベルが高いので捕まるのは時間の問題だと思う。

被害が金銭的なものではので、やはり金目当てではなく人間関係のこじれの可能性が高い。

下手をすれば外国人の可能性もある。

今後の警察の捜査線上に浮かび上がるのはどんな人物なのか?

情報が入り次第、早急に追記します。

スポンサードリンク

ネット上の声は?

大阪の治安は昭和30年代に戻りつつあるね。。。。マジやばい。
夜、ミナミを歩いていて本当に変わった!一目で危ない人が増えたのが判る。
不良外国人も驚くほど増え、知り合いのキャバ嬢が言っていたけど昨年から深夜は特に危険なので会社が自宅まで見送りまでしてくれるようになったらしい。。。。

なんとか回復してほしいと思います。そうすれば事件の解明にも繋がると思いますし。それにしても凶器が拳銃だの犯行時間帯とか、被害者も加害者もこの人たち堅気?と思ってしましました。

大阪ほんとに浄化したら良いのに。警察も怪しいけど。

最近事件多いわミナミ。。
はよ捕まってー

スポンサードリンク

バーファイブ発砲事件の犯人の逃走経路は?

ミナミは道頓堀にとどまらず大阪市にまたがるゾーン内のひとくくりにした呼び方であり、都内の新宿歌舞伎町ゾーンよりもワイドな国内最も大きな繁華街だろうと感じます。

日本と海外問わずツアー客のトランスポーテーションもほとんどを占め、進出志望者が極めて多いエリアのファクターです。

メインになる場所は幾通りかベクトルが乗り合せており、もう一つ有名な梅田を根幹においたキタへもトラフィックが申し分ない、ユーザビリティの効果的な周辺ではないでしょうか。

ミナミのレベルは何パターンかの立地ユニットに区別されており、レストランの消費もひとつずつ違うはずです。

巨大な名物など、大阪のポイントが数多く集合する道頓堀周辺はユニークなリテールストアも多くオープンしている様子です。

割りかし大きい店舗がほとんどを占め、ビアホールやバーチックな業態での開設が増大してございます。

観光旅行客も多くいらっしゃるので、具体的な仕掛けをセッティングすることができるとすれば、高レベルなマーケティングへと導くことが困難ではありません。

しかしながら、ミナミの他の箇所同様、よく耳にする家賃が高レベルなため、プライスと実利のつり合いをもくろんだ開設プランを練ることが必要不可欠になります。

ファッショナブルな店など、大人気店舗が結集するスポットなので、入店層も20歳前や間近で働くビジネスマンなどがうごめくため、広範囲に及ぶ業態が割り切れる場所ではないでしょうか。

にぎやかなイメージで昼夜限定せず大勢の人のトランスポートが存在するでしょう。

その影響を受けて、アメリカ村レベルは商業地域というわけなので、メインというユーザー層を限定したり、ショッピングユーザーの動線を押さえたりしておくことが必要不可欠です。

今回の犯人もこうした背景に影響している可能性もある。

おそらく逃走経路は、現時点ですでにミナミに潜伏している可能性は極めて低いと想定します。

もうすでに、大阪を出ている可能性も十分にあります。

この辺も警察の最新情報をたてに追記していきたいと思います。

早急に捕まることを願う。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク