有吉反省会

池山隆寛の嫁(妻)は池山ゆりか!息子や娘(子供)と守備スゴい!今後は?【有吉反省会】

投稿日:

「有吉反省会」に池山隆寛さんが登場です。

 

池山隆寛さんの今現在の活動や結婚した嫁(妻)、息子、娘(子供)などを見ていきたいと思います。

 

池山隆寛さんの守備やバッティングは現役時代から天性と言われていて、今現在もコーチなどの実績があり、今後も野球界に貢献して行くことでしょう。

 

池山隆寛さんの嫁さんが池山ゆりかと言う人でもあり、元々はモデル業などをしていた人です。

 

いったいどんな人なんでしょうか?

 

今回は池山隆寛さんの今現在のメインや、家族などと今後についてピックアップしていきたいと思います。

スポンサードリンク

池山隆寛の今現在は何してるのか!?

生まれ:1965年12月17日

年齢:53歳

出身:兵庫県

身長:183cm

体重:75kg

AB型

現役退任後はコメンテーター並びに野球オブザーバーとして勤務していました。

 

師匠だという野村克也監督傘下で楽天の一軍コーチを割り振られていました。

 

その他にはスポーツのコメンテーターとして働いてキャンパスの客員教育として働いているとのことです。

 

その頃のスーパーバイザーは関根潤三さんが任命された時代よりその時々ではショートのポジションでしたプレーヤーからポジションをゲットし主力に根をおろしました。

 

池山隆寛さんはその時点から下位打線でしたが生まれながらにしての長打力で毎年ストップすることなくホームランを量産しております。

 

ヤクルトのプレーヤーでは輝かしい結果を出しています。

 

守備力にハイグレードなプレーヤーだと言われる事が推定されます。

 

しかしそんな事も時として彼に災難が降り掛かりその後は怪我との戦いで苦しい思いをさせられ長い期間組織のショートというポイントを一任されていたが衰えもあり、その後のポジションを宮本慎也に明け渡しています。

 

活躍中当時のベスト賃金は1億5000万円と公表されています。

 

この要点さえ攻守が申し分ないプレーヤーですから、今現在で査定すればおそらく3億の価値はあるんではないか?

 

一緒の球団で継続してプレーする方って相当ないと言えますでしょ。

 

それ以外だと、なお現時点でも野球とふれております。

 

野球をミクロのころから現在までやり、メインの仕事として駆使するとされているところは良いことですよね。

 

引退試合の時の彼の最後の言葉がこうだ。

 

「不思議な気分だったよ。もうユニホームを着ることがないのに、なんか開幕戦みたいなんだよね。人が集まってくれるような選手になれたことは誇りだよ」

今現在は楽天コーチからチームを退団してフリーだと思われる。

 

おそらく中継の解説や各イベントでの出演。

 

今後の活動的にも、野球に何らか貢献して行くだろう。

スポンサードリンク

池山隆寛が結婚した嫁(妻)は池山ゆりか!

現役時代の池山に関してはゆりかご婦人は旦那のフィナーレの晴れ姿をまぶたにローストして引っ付けた。

 

池山が突如として、業界から引退を語ったケースでは「そういう理由でいいんですか?」と彼女が口にしたと言うが全身全霊を注いで100パーセントの力できたのをチェックしてきましたから。

 

一番上の子も野球プレーヤーの仕事がしたいと言うようになりました。

 

寝静まった後まで考え込んでしまう旦那の見た目に気持ちの確定の固さを身を以て感じ取った。

 

池山の御両親、ゲームが終わった後の引退イベントでは地面でファミリーのメモリアル撮影をとり行った。

 

とにかくプロ野球選手の嫁として旦那を全力でサポートしてきた妻にとってはどこか寂しい気持ちになったんだろう。

 

しかしながら、いつかはこのような日がくるんですから、そこは割り切って旦那の行動を見守ったのかもしれない。

 

引退試合でのスピーチはこうだ。

 

えー、2002年10月17日、応援してくれた皆さんとお別れする日が来ました。
今日は池山隆寛の現役最後のユニフォーム姿、こんなにたくさんの人、
最後まで見ていただき、心からお礼申し上げます。
昭和58年入団以来、今日まで19年間、ファンの皆さんに暖かく・・・
こんなに幸せな男はいません。応援してくれた皆さん、感謝の言葉で・・・
どうやって説明していいか分りません、本当にありがとうございました。
カープの皆さん、最後まで残っていただきありがとうございます。
ライトスタンドの、応援団長・・・岡田のオヤジー、ありがとう!
今日までたくさんの選手と出会い、戦い、たくさんの思い出ができました。
ここまで私を育ててくれた神宮球場、ありがとう。そして今日までの野球人生・・支えてくれた妻ゆりか、颯人、拳聖、愛莉、本当にありがとう。
私の、子供の頃から夢だったプロ野球の選手、野球をこんな素晴らしいものにしてくれた父池山義男(よしお)、母池山広子(ひろこ)、私の夢、ありがとう。これから第二の人生のバッターボックスに入りますが、これからも応援してやって下さい。必ず皆さんの前に戻って来ます。こんな私を19年間、本当にありがとうございました。

池山隆寛の息子や娘はいかに?

池山隆寛さんは長男と次男、長女の5人ファミリーです。

 

みなさんが現在では普通の人として暮らしてらっしゃるようで、生まれた年月日はわかりませんが、データでは息子8歳、息子6歳、娘と公開されていたのであります。

 

ただひとつ生まれた年月日が判明するのが父親となっているのです。

 

ネーミングは颯人さんではないでしょうか。

 

息子と同じく野球の経験があるとのことです。

 

池山隆寛さんの一番上の子の颯斗はキャンパスまで野球に挑戦していたとのことですが、プロフェショナルには至らなかったとささやかれているようです。

 

それに加えて、ネットサーフィンしていると池山隆寛さんの次男や長女の調子が悪くていらっしゃると現れて来るのですが、実際的なデータベースは出て来ません。

 

あまり考えられませんが、ひどい状態になっていたのであればまだ若い時である可能性もあります。

 

インフォメーションが限定されるので判別できませんが、長く団結して人生を生きているので親睦の深いファミリーではないでしょうか。

スポンサードリンク

池山隆寛の守備や打撃(バッティング)はエグかった!

ヤクルト一筋で、メイン打者と位置付けて大ブレークした。

 

三振を気にすることなく、いかなる時もフルスイングするスタイルからこびりついたニックネームは「ブンブン丸」でございます。

 

ディフェンス力がプライオリティーとされるショートを順守して、当たればホームランの外国人波のパワーが備わったプレーヤーだった。

 

乗り越えた強打者でありながらいらっしゃったそのセンスはなんと言うかヤクルトを音頭取りしたメインプレーヤーと見なされて、依然としてねばり強いマニアがたくさんある池山隆寛。

 

1983年のドラフトミーティングでヤクルトの2位のノミネートに対してつわもで鳴り物入りした。

 

ハイレベルな持久力とがっしりしたバネを活用したショートのディフェンス力でも絶大な支持をゲットしています。

 

ほんとうはドラフト推挙されたのは、守備面が高評価されたこともチャームポイントの一つで、ディフェンス範囲がハイレベルに広い上に強肩で、打球に至るまでのレスポンスも見事で、活動的な防御で愛好家をアピールしたわけです。

 

ディフェンス範囲が広い中で、ミスはほとんどないとでもいうべきミラクルなディフェンスを躍進しています

 

間違いなくメンターの野村克也は、池山隆寛は、行き当たりばったりに高レベルなスキルだけでプレーしていると噂される固定観念を保持していたではないかと考えます。

 

そのタイミングでスーパーバイザーとして働いた際に、ブンブン丸と呼ばれて大きい顔をしてプレーをするんじゃないとフルスイングを牽制するよう言い聞かせたと是正しているのです。

 

その一方でそうかと思えば、ディフェンス限定で億プレイヤーになることができるだと、守り面でリスペクトしていたとか。

 

単純に言えば、野村克也のハードルが高いレクチャーは、池山隆寛のへの気に掛けられる裏返しではなかったかと思うんだよとイメージできます。

 

品格的に古い皮を脱ぎ捨てていなくてはならないと見なされる感情の高ぶりがあるが故に、考慮してハッキリと接触したという部分があります。

 

今後の活躍に期待です。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-有吉反省会
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.