アスリート

信澤綾乃(オートレーサー)の経歴や中学高校!年収や母親は?【ソノサキ】

投稿日:

「ソノサキ」にオートレーサーの信沢綾乃(のぶさわあやの)さんが登場です。

 

信沢綾乃さんは今現在オートレーサーとして活躍されていますが、経歴WIKIプロフィールや中学高校と母親などをピックアップしていきたいと思います。

 

信沢綾乃さんのオートレーサーとしての年収などはどの程度なんでしょうか?

 

まだオートレーサーとしての訓練生と言うことで、今後の彼女の将来や活躍できるかなどを掘り下げていきたいと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク

信沢綾乃の経歴WIKIプロフィール

ネーミング:信澤綾乃(のぶさわあやの)

年齢:20歳

出身:群馬

生まれ:平成10年7月20日

彼女はオートレーサーとして日々訓練に励んでいます。

 

将来女性オートレーサーとして活躍して、そのギャラで親孝行したいと願っていますから、かなり親思いの女の子でもあるんだと思います。

 

そんな彼女も毎日の厳しい訓練に耐えながら、プロフェッショナルなレーサーとして日々学び、テクニックの習得に励んでいます。

 

そもそもオートレースとは国内全土5ヵ所の競争場で行なわれている民間の賭け事でございます。

 

昨年度にわたっては国内6ヶ所で催されていたとのことですが、本場の船橋オートが65年間のキャリアにステージのカーテンを閉じ撤廃となったのです。

 

そういう訳で船橋オートで就業していたレーサーは飯塚を除く4つの競争場に移籍して役目を果たしています。

 

オートレーサーになるには基本的な法則2年に1回活用をされるプレーヤー養成所入所試験でOKが出ないといけません。

 

このトライヤルは一昔前までは年齢ファクターが上限であり許容限度が見つけられたが、ここ最近はその法則は解除をされ、ミニマムの方もひとつ前の16歳以上にスウィッチをされています。

 

それに加えて現在まではテストを受ける権利は男の人だけを活用してたが近年は性別の許容限度は解除を構築してあります。

 

レーサーになるには以前にもまとめましたが選手養成所入所試験の規定で通過しないとダメですが、このチャレンジはずいぶん競争率が高水準です。

 

過去に開催されたチャレンジが一番この何年かでおこなわれたトライアルですが、インフォメーションの発表では、エントリーする人数が436人に関しオッズは20倍をオーバーする困難で、合格者はほんの少しで20人だったのです。

 

こういった20人の一定レベルクラスは女子の合格者は7人と規定されています。

 

強烈な寮生活に馴染めているだろうか?

 

そんな訓練施設の1日のスケジュールは、

起   床    6:15

点   呼    6:30

国旗掲揚     6:35

教練・体操    6:40~  7:20

朝   食    7:45

掃   除    8:15~  8:30

訓   練    9:00~11:50

昼   食    12:00

訓   練    13:00~17:00

夕   食    18:00

入   浴    18:15~18:45(前班入浴)

18:45~19:15(後班入浴)

自   習    19:30~20:15

掃   除    20:30~20:45

点   呼    21:00

消   灯    22:00

 

マジか?

 

かなり厳しいと言うか、刑務所なみだな・・・

スポンサードリンク

信沢綾乃の母親は?

彼女は母親や家族のためにこんなことを語っています。

「プロのオートレーサーとなり、賞金を獲得して、母親に恩返しをする」

素晴らしいですね。

 

母親のためにここまで自分の人生をレーサーとして決断した彼女の育成には、やはり母親の教育がしっかりしていたからではないか?

 

この夢の実現のために、今現在訓練施設で約9ヶ月にも及ぶ地獄の特訓を展開している。

 

チンケな人間では、とてもではないが3日も持たないような過酷な訓練が待っている。

 

そんな並大抵なレベルではない環境に身をおいてはや9ヶ月。

 

とにかくがんばってほしい限りだ。

スポンサードリンク

信沢綾乃(オートレーサー)の年収はどうか!?

オートレーサーの平均サラリーは約1400万円。

オートレーサーは競争での賞金がメインの収益の中心となると考えられます。

 

ミニマムの一般レースの1着で約8万円、最も賞金のハイレベルで1500万~3200万もの賞金が獲得できます。

 

1年間で獲得賞金プライスはトップランクで1億円オーバー、下位クラスのプレーヤーでも数百万円。

 

バイクのチャージは自ら負担 リターンだけにフォーカスすればまあまあのハイリターンというわけですが、器具のプライスはプレーヤーの持ち出しであるから、賞金オールマイティーにがピュアな給与となるということではありません。

 

器具1台に100万円以上、タイヤ一本数千円、フォーク約10万円~、など、いずれのコンポーネントも高い価格帯のものだらけ。

 

トップレーサーなケースは、マシーンに対する拘りを持ち活発化し、1台に500万円オーバーをトレードする人もいると噂されています。

 

それとは逆に、ポイントの小さいプレーヤーとしてはオートレースというだけじゃパーフェクトな見返りが見受けられないため、サイドビジネスをしながらオートレーサーとして結果を出しているユーザーもいる様子です。

 

ナンバーワンプレーヤーには何種類もの資金が集まり、そうじゃないものには過酷なリアル社会が控えているのはどのプロムーブメントにも言うことができることだけれど、オートレーサーのワールドも該当するとのことです。

 

個人事業者として、タックスをストックするのと、レースにハンドリングするバイクの修理、タイヤ費用、セルフメンテナンスなどはどれもこれも自己負担となってしまうため、ベスト選手なケースは、年間1,000万円オーバーのお金を掛けることだって想定されると言われています。

 

これらは、競馬のジョッキー養成所とうりふたつです。

 

養成所では、バイククリーニング、ハンドリング訓練、常日頃の言動、メンタリティ修養からスタート、スタミナ、サムライの武術などのレッスン時に、学科が実施されて、合計金額100万円ほどをプレーヤーが負担することになります。

 

養成所スパンは9ヶ月を習得し、プレーヤーライセンス検定にパスしてオートレーサーとなると思います。

 

公営の競技にあたっては、プレーヤーライフが割りかし長いのが、オートレースのプレーヤーだろうと感じます。

 

そうは言っても、ほんのちょっと前から、往年2年間のコンペティション得点、一口に言うとポイントがグングン悪どいプレーヤーは、登録抹消するターンオーバープロセスを採用していますので、これでもかというほどレースに参加し続けるのは、それほど簡単には疑問点が存在しています。

 

アクシデントによる殉職、落車トラブルによる後遺症が主因となって、競技暮らしを終了するといった場合も多いと思います。

信沢綾乃の出身中学や高校はどこ?

推奨ですが彼女の出身高校は群馬県のフレックス高校ではないか?

中学校までは特定できていませんが、おそらく群馬県出身なので近辺だろうと思います。

 

フレックス高校のポリシーは、「フレックス」とは、イングリッシュの「フレキシブル」に発祥しています。

 

キーワードにしたがって「フレキシブルで」「柔らかな」という観点から、学習者一人ひとりのパーソナリティーに寄り添い、ひとりひとりのマスターしようとする気持ちを敬意を払うという講習理念を考慮しているに違いありません。

 

その為にも本校では個人用の興味関心やルート目標にマッチングして、体得のベクトルを作成できるのです。

 

トレーニングしたいプログラムをセレクト、該当者のための「タイミング割」を作り上げて、オリジナルなスクールライフをデザイン見受けられるのです。

 

学習するのは「自己」でございます。 通うのは「自己」ではないでしょうか。

 

あるいは、それを決定づけるのも「自己」という側面を持っています。

 

しかしながら「決める」という意味は、「ファクター」がなくてはなりません。

 

意を決するためのプロフェショナルなマテリアルは「現実の上で見分ける」「現実の上で尋ねる」「具体的にトライする」ことが必要です。

 

割り当てられたペースでプラス思考で自分のものにしたい人、ビジネスと教育を双方実現させたい人、お家にいながら会得したい人など、広範囲に亘るニーズに合わすことができるのがこの高校となっています。

 

彼女もここで学び、オートレーサーとしての進路の決断をしたんだと思います。

 

今後の彼女の成功を祈る!

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-アスリート
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.