第2次世界大戦で恋愛!トーマスとジョイスデュラントの今現在や再会と馴れ初め!【アンビリバボー】

「アンビリバボー」に第2次世界大戦中に恋に落ちたトーマスとジョイスデュラントの今現在や再会した軌跡とトーマスとジョイスデュラントの馴れ初めなどについて見ていきたいと思います。

第2次世界大戦の中で、アメリカの軍人とイギリス人女性が互いに恋愛したストーリーでもあり、今現在70年ぶりにその真相が明かされると言うことです。

そんな主人公である、トーマスとジョイスデュラントとは一体どのようにして再会しそして馴れ初めはどのようなものだったのか?

見ていきたいと思います。

スポンサードリンク

第2次世界大戦の真っ只中トーマスとジョイスデュラントの馴れ初めや恋愛

今現在から遠い昔、第二次世界大戦中、英国人女子のジョイスデュラントさんは、米軍隊に就業している青年、トーマスさんと偶然会いました。

ぱっと見でロマンスに落ちたカップルでしたが、争い事が2人を情け容赦なくも引き離することになります。

その時から時は過ぎ行き、ジョイスさんは他国と異動し今現在では、御主人さんも小さい子も設けほのぼのとした生活を送っていたとのことです。

ある時ジョイスさんはパーソナルコンピューターをアジャストしにきた子供さんにお聞きしました。

そのことは、コンピュータ端末でユーザーを見出すことができるのかといったケース。

それと引き換えに感情の高ぶりがゆるぎなかったのだと感じますがそれだけ彼女は彼にまた一目見たいと待ち焦がれたと断言します。

話は一旦飛ぶが昔は 支配下の日本国内になだれ込んできた米兵とロマンスで落ちた日本人女性の人たちは、「軍事花嫁」と呼称される。

そのほとんどが家庭を捨てさり、外国語も解明されていないアメリカ合衆国に渡った。

それに見合った一因として考えられるのはどういう状況になったのか。

それから、オリジナリティの紛失と苦闘を行いつつ戦争の後を生きたままの女性の方々たちは、どんなことを思い描いていたか。

妻たちは自分たちの国を支配した世帯主たちと嫁入りし、アメリカ合衆国へと移動し住んだ。

そのようにして、そこからどういう状況になったのか。

アメリカの中へと位置付けを消し去ってしまったのだ。

何万人もいた女性の人たちは、世間のもくろみから見受けられなくなった。

お百姓さんや雇用される側、リテールショップをメインとして嫁いだ日本人女性の方々たちは、アメリカ移民の創業以来の何てことの無い項目の1つに陥ってしまったのだ。

女房たちは、我々日本人での独創性を捨去って、ピクリともアメリカ人になろうがした。

いいえ、それを課せられたと表現できるだろうと思います。

スポンサードリンク

トーマスとジョイスデュラントの馴れ初めや今現在はどのようにして?

双方ともにとってこれまでなかったロマンス。

そうは言っても、コンタクトから5か月後、この日心に決めたタイミングになっても彼は彼女の前には見受けられなかった。

何を隠そう急遽、軍隊からのコマンドで英国を去ることとなったため、彼女に一報を入れることができなかった。

しばらく経って、彼女のところに彼から1通のレターがとどく。

第2次世界大戦後、帰国司令が下り、アメリカ合衆国本国へ帰還していたのだ。

そうしてからレターでのコミュニケーションが誕生した。

彼はやりとりを重なるようにするうちに1対1のバイタリティが変わってないことを確証。その後ためらいなくプロポーズをリクエスト。

されど、二~三週間後、彼女からのレスポンスは「あなたのリクエストには受けることができません」

彼はどの程度思い描いたところでなぜ彼女が拒んだのかわからなかった。

完結したかとイメージされた彼の初恋。 母親の念願を聞きいれたトーマスさん。

熟知しているデータベースを、ネットを経由してリサーチにかけてみることにしました。

しておくとビックリすると思いますが、トーマスさんと考えられるユーザーに関係したレポートが一撃したと断言します。

一も二もなくそのレポートを書き下ろしたエッセイストにコミュニケーションをとった。

それから、コラムニストからトーマスさんへとメッセージがいくこととなってくれた。

コラムニストからコンタクトを下さったトーマスさんは、ジョナスさんのネーミングに沿ってふっと冗談でしょ?

と小声で言ったと噂されています。

ジョナスさんがトーマスさんの内容を永年感情休まずいたように、トーマスさんもふたたび心の指針のいつかどこかでジョナスさんの事をビジョン続けていたため。

こういう風にして2人は驚いてしまいますが70年ぶりにムービーコンタクトをひっくるめてコミュニケーションをとれる用事ができたといえるのです。

このミラクルのようなラブダイアログにオンラインユーザーも重要視。

70年の歳月を経て再会した元カップルの物語に、いろんな国のウェブサイトユーザーも高評価。

2人の再会に救いの手を差し伸べようと、7,000ドルものカンパが集中しました。

それに加えて、ニュージーランドエアーが、トーマスさんのくらしているニュージーランドからジョイスさんの居住しているオーストラリアまでの航空券を負担なく授与するという上品な工作に掛けて。

こういう風にしてトーマスさんとジョイスさんは、大多数のバックアップを取り入れ70年の歳月を経て再会する様になっていました。

あり得ないことかもしれませんが、トーマスさんのレポートがウェブ上に経過していなかったら。

あまり考えられませんがジョイスさんがあのタイミング、子供さんさんに聴き取りを行っていなかったら。

そのようにして何を差し置いても、おのおののことを何日にも及んで強く感情の高ぶりがなかったら。

このようなアンビリーバブルと同じ様なラブシナリオは誕生しなかったことではないでしょうか。

こんな感じのドラマにそっくりのドラマティックなダイアログが実際的に実現することが可能とは、思い掛けず激しくきてしまったのです。

スポンサードリンク

そもそもなぜ第2次世界大戦が起こったのか?

1783年に、英国の植民地から自立を果たしたアメリカは、そのタイミングの英国やロシアと照らし合わせると、ちょっとばかり小さいスケールの新勢力でした。

きっかり日本が日露戦争で勝利したのと合わせて、アメリカ合衆国はスペインとの軍事に勝利し、他国を侵略し、それ以外に推進力をきっかけとしてハワイといった太平洋沖の島々を侵略した換算でようやくのこと異なる西洋の受け入れる「大国」となっていました。

言ってみれば、他の列強に肩を組み合わせて「超大国」のジョインを挙げたピークは、米国も日本もそれほどまでに代わらなかったということなのです。

そういった背景から、日露戦争に勝利した日本を、米国は極限まで耳を傾け、ケアしたんです。

そう言った日本の国内全土の原因とは丸っ切り規定されることなく、アメリカは何でもかんでも日本に関しては考えられない行動の仕方を取りはじめるのです。

日本に景気制裁してみたりとかするなど、それ相応の友好関係も丸っ切り充分でなかったのと一緒な行動の仕方に出て日本の孤立化を図ります。

日本が明治維新の後、ロシアのプレッシャーを掛けられていたときは、日米繋がりはずいぶん素晴らしいものになりましたが、どんなことがあろうとも、そういう風な日露合戦過去の友好関連は、米国にとりましては東アジアにおいての利権競争に役立つ、一般的な個人的な事にすぎなかったというのが本音です。

こういった米軍一団を国を上げたイベントフィーリングをむりやりカムフラージュしてあたたかく迎えることで、ヤバイ状況をやり過ごしたのでした。

こういったアメリカ風の誠実な威迫活動を受け、日本でも米国とのコンペティションは拒絶できないものとするイメージが芽生えはじめるのです。

その他には、アメリカやヨーロッパの手応えからも、民族が違う所のハードルや、反日情緒の昂進してを激しく感じはじめました。

このような事柄、第2次大戦が勃発したと言われている。

とにかく今回の2人の恋愛はスゴイとしか言いようがない。

今後もまた感動的なストーリーがあればいいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク