アスリート

ダニエル(元甲府)の死因はガン!?嫁(妻)や家族と指導者だった!

投稿日:

元甲府・名古屋・大分でプレーしたダニエル(ダニエル・シルバ・ドス・サントス)が死去した。

 

ダニエルの死因はガンと言う噂がありますが、一体何がんなんでしょうか?

 

ダニエルにかかわらず、アスリートやスポーツ選手に多いのが大腸がんと言われている。

 

ダニエルもこの大腸がんに侵されていたんでしょうか?

 

今のところダニエルの死因はがんと言うことだけなので、深く見ていきたいと思います。

 

では早速。

スポンサードリンク

元甲府ダニエルががんで死去

まず公開されている情報はこうです。

 

甲府は「訃報のお知らせ」のタイトルで「2009年から2011年まで、弊クラブに所属しておりました、ダニエル氏(本名:Daniel Silva dos Santos)が、お亡くなりになりました。謹んでお悔やみ申し上げます。偉大なるディフェンダー ダニエルの勇姿を私たちは忘れません」と記した。

なんと言うことだ。

 

あまりにも早すぎる死に言葉が見つからない。

 

生年月日(年齢) 1982年5月30日(36歳)
出身地 ブラジル
身長 186cm
体重 79kg

情報によれば、2月10日の朝に亡くなり、それまでは闘病生活を強いられていたんだと思います。

 

おそらく、救命病棟でガンと必死で戦っていたと思いますが、あまりにも36歳では早すぎる死ではないか。

 

オンライン上の声は、

ダニエルの死因は何ガンなのか?

トップスポーツ選手をみていると、ビッグイベント前などに見るに耐えないネゴシエーションを引き続いて、感冒を引いたり、それに加えて帯状疱疹が持ち上がったりするということがあるのではないかと思います。

帯状疱疹は感染防御力が希薄になると現れてくるスキンの疾病で、昔感染した水ぼうそうが感染防御力のマイナスにつけ込んでまたしても注力することが帯状疱疹に巻き込まれると言えます。

 

わかりやすく説明すると、ワークアウトのしすぎは害にもなるというのが本当です。

 

つまりはシンプルにスポーツ選手と言いましても、とりどりのムーブメントがあって、それに加えて体調と退任後ではライフスタイルも違う物になって、更に直腸がんの生起には他のコンポーネントもあれこれと顧慮されます。

 

それだから帰着点は出ないというのが本当です。

 

我々日本人に多いがんは、

 

肺がん、乳がん、食道がん、胃がん、大腸がん、医療で陥ってしまう患者の頭数が、一年間に10万人くらい15人オーバーのがんを「日本人に多いがん」と見なされてアップしています。

 

みなさんのスタイルは、数え切れないほどの細胞から作成できている様子です。

 

1個の受精卵から細胞がダウンを重なるようにする結果にスタート、ひとつのライフとして上から下までのハーモニーを持続しながら、カラダを構成しているバラエティーに富んだメカニズム、広い範囲に亘るリアクションで存在感を発揮する器官が出来上がっていくのです。

 

ひとりひとりの細胞には解離や分化、増加に影響を与えている遺伝子が伴い、生き物の形でのヒトがデカくなったり、いのちをキープすることから欠かすことができないレジメがブレンドされています。

 

健やかな細胞は、カラダやまわりのの様子にバックアップしてふえたり、ふえることをやめたりしようと思います。

 

すると同時に、ふえた細胞がドロップアウトするということがあるのではないかと思います。

 

一つの例として、胎児のある状況に、いったん指のうちに水かきのようなコンポーネントがもたらされますが、ちょっとく経つとドロップアウトいたします。

 

お肌や腸管の細胞は、一昔前の外層の細胞からリタイアして、しみ込むようにニューエイジ細胞にチェンジするようにキープされております。

 

この一つの連続したメカニズムは、遺伝子がベースになってコントロールされております。

 

細胞がふえたり、ふえるのをやめたり、成熟して分化する、リタイアすると言う所のメカニズムは、遺伝子が一変することを利用して取り計らいできなくなります。

 

その点から、思いもよらない細胞がふえつづけたり、ドロップアウトしなくなったりするのです。

 

組み合わせのメカニックスの疾患からがんが発症するまで我らがカラダの中には、これほどまでの移動した遺伝子をガードするシステムがあって、遺伝子をリペアしたり、思いもよらない細胞がふえることを穏やかにしたり、除去したりして、健康によい現実を保ちます。

 

その一方で、思いも寄らない細胞がこういったメンテナンスの網の目を通り過ぎてしまうことがあるのです。

 

制限なしでふえる、違っているスポットに転移するなどの形をゲットしてしまった細胞が何年にも亘り数をふやし、体に害を授与するアイコンをつくり出します。

 

これこそががんという側面を持っています。

 

こういったように、ガンの出現の仕組みは、いのちの起源と成育、維持に役に立つメカニックスとぎっしり関連し合っております。

 

その影響で、禁煙や中間的なアクション、野菜をとることを狙って行ってみる、などで「がんになりにくいことを目標にする」日々を過ごすことは一定レベル以上可能だとしても、「がんにならないことを目標にする」ことなど不可能です。

 

それと引き換えに、がんの出現のメカニクスやがんの資質を明らかにすることで、今回についてはそれとは反対にその仕掛けに据えて、より素晴らしい施術を行うことが可能なことになります。

スポンサードリンク

ダニエルの嫁(妻)や家族(子供)はどうか!?

日本に居た時には、家族で過ごされていたと思いますが、ブラジルに帰国してからも指導者としてサッカーを教えていたと言うことですから、どこかのクラブチームのコーチや監督でもしていたんでしょうか?

 

たどすると、当然ブラジルでは家族とともに過ごされていたんだと思います。

 

そんな中でダニエルの嫁さんや子供たちはどんな人なんでしょうか?

 

オンライン上では全くと言っていいほど情報が存在していません。

 

おそらくブラジルでは有名な人なんでしょうが、日本でのダニエルに関してのインフォメーションはサッカーのことだけしかないので、今のところは謎ですね。

 

ただ今回亡くなったと言うことで、最後の最後まで彼に尽くした家族だったのは間違いありません。

 

ご冥福をお祈りします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク

こちらのコンテンツもオモシロイよ!

-アスリート
-

Copyright© , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.