井上昴稀と菅野義秀(アビスグループ)の女や今現在!リーダーは誰?

アビスグループのメンバー井上昴稀と菅野義秀が逮捕された。

アビスグループとは「半グレ」とも呼ばれているグループでもあり、今回その中のメンバーでもある井上昴稀と菅野義秀がしでかした。

アビスグループの女共や、アビスグループのリーダーなどの今現在の実態や真相などを見ていきたいと思います。

では早速。

スポンサードリンク

そもそも半グレ集団アビスグループとはなんぞや?

この組織は若い年齢から言うと、10代から35歳ほどまでの人間が関西を拠点とし一番のメインストリートでもある大阪でも数箇所のバーなどを展開してはそこで、多額の金額を客から巻き上げると考えられるものを何度も何度も重ねていたグループだ。

今までの実績でも負債者数250人以上で、マイナスの負債額は2000万円以上と考えられる。

悪質な事件ではありますが、今現在でも組織は小さくなりつつ活動していると行き来する。

2~3人の関係者に接触し、その裏側を把握するというプロセスが理解できたが、曰く 「ここ数年のアビスグループや半グレ集団などの活動はいっときとくらべると減ってきてはいるが、それでも小規模の人間が未だに大阪を拠点とし活動や実行できている状態でした。目下狙われている客もいると言うケースではないでしょうか。

大阪の繁華街は高級感あふれるバーやキャバクラ、干すとクラブが評価される街だ。

これらに於いて逮捕された事件で、2~3人のアビスグループのメンバーがその資金源を裏に流してくれていることこそが理解できている。

まあ、結局のところヤクザの資金源になっていると言うことでしょう。

手持ち資金になっていたパーセンテージが存在するとみて見定める。

スポンサードリンク

井上昴稀と菅野義秀はどんなアビスグループメンバーなのか!?

まずはこうだ。

傷害や暴行など疑いで逮捕されたのは、半グレ集団「アビスグループ」の井上昴稀容疑者(20)と菅野義秀容疑者(23)ら幹部の3人です。井上容疑者は去年6月、大阪・中央区の路上でグループが経営するガールズバーの料金をめぐって客3人とトラブルになり、顔を殴るなどして重軽傷を負わせ、菅野容疑者らは去年8月、対立グループのバーを襲撃した疑いです。警察が3人の行方を追っていたところ、おととい午後、警察に出頭。菅野容疑者らは「リーダーの指示で店を襲撃した」

まあ、普通の一般人ではないことは確かでもあり、タチが悪いと言ってしまえばそれまでだが、若気の至りと言うか、まともな人生を歩んできていないことだけは確かでしょう。

逮捕されるのは、もちろんよろしくないことではあるが、まだ年齢的にも若いしちゃんと公正して残りの人生を歩んでほしい。

さて、この2人の関係性やどんな人物なのか?と言うことですが、もちろんアビスグループのメンバーと言うことでもあり、普段からの活動や行動はグループ全体が行っているいわば「ボッタクリ」などの店をサポートしていた役だと思う。

また別にグループのリーダーは存在しているので、今回の事件もリーダーの指示に従って行ったと供述している。

従って、部下の立場でもあるゆえ、しょうが無しにやった可能性が高い。

スポンサードリンク

アビスグループのリーダーとはだれ?

2~3人のアビスグループの役員が受け取ったと考えられている報酬が以上なほど高いので、グループでは、今現在20店舗近く経営してルーティンワークを合致したと考えられている。

すべての店舗の利益を見てみると6000万円近い売上を誇っていたと考えてよい。

今現在では組織といったメカニズムに属せず、金という理由で法律のぎりぎりの枠を相くぐりながら稼ぐ軍団とも言える。

しかしながら役員の命令に背けば、半殺しに合うと考えられる。

このことから、組立ては暴力団とたいして変わりがないのと同じく実感する。

しかしながら、正式なヤクザの仕組みではないのでルール標的から外れるという理由でヤクザよりは自由な動きが可能と言っても良い。

目下で暴力団へのスキームは徹底的になったという理由で、それと同じ様な今回の軍団で活用することで収入を得る方法が誕生した可能性が高い。

「半グレ」集団は街に関しても威勢を張っていたようで、ケアした男性を集団で暴行するといった状態も合致している。

アビスグループの女共は客引きの手引き役?

その他にはアビスグループの影にはやはりバックに相当するという考え方が明確になっている。

ただ昔と比べると動きづらい中で、それとは逆に賢く稼ぐと言えるものを実施していたと考えられる。

捜査当局が動き出したのもそうした行動が行き過ぎて目に余ったという理由でとされ、これに左右されてグループは変わり映えのない頭脳で稼ぐ軍団なのだという。

同時に正式には暴力団ではないので、際どい路線もチャレンジできだけども、ヤクザの本場山口組からの絶縁されており、ここ数年は結果的になのだという。

捜査当局もアグレッシブに取締りを強化している。

「飲み放題で1時間3000円です」  多方面にわたる若い年代や外国人らが行き来する大阪南。

そんなアビスグループの女らが「1杯もらっていいですか」と報酬を稼ぎ、そんな事はお構いなしに手厚く振舞う。

しかしながら客は全くボッタクリとは熟知していない。

そんなこんなで請求額は65万円。

客はそんな大金払えないと拒否すると、車に乗せられ監禁や暴行の嵐だと言う。

変わったところでは100万円相当の請求を出されたり、家族に保証人になるように脅したシーンも合致したと考えられている。

言わば、アビスグループの女共はおとり役とされるんではないか?

今後も注意が必要です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事は下を見よう!

スポンサードリンク